<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

成田山川越別院 蚤の市

骨董市、蚤の市。
たくさん行きたいけど
どこも週末開催ばかりで行けない。

でも川越の「成田山川越別院 蚤の市」は
毎月28日開催の日にち縛りなので月曜の定休日に当たることもある。

というわけで行ってきました。
いやいや蒸し暑いのなんのって!
f0060530_2055740.jpg

もちろん狙いは店で使えそうな器なんだけど
キレイで使い勝手がよさそうなのは割と高め。
ヤフオクのほうが安く買えるな~。
f0060530_20573282.jpg

徳利と盃のセット。
スタンプと手書きの組み合わせがおもしろい。
おおっと!一本違う柄が入ってるじゃん。
未使用品ですね。
今度の酒の会で出そうかな?
f0060530_2101660.jpg

もうひとつの狙いは割れたり「にゅう」が入っていて格安に売られている品物。
金継ぎすればいい味に復活するからね。
というわけで買ったのがこの皿二枚。どちらも500円!
左は9寸。右の芭蕉の古伊万里風は尺2寸。
「幕末のころの品物ですよ~」って嘘に決まってるけど
ざっくりとした図柄がいいかんじなので良し。

さてさて、何を盛り付けましょうね。

by soba-kiri | 2010-06-28 21:05 | たまにはこんな感じで | Comments(2)  

「蕎麦手帳」太野祺郎/著 東京書籍

太野祺郎さん。

おもしろい人です。

お会いするたびに
「なんでそんなに情熱を持ち続けることが出来るの?」
と不思議に思ってしまう。

そういや石川杜氏や加藤杜氏、神亀のチェンムチャン達に接する際に感じる雰囲気に似てるかも。
思わず初心に還る感覚というか、自らの惰性を再認識してしまうというか…。
常に何かを追い求める人間に出会うと
私のような凡人は「ハッ」としてしまうのですな~。
(「ハッとしてグー」じゃないよ)

そんな太野さんの最新著書で紹介していただきました。
「蕎麦手帳」太野祺郎/著 東京書籍
f0060530_0582988.jpg

f0060530_059838.jpg


「隅っこのほうにちょろっと載るのかな~」と思いきや!
掲載店のほとんどは「データのみ」じゃありませんか!
「ひえ~!写真つきの記事になってる店なんてちょっとだけじゃーん!」

ちょいと緊張しますがありがたいことです。
これからもいっそう頑張らなきゃね!

by soba-kiri | 2010-06-18 01:03 | ご紹介いただきました | Comments(2)  

火事に負けないで!

先日火災に遭ってしまわれた旭菊酒造。
http://mainichi.jp/seibu/news/20100601sog00m040005000c.html
非常に気の毒で言葉も出ないけど必ず復活して欲しい。

いや、復活してもらわないと
日本酒のため日本のため酒好き飲兵衛のため困る!

f0060530_7495557.jpg


今月のお酒は「綾花」。

これほど燗しないとダメな酒もないもんだ。旨し!

by soba-kiri | 2010-06-12 07:51 | 今月のお酒 | Comments(2)  

牛スジの八丁味噌煮込み

f0060530_22493632.jpg

うーむ、ブレとるのう~!
人間旨いものを前にして手振れしないほうがおかしい!

先日、長野は小海に出かけた際に入手した
「信州和牛のスジ」の煮込みです。

簡単にレシピを紹介します。

・下茹でします。
 長ネギの青いところを入れて水から煮ます。
 《ポイント》やわらかくなったものから引き上げて水洗い。
 硬いのにあわせていたら皆溶けてなくなっちまうだ!
 アクと脂はこまめにすくってね。
・煮ます。
 手でちぎったこんにゃくをぶちかまして 
 たっぷり水を張って、酒とザラメを加えて中火。
 そこに薄切りのショウガをバラバラいれてみりんも入れよう。
 そうだ、蕎麦のかえしも入れようね~。
 沸いてきたら八丁味噌をちぎっては投げちぎっては投げ!
・ごぼうを入れよう。
 ささがきしたごぼうを入れよう!
・煮すぎは禁物。
 コラーゲンが溶けてなくなってしまうので連続火入れはNG。
 ある程度火が通ったら加熱しては冷ましての繰り返しで味が染みる。
・仕上げはお好みで
 いりゴマをかけても良し。
 ネギもよし。
 豆腐を入れてもよし。
 ポーチドエッグを入れてもよし。

レシピ書くのって大変なわりにつまらん。
旨けりゃいいのよ~!!

by soba-kiri | 2010-06-10 23:02 | たまにはこんな感じで | Comments(0)  

「TOKYO大衆酒場」創刊号

f0060530_15422749.jpg

f0060530_15425932.jpg

二毛作さん載ってます!
よく見ると「どぶ」と「真穂人」がチラッと写ってる。

それにしても読みごたえのある雑誌だ!
決して内容が斬新なわけではないが
各店の個性とおもしろさに支えられてる。

赤羽の「まるます家」月曜定休なんだよねー(泣)
どうにかして一度行きたいな。
でもって、5人前4000円の「すっぽん鍋」食いたい!

by soba-kiri | 2010-06-05 15:47 | お知らせします! | Comments(8)  

立石散歩

f0060530_4345521.jpg

葛飾区民会館で開催されている
「オルセー美術館展2010 ポスト印象派」観てきましたよ~!
平日の午前中だというのにぎっちりな人出。週末はもっとスゴイんだろうな。
展示はとても贅沢です。
西洋絵画の知識も感心も無いワタシですが沁みたよ。
特に良かったのがテオ・ファン・レイセルベルヘの「舵を取る男」。
周りに人が居なかったら泣いてたかもしれない。
絵画ってホントにスゴイと思う。
日常生活ってやつは雑音と惰性に満ちていて
そこに美しいものがあってもだいたいスルーしていくし
いちいち感激していたら先に進まない。
でも、画家達はどんなにバカ呼ばわりされても
筆をとりキャンバスに向かう。

細かいことは判らないけど元気をもらえた感じがしました。

あと職人的な観点から感想を言うとするなら

どの作品も額装が素晴らしい!!

f0060530_4352096.jpg

絵画で心を満たしたら、胃袋も満たさないとね。
つーわけで「栄寿司」!!軽くつまめばいいかな~と思っていたのが…
コハダ、シャコ、しめさば、イワシ、ヒラメ昆布〆、ミル貝
穴子、ボタン海老、ウニ、ホヤ…食いすぎです。穴子旨かったな~!
f0060530_4354634.jpg

宇ち多゛にも並んでみましたが、一巡目に入れず断念。
f0060530_436262.jpg

f0060530_4364475.jpg

倉井ストアーは初めて!
こちらは惣菜屋さんなんだけど
店内で酒を買ってツマミを頼める、いわゆる「角打ち」。
昼なのに晩酌ムードたっぷりな先輩たちで店内は大賑わい!
f0060530_437797.jpg

「メンチカツ 150円」
揚げたてだよ!旨いよ~!
メンチ、ポテサラ、ニッカの水割り、缶ビールで970円なり。
f0060530_4384244.jpg

「小」はいいとしても「大」はいかが?
きっと、つらい経験をしたんだろうね。
f0060530_4374196.jpg

f0060530_4391194.jpg

パクチー煮玉子はツイッター限定メニュー。
f0060530_4393599.jpg

竹鶴をお燗してもらう。
f0060530_4395863.jpg

特大シジミ!旨し!
f0060530_7412169.jpg

お土産はもちろん「鳥房」です。
中華鍋で揚げてるんだね。フライヤーとかは考えないのかな?
f0060530_4404031.jpg

発見、鳥房で生春巻き作ると最高!

by soba-kiri | 2010-06-01 04:40 | たまにはこんな感じで | Comments(0)