人気ブログランキング |

タグ:沖縄 ( 23 ) タグの人気記事

 

奇跡のド晴れ!@竹富島

まずは業務連絡。

8月30日(日)は昼の部のみの営業とさせていただきます。

して本題。

きょう、ともに旅をした仲間から画像が届いたのでそちらから…


見よ!この日ごろの行いの成果をおおおおおお!



青すぎます!(笑)
「オレにとっちゃ、少尉はまぶしすぎるんだ。世界が違うんだな」
奇跡のド晴れ!@竹富島_f0060530_2345497.jpg


チャリンコ移動!
♪白いサンゴの一本道は~♪
奇跡のド晴れ!@竹富島_f0060530_23462718.jpg


青空、赤瓦、シーサー。
お約束といえばそうだが、まさに三位一体。
まるでジェットストリームアタックのようです。
奇跡のド晴れ!@竹富島_f0060530_2349999.jpg


次回は竹富での食事風景。

by soba-kiri | 2009-08-26 23:49 | たまにはこんな感じで  

「やまもと」で石垣牛を喰う!

久々の「思い出しヨダレ」がでる食体験でした。

ヒツジ人間の私にとって牛肉はすでに御馳走としての価値を失っていたのだが

ここは違う…ううっ!またヨダレがぁ~!

定石とおり上カルビから攻めてみる。いいサシだ。(←生意気だ)
旨い!だが、ヒツジや短角牛ほどの衝撃ではない。
まあね、値段も高いから心のハードルが高いのですよ。
「やまもと」で石垣牛を喰う!_f0060530_22385340.jpg


とぉ~ころがっ!!「並カルビ」で私の肉食脳に電流が走った!
肉がとろけるようにやわらかいことに意味はあるのか?
肉喰い人が欲するのは「肉を喰った~!!」という実感ではないのか?
肉食脳が激しくお代わりを要求するのをぐっとこらえて突き進む!
「やまもと」で石垣牛を喰う!_f0060530_22421485.jpg


「ニコタン」
タンを煮込んだから「ニコタン」(笑)
お馬鹿ネーミングのようだが絶品だ!2皿お代わりした!
煮込み人として断言するがこの食感を出すのは相当なテクニックが必要だ。
さっくりとした噛み応えを残し、かつ味わい深い。香辛料と肉の香りの融合が深いよ~!!
「やまもと」で石垣牛を喰う!_f0060530_22542092.jpg


「内臓」
石垣牛が何故うまいのか?それは内臓が良いからなのです!
仔牛のころに青草を十分に食い込ませて内臓を鍛える。
ハードな肥育でもへこたれない内臓を持つ牛が優秀な肉牛たり得る。
酒母を鍛えて長いもろみ日数でもへこたれない酵母を育てるのと一緒やね。
・レバー この世から全てのスウィーツが消失してもこれさえあれば平気♪
・ミノ この世から全てのしこしこ系刺身がなくなってもこれがあれば平気♪
そのほかのホルモンも「つか禁止薬物か?」です。
脳内麻薬がズンズンドッコズンズンドッコと放出されていくぜ!
「やまもと」で石垣牛を喰う!_f0060530_22591336.jpg

わはははははははははははは!燃えろ!燃えろおおおおおお!!
「やまもと」で石垣牛を喰う!_f0060530_23104479.jpg


タン三種「タン塩」「味噌タン」「ねぎ塩タン」
このあたりは数回のお代わりのあとのデザート的「タン」だ。
私はミノをお代わりしてひそかに焼き続けたのは言うまでもない。
「やまもと」で石垣牛を喰う!_f0060530_23114485.jpg


「やまもと」で石垣牛を喰う!_f0060530_23144082.jpg


こんな素晴らしい肉体験をさせてくれる店「やまもと」おすすめです。
1ヶ月前の予約でもぎりぎりでした。入り口では次々と観光客が残念そうに引き返していた。

「やまもと」
沖縄県石垣市美崎町11-5
tel.0980-83-5641

(17時開店だけど、すぐにいろいろなくなる。
 わたしゃハラミにありつけなかったさ!リベンジ必至なり)

by soba-kiri | 2009-08-22 23:19 | たまにはこんな感じで  

すごいぞ!八重商郷土芸能部!

まずは業務連絡…ん?違う?

本日になっちゃうけど、お近くの方は是非観にいってください!(つか沖縄だけどね)
沖縄県立八重山商工高校郷土芸能部
「沖縄国立劇場 単独公演」
〜果報ぬ世ば給ぅられ〜

すごいぞ!八重商郷土芸能部!_f0060530_0341596.jpg

日程 8月22日(土)
会場 国立劇場おきなわ
当日券 2500円(安い!!)

さて本題

・石垣空港に着陸したのが16時05分。
・荷物を受け取ってレンタカー屋さんと合流したのが16時15分くらい。
事務所に送られる途中に学校らしき建物。
「これってなんていう学校ですか?」
「八重商ですね~」
「うおおおおおおおお!近いじゃん!!!!」
レンタカー屋さんからもめちゃくちゃ近く。
・事務的な説明もそこそこにレッツゴー!to八重商!!

うーん意味不明だ(笑)


だって公開リハーサルなんだもん!一度も公演なんか観たこと無いのに
TVで一瞬だけ観た映像で大ファンになってしまった「八重山商工郷芸部」!
なんのことかわからん人は公式ブログを観るべし。

高校なんて入ったことありますか?私は20年ぶりくらいに“高校”に入った(クルマで…)。

でもって、三線と太鼓の音に導かれるように体育館にたどり着いた。
すでにリハーサルは始まっている。オーディエンスは関係者(ウチナンチュ)だけだ。
そんな場所にヤマトンチュ丸出しの一家が乱入(笑)

あのね…説明は出来ないっていうか…
なんかね…涙と鳥肌が止まらないんだよね。(それと汗も)

すごいぞ!八重商郷土芸能部!_f0060530_0424264.jpg

鍬と鎌を持った民舞。竹富の踊りかな?
全員の笑顔が素晴らしいんですよ! 

すごいぞ!八重商郷土芸能部!_f0060530_0432066.jpg

こんな笑顔とまっすぐな背筋と落ちた腰!!

すごいぞ!八重商郷土芸能部!_f0060530_043394.jpg

地謡のみんなも笑顔なんだよね!

すごいぞ!八重商郷土芸能部!_f0060530_04411.jpg

写真は撮れなかったんだけど、この後の群舞がすごかった!
人間って唄って踊ることで他人の心の中にこんなにも入っていけるんだ。
で、踊ってるときの笑顔もサイコーなんだけど
リハだからその後の苦しそうな表情も見てしまう。それにも感動してしまう!

すごいぞ!八重商郷土芸能部!_f0060530_0442539.jpg
すごいぞ!八重商郷土芸能部!_f0060530_0444438.jpg

37年近く生きてきて、ようやく他人の悩みというものの存在に気が付きました。(遅いね~)
八重商のみんなだって、全員が全員恵まれた環境で踊ってるわけじゃないはず。
つか少なくとも悩まない高校生っていないだろ?わからないけどさ。
しかし。彼女たちの踊りを見つめる関係者の視線がとても暖かい。
体育館、サウナのように暑いんです!絶対に島の人だって暑いはず!
…なのにまったく集中が切れる気配が無い。

やさしいよね。

ホントに視線がやさしい。
こんなやさしい視線に支えられて踊れる彼女たちは本当に幸せだと思う。

そして見事にその視線に呼応している。

「沖縄は芸能の島だね」なんて感動する人もいるけど
それは…そんな簡単なものではないと思う。あの視線はそうだ。
みんな自分の根っこをつかむのに必死な視線なんだ。
自分の根っこを掴むことを忘れて久しいヤマトンチュにはそれがわからないんだよね。

by soba-kiri | 2009-08-22 01:24 | たまにはこんな感じで  

夏休み!何処へ行く!

夏休み!何処へ行く!_f0060530_1342136.jpg

最近読んでいる本を紹介しましょう。

「沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史」
佐野眞一 集英社インターナショナル 1995円

(これは、ちゃむさんの日記を読んで買いました。
右翼の人なのかな?この人。でも、面白いから良し!)


「アメリカのパイを買って帰ろう ~沖縄 58号線の向こうへ~」
駒沢敏器 日本経済新聞出版社 1700円+税

(こちらも沖縄の戦後史を書いた読み物だけど
 まったく違う視点で面白い。同時に読み進めるとさらにゴチャゴチャ)

「日本のいちばん南にあるぜいたく」
楠山忠之 情報センター出版局 1600円

(友人の父上が著者、ということもあり思わず惹きいれられるものあり)

というわけで私は夏休みに何処に行くのでしょうか?

ヒント:三線も練習中(笑)

by soba-kiri | 2009-08-14 01:34 | お知らせします!  

ひめゆり公式HPの監督ブログ

↓読んでみてみて♪
http://www.himeyuri.info/kantoku_blog/2009/06/post_18.html

・6月21日(日) 昼の部のみの営業となります。
なぜ?何故ならその理由は以下の通り!観に来てね♪

以下は私の母校のOB向けに書いた文章です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ひめゆり公式HPの監督ブログ_f0060530_054333.jpg

OB、OGのみなさんこんにちは!5期生のsoba-kiriと申します。
(現役の方もいるのかな?)

じつは、ひょんなことから今回の上映会の主催者の一員になりまして
たいへん急な話なのですがせっかくですので皆さんお知らせする次第です。

6月21日(日)にドキュメンタリ映画「ひめゆり」の上映会があります。(明日じゃん!)
・会場 上尾市コミュニティセンター。
・主催 てぃだエイサー隊
・時間 14時の部 17時の部
ぜひ、これを観に来て欲しいのです!!(特に17時の部)
観にこれなくても、親兄弟、近所の方や沖縄に関心のある方に
コピペでも何でもいいから知らせてあげてください。
映画の詳細はこちら→ http://imix.chu.jp/thida/

以上です…なのですが、もうちょっといいですか?

私は伊奈の小学校、伊奈中を卒業し高校も伊奈(笑)
現在もなお、伊奈町内で店を構え商売をしております。
おそらく死ぬまでこの町にいることに…なるのかな?

「何で?そんな根っからの伊奈人が沖縄の映画に関わってるの?」
ましてや「エイサー隊って何なの?」怪しいですね!これは!

あなたは沖縄に行ったことがありますか?
修学旅行で行った世代もあるはずです。

恥ずかしながら私の沖縄初体験は新婚旅行でした!(うーん爺くさい)
もう12年前か、沖縄本島・八重山地方を10日間回りました。
子供が出来てからも三回訪沖しております。
行けば行くほどに、知れば知るほどに
沖縄の文化や歴史の、もちろん酒や料理、音楽の持つ
その奥深さが面白くてたまらなくなりました。
この中毒症状は生涯止むことはないでしょう。

それだけではありません。
子供を引き連れてエイサーのグループに入ってしまいました。
(ううっ!もうオッサンなのに…)

さらに、どうでもいいことですが
私が現在もっとも攻略したい沖縄文化がふたつあります。
ひとつは「山羊料理」!かなり臭いのですが
ディープな味覚世界にあこがれます♪
もうひとつは三線、沖縄三味線です。
簡単な曲は唄って弾けますが、これまた奥深い!

なんだか話がそれすぎました(笑)

あなたが沖縄に行ったことがあるとすれば
沖縄で一番目立つ存在は何かご存知ですよね。

それは米軍基地です。

大変、恥ずかしい話なのですが…
正直な話、私は米軍基地を見ても
「ウワーカッコイイ!」くらいしか思いませんでした。
戦闘機や軍用車両は圧倒的で異様な存在感を放っていますが
いざ目の当たりにすると、とても日常的な風景に感じてしまい
じっさい頼もしいような…なんか、不思議なんですね、これが。

考えてみれば、そこに暮らす地元の人の話なんか聞いた事ないもんね。

大江健三郎とか岡本太郎、筑紫哲也…著名人が沖縄を語るけど
沖縄戦の当事者の声って聞く機会はめったにというか完全に無い。
森本良子が♪ざわわ…ざわわ…♪って歌うのを聴いて
「爆弾が落ちる音ってざわざわしたものなんだな」と私は思っていました。

そんなおバカは私だけでしょうが。。

この映画が語るのはリアリティです。ホンモノの体験者が語ります。
BGMも効果音ももちろんCGもない。
魚住りえやイッセー尾形のナレーションもない。
風の中、波の音の中、オバアたちが淡々と語るだけです。

私はこの映画を“観に来てほしい”と言った言葉を取り消します。
「自分自身にリアリティを感じたい人だけに」観に来てほしい。
それほどのリアリティがこの映画にはあります。
私にとってリアリティは子供達との生活と自分の商売です。
あなたの生活の中のリアリティはなんだろう?
なにかヒントが見つかるかもしれません。(保証はしないけど)

この映画を観れば世界に平和が訪れる訳ではない。
もちろん、宝くじにも当たらない。
でも、観てもらいたい!!よろしくお願いします!

確かにテーマは重いです。
「トランスフォーマーリベンジ」のほうが気晴らしになるでしょう。
しかし、こんな重いテーマの映画のなかで
オバアたちは気構えずに身の丈で語ってくれています。
それを自然体で受け止めるのが我らの「伊奈学力」ではないでしょうか?

是非来てね♪

☆観に来た人には特典その一☆
17時からの上映の部でエイサーの演舞があります。私も踊ります(恥)
(え?特典じゃない??)
☆観に来た人には特典その二☆
16時30分より元ひめゆり学徒隊の
与那覇百子さんのお話があります。
(“その二”じゃないだろうって?)

以上です。

by soba-kiri | 2009-06-20 00:54 | お知らせします!  

コラーゲン補給完了♪

コラーゲン補給完了♪_f0060530_23132179.jpg

素晴らしい出来映えだぁ!!
画像はただのホネと肉だがね(笑)

あー満足!満足!

決め手は“塩”です。

by soba-kiri | 2008-09-10 23:15 | たまにはこんな感じで  

今宵は「テビチ汁」なのだ!

今宵は「テビチ汁」なのだ!_f0060530_14511494.jpg

最近、宇ち入りできていないので体内コラーゲン濃度が低下。
意識は朦朧とするし、夢見は悪いし。コリャイカンぜよ!

だから今夜は「テビチ汁」♪
書くだけでヨダレが出てきて困ります。
でもホントは山羊汁が食いたい。
レトルトでもいいから喰いたいなぁ!

<作り方は簡単>

・カツオだしに昆布、酒(泡盛)。
・豚足、厚揚げ、大根(冬瓜)を入れる。
・柔らかくなってきたら塩味で決めます。

簡単だー!!

※ 自分用です。商品ではないのです。

by soba-kiri | 2008-09-10 14:57 | たまにはこんな感じで  

出番だよ!「7/19常光納涼まつり」(早仕舞い)

・本日7月19日は19時で早仕舞いです。

ちょいとお祭りに参加するものです。
場所は鴻巣市常光小学校、スケジュールは以下の通りです。
遠くの人も近くの人も見物に来てくださいね。

16:00 納涼まつり開始
16:00~ エイサー(楽舞会) 
16:30~ 流しソーメン
17:00~ のど自慢大会 バルーンマジック(同時開催)
17:25~ よさこいソーラン(鴻中ソーラン、常光小ソーラン、楽舞会、翔裕園職員会)
17:45~ ふれあいタイム 朗読・プレゼント
18:05~ 主催者・来賓挨拶
18:20~ 和太鼓(楽鼓の会) バルーンマジック(同時開催)
18:50~ マグロ解体ショー(魚孝)
19:20~ 歌謡ショー(浅倉みよ子)
19:35~ 盆踊り
20:15~ 花火
20:35~ エイサー(てぃだエイサー隊)
21:00~ 抽選会・閉会

さて、私の出番はどこでしょう?(笑)

おまけ画像はこちら

by soba-kiri | 2008-07-19 06:32  

映画「ひめゆり」

どうか多くの人に観ていただきたいので紹介します。
映画「ひめゆり」_f0060530_844776.jpg

私のような者がいろいろ書いても胡散臭くなるだけなので簡潔に…。

「自分だけ生き残ってしまって申し訳ない」
「幸福になってはいけない」

そんな想いを抱えたまま人間は生きていけるのだろうか?

日々普通に生活していけることは
本当は奇跡にも近いことなのではないか?
家族が一緒に生活できて
三度三度ごはんが食べられる。これはすごいこと。

この映画には男は出てこない。

だからかな、男の馬鹿さ加減が伝わる。
戦争を始めるのも男。
もうちょっと頑張ってみようと決めた天皇も男。

もういいから!男どもは女子供年寄りに迷惑をかけないように生きよう。

なんかそんなこと思いました。

それと冒頭に「多くの人に…」と書いたけど
わからない人には判らないので観て欲しくないな。
福田総理とかね…ああいう人。

by soba-kiri | 2008-06-27 08:59 | たまにはこんな感じで  

今日こそ「生もと」を想う…え?海鼠腸?

なんじゃこりゃぁ~!
今日こそ「生もと」を想う…え?海鼠腸?_f0060530_222693.jpg

説明無用(笑)コノワタちゃんです。
漢字で書くと「海鼠腸」。年男にふさわしい酒肴でゴザイマス。
まだフレッシュな感じですが熟成感が出るまでもつかな~。
食いたい人は店主が食い尽くす前にGO!!

本題!

黒毛和牛の肥育に関する話を書きます。(「生もと」じゃないのか!)

松坂牛、米沢牛、神戸牛、但馬牛、飛騨牛…たまには食いたい。
鶏では、名古屋コーチン、比内鶏、軍鶏…ウーン食いたい!
豚でも、それこそいっぱいありますね~!チキショー腹減った!

食品偽装大国日本(涙)

銘柄鶏のDNA検査をするなんてニュースを読みましたが
まあ、鶏や豚ではDNAチェックも有効かも知れないけど
黒毛和牛にかんしては意味がないと思う。
(ホルスや混血、輸入牛を黒毛と表示するのはバレバレだが…)
<理由>
・有名な「紋次郎」などの凍結精液での人工授精がほとんどで遺伝的に皆ほとんど同じ。
・鶏や豚は品種の掛け合わせで様々な肉質を狙うのでそれぞれ遺伝情報は異なる。
・一部育成牛も飼育する肥育農家もあるが、仔牛は仔牛市場で調達するのが基本。

つまり飛騨牛だろうが米沢牛だろうが出所は皆同じなのさ。

仔牛市場は温かい地域にある(らしい)。
なぜ?それは新鮮な草がふんだんに調達できるから。

仔牛に求められる性能で最も重要なのが
「胃腸が丈夫」ということだ。
2年~3年の間「肥育」というハードイーティングに耐えるには
何はともあれ健全な消化能力が必要となる。

この健全な胃腸は遺伝的な部分もあるが
仔牛時期に新鮮な草をたくさん食べることで得られるのだという。

だから“石垣牛”が旨いのだ。
なんせ、一年中フレッシュな青草食い放題だもんね♪
喰いたいです!石垣牛!

・・・と何の話だっけ?

これって「生もと」の造りに似てないですか?
もろみ期間中発酵力が衰えないような酵母群。
それには、とにかく強健な酒母を育てることが重要。

ま出来上がりは牛は不健康の極みのアートですがね(笑)

これが最近の「生もと」解釈です。ゴメンナサイ♪

by soba-kiri | 2008-02-04 23:03 | たまにはこんな感じで