<   2008年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

京都「たかはし」で睡龍生酛純米原酒15BY!

大宇陀のバス停を出発したのが15時34分。
蔵での興奮が冷めないままにやってきました。

「では」ということで
f0060530_1194863.jpg

・睡龍 生酛純米原酒15BY

・さばのなれずし
f0060530_1201790.jpg

睡龍だけでも、鯖だけでも到達できない境地なのか…。
あの複雑な甘味?旨味?大脳だけでは理解できない領域。
加藤杜氏の顔を思い出しながらマリアージュやで(笑)

・小笹屋竹鶴 大和雄町12BY 601酵母

・地鶏たたき

・辨天娘 純米吟醸原酒14BY
・辨天娘 純米玉栄16BY

・からしれんこん

・竹鶴 雄町純米12BY(トシオ専務保証)

・蕎麦

また京都で行かなくてはいけない店が…。

あり?蕎麦屋だって言うの忘れてた!

by soba-kiri | 2008-01-25 01:18 | たまにはこんな感じで | Comments(12)  

「生酛のどぶ」を造る人たち

奈良から帰って参りました。
蔵で着ていたダウンベストから
もろみの香りがよみがえります。
f0060530_132621.jpg

偽装蔵人として過ごした二日間が愛おしい!
奈良に帰りたくなりますね。
加藤杜氏、専務蔵元をはじめ蔵人の皆さんに
改めて御礼申し上げます。

しかし・・・うーん・・・。

心の中が盛り沢山過ぎて書けません(笑)

タイトルならばいくらでも浮かびます。

「久保本家~男が男に惚れる旅~」
「無言の蕎麦喰い」
「世界へっぴり腰選手権日本代表」
「自分らの呑みてぇもん造ってるだけやけぇ」
「加速装置?サイコガン?」
「小林カツ代を雇おう」
「ジャミラ?」
「京都「T」で睡龍生酛純米原酒15BY」
「吉本新喜劇にはまる」
「エロスなんて常識」
「オフロード走行なんだね!」


などなど(笑)
ま、ゆっくり書いていくことにします。

f0060530_128649.jpg




さてこの中に偽造蔵人がひとり・・・。

by soba-kiri | 2008-01-24 01:34 | 社会科見学 | Comments(8)  

ゆばせいろの食べ方+α?

ちょいとお知らせです。
・1月21日(月) 定休日
・1月22日(火) 臨時休業 店主研修のため


さてご好評いただいております「ゆばせいろ」ですが
「どこから、食べてよいか判らない」との声がかかりました。
大変無粋ですが食べ方指南をば(笑)

1)生ゆばを熱いつゆにくぐらせてパクリ。
濃厚な豆乳と汁が絡まって「ぬおぉぉ!」のところに
(※)「どぶ」をグビグビ!ハァ~ン♪

2)生ゆばに梅肉をつけてそのままパクリ。
「おおっとこれはいいねぇ!とか言ってる暇もなく
(※)繰り返す

3)添えられた「汲み上げゆばの天ぷら」を熱いつゆに浸してパクリ。
「どわぁ!!豆乳が・・・豆乳が!!」とか言ってないで
(※)繰り返す

4)生ゆばと蕎麦と梅肉を一緒にパクリ。
「うーん!蕎麦と梅とゆばがぁ!!」とか声にも出さず
(※)繰り返す

5)ゆば天と蕎麦を絡めてパクリ。
「もぉ!ちょっと!これって・・・」なんて言わないで
(※)繰り返す

というわけです。つまりなんでもよいと!
f0060530_16252058.jpg

え?この画像?

「霙ゆば天そば」ですね♪

何ぃ聞いてねぇぞぉぉぉぉ!!!!!

by soba-kiri | 2008-01-19 16:25 | お知らせします! | Comments(8)  

ゆばせいろ

日常を豊かにする一品が完成しました。

香川の讃岐うどん
沖縄の『すば』
長崎のちゃんぽん
ベトナムのフォー

皆、魅力的な食品です。

何故だろう?

麺類だから?

やっぱわかんないっす(笑)

というわけで「ゆばせいろ」です。
f0060530_8295355.jpg

コテ盛りのゆば。
f0060530_8301512.jpg

梅肉をチョンと…いえ、むしろたくさん載せて
熱い付け汁に浸してまずはゆばだけ頂きます。
f0060530_8304311.jpg

一応、2月一杯の予定です。

by soba-kiri | 2008-01-16 08:38 | お知らせします! | Comments(15)  

今月は鷹勇&豆腐Yo!

本題の前に…
今年は対話できるブログを目指します(笑)

さて今月のお酒は
「鷹勇 純米吟醸なかだれ 650円」です。

このお酒は、私が蕎麦屋酒を始めた頃に出会った思い出深い酒。
(ま、キンキンに冷えた冷酒として供されたけど…)
新年にはふさわしいものがあるかと思います。

酒の「味わい」について当ブログでは語ったことはないけど
強いてたとえるなら
「三代目 桂三木助の『芝浜』」です。
端正で奥深く、切れる…そして優しい。
日本人に生まれてよかったと思わせる作品です。
f0060530_164515.jpg

「ちょいと!画像の下のほうのソレ何なのさ!!」

え?これですか?

f0060530_1123852.jpg

これは「豆腐Yo!」です。
レシピを公開します。
1 神亀の大吟の粕と石野味噌を混ぜる。
2 「生もとのどぶ」をちょろり。
3 いい塩をパラリ。グチャグチャ混ぜます。
4 賽の目に切ったクリームチーズを混ぜ込む。
5 完成

あ~ら不思議!沖縄の「豆腐よう」にそっくり!
さらに図々しく言うと「山本彩香の豆腐よう」にクリソツです。

さあどうする!どうする!

(対話はどうした?)

by soba-kiri | 2008-01-13 01:26 | 今月のお酒 | Comments(12)  

新商品は茶色♪

一度眠って復活して書いてます(笑)

そう、山葵漬けが品切れなので
お通しは「クリームチーズの西京漬け風」です。
(何じゃそりゃ?)

本題

新商品を発表します。(ドラムロールを再生してください)

ジャーン!!(寒いなぁ)

・蕎麦クレープ(2枚 レバーペーストを添えて)  750円

・レバーペーストの特徴
小笹屋竹鶴をタンマリ吸わせた鳥レバーがエロス全開です。

・蕎麦クレープの特徴
試作を繰り返し最適な粘度を見出したクレープ液。
しかしクレープと言っていいのかどうかわからないほどの素朴感。
どこぞの砂漠の民が焼いていそうな薄焼きに仕上がりました。

このふたつが合わさることで
純米燗酒に最適なつまみとなるのでした。
つか、目的はそこしかないのです。

人生って面白い。
まさか自分がこんなことを・・・の連続。
まさか蕎麦屋のオヤヂがレバペを作って
トレビア~ン!
とか言うことになるとはね・・・。

by soba-kiri | 2008-01-11 02:31 | お知らせします! | Comments(10)  

営業開始&夜休み

ちょいとお知らせします。

・本日より新年の営業を開始します。
・ただし昼の部のみの営業とさせていただきます。
・本年度より諸費税消費税をお預かりすることになりました。
若干の値上げとなります。ご承知おきください。
(HPはまだ直しておりません)


改めて今年もよろしくお願いします。

by soba-kiri | 2008-01-05 08:56 | お知らせします! | Comments(4)  

カラスミを喰らう

イデア

なんつー言葉があります。
よくわかんないけど
現存しない究極の“カタチ”やら“存在”があって
全てのものはそこに何とか辿りつこうとするらしい?
うーんまぁ「文楽」なんかはその極みだと思うし
おこがましいけど蕎麦にもイデアを感じます。

f0060530_042149.jpg

f0060530_0424113.jpg

f0060530_0431967.jpg


教わったとおりにやってみました。(うーん贅沢だ!)
酒はエロス無添加、どぶ、酸味一体を合わせました。
認識できない領域
無意識の領域に攻め込んできます。
主(あるじ)不在のマリアージュ(笑)
幸せです。

ありがとうございました!

by soba-kiri | 2008-01-05 00:50 | たまにはこんな感じで | Comments(6)  

年越し蕎麦ってぇやつは…。。【四】

新年明けましておめでとうゴザイマス。

大晦日を何とか切り抜けました。
おととし、昨年のような極度の疲労もなく。
いい感じに全身の力が抜けた元日でした。
「まるで耐久レースのような蕎麦打ち」
やり遂げた感慨に包まれる。

私の尊敬する蕎麦屋さんがかつて漏らした言葉
「年々体も楽になるしよ」
その意味が少しだけ判ってきたかな。

一年間にさばいた穴子の量

約150キロ

一年間に蕎麦を打った回数

約1600回(たぶんね)

経験を積み重ねることでしかたどり着けない境地がある。
かつてはそんなこと思いもしなかったけどね。
だから私にとっての年越し蕎麦の意味は
自分の到達ポイントを自分で感じる機会なのかも。
いずれにせよ今年もいい経験を積み重ねていきたいものです。

年男(24歳)ですから♪
f0060530_093558.jpg

f0060530_0101828.jpg

by soba-kiri | 2008-01-02 00:18 | たまにはこんな感じで | Comments(6)