一合で400円儲けさせてください。

当店ではこれまで日本酒は一杯650円で提供させていただいておりました。

これは、私の金銭感覚からして「そのくらいならいいかなー」という想いと
「せいろより高価な酒を蕎麦屋が売ってどうすんの?」という想い。

この二点で決めた価格でした。

だいたい一升3000円クラスの酒なら
多少のでこぼこがあってもペイするんじゃないかなと思っていました。
ワインの田崎信也さんの店がすべて3800円/ボトルというのもヒントでした。

しかし、日本酒の世界に深入りするに従って
その価格帯では収まりきれない酒の魅力にも出会ってしまいました。

2000円でも旨い!
5000円だけどとてもうまい!

2000円でも3000円でも5000円でも
当店の作業は一合量って温めるだけです。
そして、当店の蕎麦や酒肴に合わせて楽しんでいただく。

どの酒でも作業はまったく同じです。

だったら「酒の価格×3倍」とかいう業界の常識に
とらわれる必要はないのではないかと思いました。

(もちろん、これまでもそんなお値段はいただいていませんが)

一合あたり店の取り分「400円」

どうでしょう?たとえば、二人で5合呑むとして、酒の原価+2000円です。
これで1時間過ごせたら二人で時間あたり1000円です。
かなり妥当(むしろ格安)な料金プランではないでしょうか?

というわけで

本日から酒の値段が変わります。

これまでのレギュラーの酒はちょっと値段が上がりますが
もっと安くて旨い酒や、ちょっと値が張るけど価値のある酒を紹介していきたいと思います。

f0060530_005143.jpg

これは、試験的に運用してみるコルクボード酒です。
近いうちに「0.5合のお試しお燗(半額)」も運用するつもりです。
(菊谷さん、黒森庵さんのマネッコです)

問題は・・・店主の味見で無くなってしまうこと、かな?

それより問題なのは店主のきったない字かな?

by soba-kiri | 2011-10-15 00:08 | 今月のお酒  

<< 本日夜の部貸し切りです。 10月8日(土)は昼の部のみの... >>