人気ブログランキング |

part2. 真穂人を冷で、穴子の煮こごりと・・・

part2. 真穂人を冷で、穴子の煮こごりと・・・_f0060530_23582034.jpg
酒飲みは奴豆腐にさも似たり
はじめ四角で後はぐずぐず


まだ四角です。スクエァ。

焼きみそで日本酒欲に火がつきました。今月のお酒を注文。

神亀 真穂人(まほと) 純米 0.8合 580円
・冷酒片口 ぐいのみ みかも焼
・突き出し 自家製わさび漬け 

「旨い・・」酒米は五百万石、うーむ何でも山田錦ならいいってもんじゃないねぇ。やさしい味という評が多いがとても力強さを感じます。
酒米は堆肥だけで育てられたということです。ラベルには生産者名が記されています。カタカナで言うと「トレーサビリティ」ってやつででしょうか。想いが伝わってきます。


part2. 真穂人を冷で、穴子の煮こごりと・・・_f0060530_0184343.jpg
穴子の煮こごり 420円

さーてきましたよ。
本わさびを乗っけてパクといきます。
瞬間、穴子の旨みが口の中にドバー!
あわてて真穂人をキュッと・・
こたえられません。
江戸言葉で言うと
「こてーらんねぇ」です。

さあ、やっぱり神亀さんといえば・・・
「すいません!真穂人、お燗でもうひとつ!」

さあどぉなることやら。

by soba-kiri | 2006-03-01 00:46 | 蕎麦屋酒をやりましょう  

<< part3 真穂人をお燗でそし... part1. まずはビールに焼... >>