娘です&蕎麦の雑誌について。

ようやく味が開いてきました。
開けたては「味がしない」ってこういうことか!と納得。
f0060530_230387.jpg実は辨天娘さん
レギュラー候補生です。

理由

① とある酒場にて・・・
「サイトーさーん!ベンテン入れてくださいよぉぉ!」
とからまられた経験があります。

② 当店で・・・
「サイトーさん!
オレ、サイトーさんにもベンテンの世界に入って欲しいんですよぉ!」

どちらもヨッパですが
切実な願いと感じ入りました。

つーわけで、今月はこれです。

この酒がどんな酒かを説明する前に最近感じたことを述べます。

今月、オッサン系の雑誌が2誌
蕎麦を特集しております。大変な数の蕎麦店が掲載されています。
もちろん!当店も・・・はい、掲載されるわけがないでしょ!

ちょいと感想を。

2誌読んで連想されたのがイギリスのポップアートのこと
あるアーティストが何かの芸術祭において
「屋外の水道を出しっ放し」にするというパフォーマンスを演った。
おりしもイギリスでは水不足のまっ最中である。
曰く「このアートは人々に水を大切にしなきゃという感動を生み出す」と。

なるほど!共感はできないが“逆説”ということか。

日本でも同じような“逆説”がよくありますよね。

①蕎麦の実を丁寧にハンドピッキングで選別し石臼で製粉
これを篩い(ふるい)にかけず“無ふるい”で蕎麦を打つ!(うちもそうなの!)
              ↓
しかし、そのフィルターを介さない蕎麦を引き立てるために
酒はきっちり炭素濾過されたものを用意しております。

②蕎麦の“つゆ”を作るうえで重要なのが「熟成」という過程(うちもそうなの!)
“かえし”の熟成、だしとあわせた後の加温と熟成はとても大事。
              ↓
しかし、そばつゆの熟成感を引き立てるためには
酒は熟成に向かない“米のジュース”のような酒を用意しております。

③蕎麦は江戸の文化を現在に引き継ぐもの、変えちゃいけない部分がある。(うちもそうなの!)
“蕎麦は三口半で食べ切って、それを2枚食べる”のが正統。(えぇ?)
              ↓
しかし、そんな蕎麦の伝統美を引き立てるためには
「酒は燗して呑むもの」という伝統はあえて無視します。

なるほど!蕎麦屋は逆説のポップアートだったのね!
いやはや知らなかった。存じ上げませんでした(笑)。

残念ながら今月のお酒「辨天娘 純米酒 玉栄」は
ポップアートからすれば何のひねりもない酒です。
でも完全に発酵した酒の飾り気のない美しさがあります。

結婚するならこんな娘さんがいいのでは?

by soba-kiri | 2007-08-04 23:41 | 今月のお酒 | Comments(14)  

Commented by taka-sare at 2007-08-05 02:11
理由①のからんできた御仁とは、あの娘さん(マリア)のことですよね?
ビリーの娘さんに負けず劣らず、己の肉体を鍛えていらっしゃる...(笑)

ところで、ベンテン開いてきましたか。
どんだけ違うか確かめたいので、それまでとっておいてね。
Commented by まき子 at 2007-08-05 08:01 x
お蕎麦屋さんて、、ホントに純米ではないお酒を置いてあるところがほとんどですよね・・・。
甲府のお店もそうでしたが、
「ウチの蕎麦はスゴイゼー!地元蕎麦きり発祥の時から続いてて、スゴイゼー!」って宣伝してるのに
「なぜに八海山と菊水があるの?!」みたいな。
(ちゃんと笹一や谷桜あったので、ほっとしましたが)

逆説だったんですねー・・・。
そんなヒネリ、なくていいです。
辨天娘とお蕎麦で飲みたいです。
Commented by 燗酒おやぢ at 2007-08-05 09:03 x
有名な蕎麦屋さん御用達、あの「○願」の発売元がすぐご近所。
あれの若いのをギンギンに冷やして飲まされても苦いだけなのに…。

加えて、甲類焼酎を思わせる怒濤のアル添と炭濾過の冷酒がスタンダード。
それをまだ「料理の邪魔をしない」勝れ物としている。

新しい息吹!!ともて映やされているのも冷やでしか飲めない
米のジュース。

ここはポップアート蔓延の「逆説の地」。(爆)
Commented by itacha at 2007-08-05 16:51
家には娘さんが沢山いるのだけれど、最近、完全放置プレー。。。
ご無沙汰過ぎないうちに可愛がってあげないといけないなぁ・・・
Commented by soba-kiri at 2007-08-08 01:20
>taka-sareさま

そうです。裏拳が怖い・・・あの人です。

ベンテン開いてきました。
日々味見しなくてはいけないので大変です(笑)。

追加仕入れしなくちゃね。
Commented by soba-kiri at 2007-08-08 01:27
>まき子さま

コメントありがとうございます~!

皆、ホスピタリティと管理の難しさ、
さらに有名蕎麦屋のラインナップに惑わされているね。

有名な酒じゃなくても旨いし
冷蔵庫から出して放置しても旨いし
グラビアには冷酒が映えるけど燗酒の旨さは別格。

皆!自由になろうよ!と叫びたい。
Commented by soba-kiri at 2007-08-08 01:33
>燗酒おやぢさま

な~んか掛け違えたままなのかな?
と感じる今日この頃です。
雑誌に関しては編集者が悪い。
いい酒呑んだことなさそうです。

ああいったポップアート信者の蕎麦屋と
いったいぜんたい何語で話せばいいのやら?
Commented by soba-kiri at 2007-08-08 01:42
>itacha さま

放置プレイしても耐えられる酒。
そんな“強い酒”のやさしさに包まれたい(笑)!
可愛がってもらいてぇ!(酒にですよ)
Commented by 三平 at 2007-08-15 00:08 x
娘。はポップアートにはちょっとスタンスが違いますね。
あまりに正統的で大向こうには受けないかもしれませんが。
(これはお酒にも、そのまま当てはまります)


しかし逆説的なポップアートの蕎麦を出されるのは、やだな〜。
一般消費者としては・・・食べて旨い蕎麦があればエエんじゃ〜! てなもんっす。
しかし、時間がかかりましたな〜、娘。は。相変わらずですが・・・(はぁ〜)
Commented by soba-kiri at 2007-08-17 01:05
私は自分をそれほど信頼してないというか
自信を持っていないところがあるので
常に“ゆらぎ”のような心根を持って
他の蕎麦店に臨むようにしているのです。

でもね…どうも…が多い最近です。

娘さんは当店では開ききることがないまま消費かも!
Commented by kanzakerakuen at 2007-09-14 10:53
お初です!(^^ゞ
辨天娘、「辨」の字が違うよぉ~
Commented by soba-kiri at 2007-09-14 23:58
>kanzakerakuenさま

初コメント&初指摘(笑)ありがとうございます!
ブログ、いつも拝見させていただいております~!

うろ覚えかつ字知らずで
変換が思うようにならず
「ベンパツ」で変換して当ててしまった次第。
失礼いたしました。

ところで竹原でお会いできたら幸いですが…?
Commented by kanzakerakuen at 2007-09-15 09:04
17日に行きます、竹原!
松の屋のるみさんがいらっしゃる日だと聞いております。
Commented by soba-kiri at 2007-09-16 00:18
おおっと!わたしも17日です~♪
18日の圃場見学も行きます。

石川杜氏に「じゃフルコースですね」といわれました。

>松の屋のるみさん

ブログ拝見しました。壊れてますね~♪
自分はまだまだだと安堵&奮起いたしました(笑)!

<< 夏休みのお知らせ&スピーカー 梅雨明け。土用干し。4年目突入。 >>