人気ブログランキング |

お蕎麦がくるまで

さあ蕎麦屋酒を過ごしましょう。
まずはお店に入り席に着きま~す。

改めていうのもなんですが
私にとって蕎麦屋に行って酒を呑むことの意味というのは
「ちょいと酒を呑んで、蕎麦を食って、ほっとする」ことに尽きると思います。
酒をたくさん呑みたければ飲み屋、居酒屋はいくらでもあるし
お腹を満たすだけなら牛丼屋、カレー屋、ラーメン屋。
ほっとするだけなら喫茶店、カフェ、最近なら漫画喫茶、公園のベンチ。

多くは求めない。
けど、気持ちよくなりたい。

そんな観点からのチェックです。

では私なりのチェックポイントを並べてみますね。

point.1 「お花を拝見」
お店に生の花を飾り続けるのってけっこう大変です。
専属の生花店に依頼するのも手なんでしょうが
そんな資金力のある蕎麦屋はマレですわ。
特に今時分、夏なんてのは花はすぐしおれちまう。
それでも何とかして花を絶やさぬようにがんばってる店。
すご~く敬意を表します。
「あ、気ぃつかってんなぁ」と思います。
これは、うれしい。歓迎されてるかんじがします。
だから、少しでも花が活けてある店、
「期待できるかな!」と喜んじゃいますねぇ。

花なんて一切ない。ま、これはこれでいいんですが
困っちゃうのは開店祝いの蘭の鉢の残骸なんかがいつまでも居座っていたり
よくわかんない造花なんぞが飾ってあったりすると
「外したか・・・!」といたたまれない気持ちになります。

さあ、ここで稿を改めて
次回「お酒を注文します」に進みましょう。

by soba-kiri | 2006-08-04 09:09 | 蕎麦屋酒をやりましょう  

<< お酒を注文します。 松陰先生でもこいつぁ許せん! >>