牡蠣蕎麦試作なんです。

f0060530_0404448.jpg

ようやく厚岸(あっけし)のが出回り始めました。
f0060530_0451052.jpg

朝っぱらか試食です。酒ください。
「カキナマオスカケテ」旨し!
500グラムパックで42個も入っていて粒もでかい!
これならコスト面ではクリアなんだけど・・・
いまいち、味のりしてないような感じ。
f0060530_0564442.jpg

天ぷらにしてみました。味が濃くなります。
f0060530_0573881.jpg

<プロトタイプⅠ> 牡蠣天とじそば
・大粒牡蠣の天ぷら5粒入りです。
・卵とじ仕様。
・柚子が効いてます。
・酒ください。
f0060530_7582346.jpg

<プロトタイプⅡ> 牡蠣天そば
・卵なし仕様。
・わたしゃこれが好きだな。
・酒ください。
f0060530_7584131.jpg

<プロトタイプⅢ> 牡蠣蕎麦
・南蛮仕立て。
・牡蠣をかけ汁でひと煮立ち。
・ぷりぷり感ならこれか!
・冷酒は禁止です。

う~~~~~~~~~~~~む!
頼むから酒を!
私なら「牡蠣天とじ」を台ヌキで…
辨天さんを熱くしてゆるゆると冷ましながら・・・こりゃたまらん。

 おお!デューク!   
        (意味不明だ。しかし判る人には判る)

f0060530_81599.jpg

こちらは翌日、加熱用を買ってみました。
粒がでかすぎです。殺菌処理をしない分、海洋生物の香りが強いです。
厚岸のも生食用にしては充分すぎるほど旨いけどね。

なんか違和感のある試作でした。
牡蠣が今年は大不漁というのは影響があるのかも。

by soba-kiri | 2007-11-05 08:23 | 蕎麦屋のレシピ  

<< ミイラの作り方 古典芸能と映画「かもめ食堂」 >>