「ほっ」と。キャンペーン

タグ:酒 ( 47 ) タグの人気記事

 

本日昼の部に来店されたお客さまにお詫びします。

本日当店は、11時開店と同時に団体のお客さまが入店されたため
ほとんど貸し切り状態になってしまいました。

せっかくのゴールデンウィークに
「さいとうで蕎麦でも食うか!」と出かけてくださったお客さまに

「混んでて入店できなかった」
「入れたけど団体客が大騒ぎしていてうるさかった」
「なかなか蕎麦が出てこなかった」
「さいとうは休日の昼に団体の予約をとるのか」

等々の不快な想いをさせてしまい申し訳ありませんでした。

お客さまに不快な思いをさせてしまったのは完全に店主のミスによるものです。

本当に申し訳ありませんでした。

ブログ上でというのも礼に欠けますが改めてお詫びさせていただきます。

「こんどの休日にあの蕎麦屋に行こう!」と予定するって
本当にわくわくした気持ちになります。
そして実際店に出かけ楽しみにしていた酒やおつまみを注文して
のんびりと過ごすのは至福の時間と言えるでしょう。
そして蕎麦を食べて蕎麦湯を飲んでほっと一息。
明日からのやる気もわいてくるというものです。


私はそういう時間を過ごしていただくために蕎麦屋を経営しています。

その時間を台無しにしてしまった責任は私にあります。

本日開店と同時に「16名なんだけど」と

by soba-kiri | 2012-04-30 23:27 | 蕎麦屋点描 | Comments(4)  

一合で400円儲けさせてください。

当店ではこれまで日本酒は一杯650円で提供させていただいておりました。

これは、私の金銭感覚からして「そのくらいならいいかなー」という想いと
「せいろより高価な酒を蕎麦屋が売ってどうすんの?」という想い。

この二点で決めた価格でした。

だいたい一升3000円クラスの酒なら
多少のでこぼこがあってもペイするんじゃないかなと思っていました。
ワインの田崎信也さんの店がすべて3800円/ボトルというのもヒントでした。

しかし、日本酒の世界に深入りするに従って
その価格帯では収まりきれない酒の魅力にも出会ってしまいました。

2000円でも旨い!
5000円だけどとてもうまい!

2000円でも3000円でも5000円でも
当店の作業は一合量って温めるだけです。
そして、当店の蕎麦や酒肴に合わせて楽しんでいただく。

どの酒でも作業はまったく同じです。

だったら「酒の価格×3倍」とかいう業界の常識に
とらわれる必要はないのではないかと思いました。

(もちろん、これまでもそんなお値段はいただいていませんが)

一合あたり店の取り分「400円」

どうでしょう?たとえば、二人で5合呑むとして、酒の原価+2000円です。
これで1時間過ごせたら二人で時間あたり1000円です。
かなり妥当(むしろ格安)な料金プランではないでしょうか?

というわけで

本日から酒の値段が変わります。

これまでのレギュラーの酒はちょっと値段が上がりますが
もっと安くて旨い酒や、ちょっと値が張るけど価値のある酒を紹介していきたいと思います。

f0060530_005143.jpg

これは、試験的に運用してみるコルクボード酒です。
近いうちに「0.5合のお試しお燗(半額)」も運用するつもりです。
(菊谷さん、黒森庵さんのマネッコです)

問題は・・・店主の味見で無くなってしまうこと、かな?

それより問題なのは店主のきったない字かな?

by soba-kiri | 2011-10-15 00:08 | 今月のお酒 | Comments(8)  

お渡しモノ

昨日の酒の会に参加された皆様。

お渡しするものが約1.8リットルほどございます。

お早めにご来店下さいませ。

でないと、どんどん店主の腹の中に…。

ともかくご参加ありがとうございました。
また、旭菊さんへのカンパもありがとうございました!

f0060530_10271673.jpg

by soba-kiri | 2010-07-11 10:27 | お知らせします! | Comments(2)  

「TOKYO大衆酒場」創刊号

f0060530_15422749.jpg

f0060530_15425932.jpg

二毛作さん載ってます!
よく見ると「どぶ」と「真穂人」がチラッと写ってる。

それにしても読みごたえのある雑誌だ!
決して内容が斬新なわけではないが
各店の個性とおもしろさに支えられてる。

赤羽の「まるます家」月曜定休なんだよねー(泣)
どうにかして一度行きたいな。
でもって、5人前4000円の「すっぽん鍋」食いたい!

by soba-kiri | 2010-06-05 15:47 | お知らせします! | Comments(8)  

昼ごはん、夜ごはん

角萬の「ヒヤニクダイ」が食べたくて
思わずレプリカを作ってみた。
f0060530_14261390.jpg

やはり本家には及ばず!
小麦粉主体で卵を入れて太く打つといいのかな?

あー喰いてぇ!ヒヤニクダイ!

で、今晩はおでんなのだ。
f0060530_14264955.jpg

急激な冷え込み+雨降り=趣味の料理(笑)
・昨日、牛スジのいいのを見かけたので2キロ購入。
・下茹でして形のよさそうなのを選んでカット。
・渾身の串打ち。
・茹で汁に浸したまま冷蔵庫で一晩寝かす。
・浮いて固まった脂を丁寧に取り除く。
・だし汁と酒と塩だけで味を決めましょう♪

鷹勇生もと強力でいかがでしょうか?

※ 非売品(笑)

でも、同時に牛スジの八丁味噌煮込みも作ったのでそちらは・・・。

by soba-kiri | 2009-04-17 14:34 | たまにはこんな感じで | Comments(6)  

住乃井 山廃特別純米(新潟)

先入観、固定観念、思い込み。
いずれもあんまりよくない思考の仕方。
人間を少し長いことやってると身についてしまう。

いかんなぁ。。
f0060530_12457.jpg

じつはワタクシ・・・
・新潟の酒は嫌い。
・山廃もあんまり好印象は持っていない。
・「9号酵母より7号酵母でしょ!」だし。
・「五百万石はどうも…」なのだ。

なのにこの酒ときたら…

新潟 山廃 9号 五百万石

なのに…なのだ!反省したデス。

するりと旨い!!ぬる燗がオススメです。

こうして毎日蕎麦屋をやってると
「どうせ機械で切ってるんだろ」とか
「そばがきなんて簡単なんだろ」とか
「十割なんてボソボソで不味い」とか
「造花だろ」とか
「いくら払うと載せてもらえるわけ?」とか
けっこう色々と耳に入ってくる。

私も同じでした。先入観だ。

新潟でもいい酒造ろうとしてる蔵はあるかもしれない。
そんな蔵の人が「新潟の酒は嫌い」とひとくくりに斬られたら
「ナンダテメエコノヤロウ」となると思う。

「曇りなきまなこ」で物事には相対したいと思う。

え?静岡の酒?

「いや、それは…」って

どこが「曇りなき」なんじゃー!!!

by soba-kiri | 2009-03-17 01:24 | 今月のお酒 | Comments(11)  

酒母を味見させていただく!

f0060530_103686.jpg

酒母室には、ズラリッと酒母タンクが並んでいる。
もうすぐ使用するものやら、もと立てしたばかりのものまで
「生もとのどぶ」の赤ちゃんと言ったらいいのだろうか。
これを目の前にして言うべきことはただひとつ…。

「加藤さ~ん、全部味見させて♪」

これです!2時間にもわたる蒸米作業中に私がコソコソやっていたこと!

f0060530_1211541.jpg


(期待していた味わい)
・とにかく酸っぱいのでは?
・バランスは悪いけどワイルドかも。
・もしくは甘くて仕方ないかな。
・ダレたかんじがするのでは?
・よくわからないかもね。

これは大ハズレだった!!
順番としては完成間近の酒母から
もと立てしたばかりのものへと順番に味見させてもらった。

f0060530_1215795.jpg


(結果)

・酒母のくせに切れる!!!

味見させていただいた酒母はどれも
素人の私でさえわかるほどにバランスがいい。
なるほど酸味や甘味の差はあるのは当然。
何故だろう。ブラックホールに引き込まれそうになる感じ。

不気味だ。

さらに言うと、こんな素人の「味見させて」を
不敵に容認する加藤杜氏の自信というか懐の深さを感じた。

なんじゃこりゃ!!

by soba-kiri | 2009-02-05 01:23 | 社会科見学 | Comments(6)  

立秋過ぎても暑いぜベイベー!!

イェー!ベイベー!イェー!
オーケェー、ベイベー、オーケェー!
ごきげんだぜ!イェー!素晴らしい夜だな!
素晴らしい夜だ…。

ここには平和がいっぱいだぁ!! 

でも世界中を見渡すと
戦争と紛争でいっぱいだ!
テロや飢えた子供たちでいっぱいだ!イェー!

どーしていつまでもみんな仲良くできないんだろう。

オーイェー!こんなゴキゲンな夜なんでみんなに聞きたいことがあるんだ。

みんなに聞きたいことがあるんだ!

最近世の中サツバツとしてるけど
21世紀になってずいぶん経つけど
ぜんぜん世界は平和になんないけど

今夜はみんなに聞きたいことがあるんだぁ!!
聞きたいことがあるんだイェー!!

オーライッ!!

燗酒呑んでるカイ?!

燗酒呑んでるカイ!


オイラの聞きたいことはそれだけだ!
燗酒呑もうぜベイベー!!んじゃ今月のお酒さ!
f0060530_22521365.jpg

「日置桜」玉栄60%7号酵母。
スペックで言えば一番好きなかんじ。
言葉で言えない部分が多いね。
背後の「どぶ」は17BYの16号。魔性の酒です。
指定されなければお出ししないぜベイベー!

なんで今日はこんな語り口なのかいって!?
何故ってそりゃぁ・・・清志郎のせいさ!
f0060530_22594231.jpg


最後まで読んでくれて…サンキューベイベー!

by soba-kiri | 2008-08-08 23:05 | 今月のお酒 | Comments(12)  

中野チャンプルーフェスタ 2008

f0060530_23374232.jpg

お近くの人は行ってみてください。

泡盛も近年はすっかり呑みやすくなりましたね。
つか、呑みにくい時代のものを知らないです。

これも日本酒で磨きあげられた
炭素濾過技術のおかげですな~(トホホ)

クッサ~イ泡盛がお好みでしたら
石垣の「白百合」のなんだっけ…5年古酒の…臭いやつ(笑)
土間とムシロの匂いがします。

「なんでこんな匂いなの?」と聞いたところ
「土間でムシロで造ってるから」

いいねぇそういうの♪

沖縄そばが食いたいね。
ヒージャー汁も超食いたい!

by soba-kiri | 2008-07-15 23:44 | お知らせします! | Comments(6)  

点描 久保本家 (4)

温度差…30℃以上。
f0060530_8555533.jpg


今日も暑くなりそうだ!

本当に点描になった(笑)

あの低温の蔵が嘘のような夏の日々。
秋の仕上がりが楽しみですね。

あ、秋になっても仕上がらないんだっけ
この蔵の酒・・・(笑)

いつになったら呑めるんじゃ~!!

by soba-kiri | 2008-07-15 08:58 | 社会科見学 | Comments(4)