<   2007年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

豆撒きぃ?恵方巻きぃ?やっぱ節分蕎麦だぜっ!

いやぁ「納豆ブーム」が一転「捏造問題」いいじゃないですか!
“食”なんざ実験で語るべきものじゃないでしょ。
そんな、おいしいネタが毎週毎週何年もあるわけ無い。
(グルメ情報に関しても同様なことがいえるが)

・柚子湯に入って南瓜食ったのに風邪をひいた。
・年越し蕎麦を食べたのにいいことなんてなかった。
・土用にうなぎを食ったのに夏バテした。
・初物を食べて東を向いて笑ったことなんてないけど、何か?

これって捏造ですか?

いいじゃないすか、ゆるくたって、ねぇ。。

民間伝承にはその民族の経験の積み重ねが反映されてると思います。だから・・・

節分蕎麦ァ!!

あ~ゴメンナサイ。そこの人!引かないで、引かないで。ちゃんと論証しますから。

え~年越し蕎麦は本来大晦日じゃなくて「節分」
つまり、立春を迎える前日に「内なる厄払い」として食されていたらしい。
(時代や地域は知りません)
もちろん「外なる厄払い」は豆撒きで、結界は「イワシの頭」とヒイラギ。
だから順番として、「内」「外」「バリアー」となるわけで、非常に分かりやすい。
ここで「内」が欠けていいものでしょうか?

否である!(多いなこの展開・・)

う~む、除災招福の観点から論じるとやはり無理があるなぁ。
ちょいと蕎麦屋の経験則を応用してみましょう。

実は蕎麦が一番旨くなる時期なんです。

毎日、蕎麦を挽いて打って食ってるとその味わいの変化が感じられます。
新蕎麦の頃は、フレッシュな風味こそすれいまいち味に深みがないかんじ。
年が明けて寒さが厳しくなるほどに穀物としての甘味が増して味わい深くなる。

そう、まさに、この節分の頃に蕎麦の実は熟成してくるのです。(かな?)
分析なんてしたことないけど「旨い」ってことは
栄養が吸収されやすい状態になっていることを意味します。

つまり先人たちは・・

「本当の蕎麦っ喰いは新蕎麦なんかじゃなくって
寒のころの蕎麦を食ったもんなんだぜぇ!」


そんなことを言いたかったのじゃないでしょうか?

それにしても「蕎麦」「大豆」「イワシ」なんて完全に日常食材
それが無敵の厄除けアイテムなんて素敵じゃないですか?
もしもイタリアに節分があったら・・・なんて妄想します。
「モッツァレラチーズ」を食って「オリーブオイル」を撒いて、
月桂樹の枝に「カタクチイワシ」を刺すのかな?(南部っぽい?)

ここで一気に飛躍して
「日本人の生物学的な必然性としての節分蕎麦」
なんていうとおこがましいでしょうか?
縁起担ぎでも蕎麦屋の経験則でも計り知れない
「まあ、いいから食っとけ」と
何か高次元の存在からの声は聞こえませんか?(聞こえねーよ!)

えー、いろいろ書きましたが、難しく考えても蕎麦は旨くないです。

「お、節分蕎麦!いいねぇ!ひとつもらおうじゃねーか。
オウッ!これで怖いもんなしだぜ!」
というシンプルな精神構造こそが健康に寄与するのではないでしょうか。

by soba-kiri | 2007-01-27 00:58 | お知らせします! | Comments(4)  

今月のお酒はかなりすごいです。

これです。これです。
f0060530_065977.jpg

「 竹鶴・雄町純米にごり酒 ~酸味一体~ 」
紹介しておいて不安になるんだが
この酒は今後、竹鶴の定番になるんでしょうか?
なんか再現性が感じられないです。

造ろうと思って造った酒じゃないような気がします(笑)。

まさにエロス酒、放し飼いの極致ですね。

え、味の解説をしろ?

いやぁそれはちょっと・・・
売れると減っちゃうじゃないですか。
すると私の呑めるのが・・・。

初めてです。売れて欲しくない酒を紹介するのは。

お願いです!注文しないで!

(なら売るな!!)

いいじゃないですか。ほら、他にもこんなにありますよ。隠し酒が・・・

・真穂人 上槽中汲 05年12月蔵出し
・ひこ孫 純米吟醸槽口 草 96年3月蔵出し
・秋鹿 もへじ 純米吟醸 無濾過原酒 火入れ 17BY
・秋鹿 7号酵母 雄町 無濾過生原酒 17BY
・鷹勇 やまおろしはいしもとしこみ 山廃純米 9BY (未開栓)

お声かけくださいませ。適価にてご提供します。

by soba-kiri | 2007-01-18 00:40 | 蕎麦屋酒をやりましょう | Comments(6)  

未来の酒

なんだか仰々しいタイトルで始めてしまいました。
f0060530_23563518.jpg

昨年末に「ひこ孫 純米吟醸槽口 草 9BY」を呑んで痛切に思いました。
「こんな酒、定価の6000円(1.8ℓ)やそこらで呑んでいいのかな?」
10年貯蔵。温度管理完璧。熟成、これも完璧。
あきらかに安すぎです。
ワインボトル(720ml)換算すると大体2500円でしょ。
あ~白でも赤でも2500円から3000円のワイン持ってきな~!
んで勝負してみなっ!神亀の圧勝だぜ~!

私には見える・・・未来の日本酒が!

「え?マジ?小川原商店の貯蔵で9BY?
よく手に入ったね~!四合ビンで2万円?
安いよ~!あの冷蔵庫すごいよねぇ!
呑む?いやいや、まだまだ早いよ!
20年は寝かさなきゃ真価は出ないんじゃない?
いい買い物したねぇ!」

なんて会話が交わされる日が5年以内に来る。(と思う)

もし、私がIT長者だったら、すかさず買い占めるね、絶対(笑)。

そんな、ヴィンテージな価値を持つ酒を普段着な価格で楽しめる私たちはシアワセ。

で、酒のラインナップを変更しました。

選定基準は・・・
「発酵食品(飲料)として完璧なもの」
で、その判断基準は・・・
「高音の燗に耐え冷める過程がエロティックになまめかしいもの」

こんだけです。

酒販店よりも自由な蕎麦屋の基準です。

以下蛇足

蕎麦屋の酒に対するスタイルはいろいろあって、それこそ自由だと思うけど
ホントにいい酒を応援していかないと将来いい酒が飲めないんじゃないかという
不安を感じます。子供たちに遺す酒を真剣に考えた方がいい。

いろいろ呑み比べてみるのもいいが
本当にチカラのある酒というのは一見地味な味わいです。
辛くもない、香りも良くわかんないし、変な味。だから目立たない。
しかし、熟成させ、燗にして、食い物に合わせれば
とんでもないシアワセが待ち構えています。

by soba-kiri | 2007-01-16 00:19 | 蕎麦屋酒をやりましょう | Comments(6)  

おおっと!「あさひや農場」さまからサンプルがっ!

まずは画像だね。
f0060530_1384858.jpg

ミクシィで久しぶりの再会をしてしまった「あさひや農場」さまから
「今は一番モノがない時期なんだけど」ということだが荷物が届いたです。

どんなモノだとか以前に凄ぇウレシイ!
農産物ってどんなものでも「無から有を造りだす」ものだ。
私は農民と発酵食品製造者にとてつもないリスペクトを持っている。
加えてそれが、かつて異常に身近だった人からのものとくればヒトシオだ!

石川杜氏の「酸味一体」
加藤杜氏の「どぶ」
んで、あさひや農場の農産物

造ってる人の顔が思い浮かぶ。感謝です。

さて何が来たの?

・もち米5キロ
「あ゛~先輩、すっかりロットが農家だなぁ~」と実感。
いきなり多すぎです!それもうるちでなく「もち米」とは!
でも、我が家は大の赤飯好き家族。ありがとうございます!
(ささげは作ってないんですか?)
おこわもやってみましょう!

・かぼちゃ(白皮)
さっそく割ってみました。
匂いを嗅ぐと、貯蔵品とは思えない香りの強さ。
「あ~カボチャって、ウリ科だったんだな~」と再認識させられます。
肉質は粉質ではなさそう。洋風な料理がいいかな?
我が家ではカボチャのグラタンが最近のヒットなので試してみます。

・花豆
・花豆の煮たやつ

煮たやつ、最高!「塩、てんさい糖、醤油で煮ただけ」
見た目は豆類とは思えないほどデカくて異様な存在感があるんだけど
豆の肉質(?)がいいでしょうね。口の中でほどけます。
こんなのが来た日にゃ、やっぱこいつでしょう!
f0060530_2114034.jpg「真穂人 上槽中汲」
しっかし、この花豆は凄い!
見た目が凄い!

手塚治虫の「火の鳥」で
地下世界の主人公がボディと尻尾だけのネズミを
から揚げにして食うシーンがあるが
なんかそれを連想させるような強烈な存在感。(失礼!)

でも味わいはホントにいいです。

これもさっそくまねしてみますね!

by soba-kiri | 2007-01-13 02:21 | たまにはこんな感じで | Comments(2)  

煮込みデビュウ!!

酒に導かれるままにここまでやってまいりました。
f0060530_2522771.jpgやっと完成さぁ。

首皮

こんにゃく

豆腐

ゆで玉子

八丁味噌

そばのかえし

にんにく

しょうが

日本酒

でもって

前回の残り汁





自分でも身もだえするような煮込みの完成です。
なんも工夫のない煮込みなのですがメチャうめー!
ぜひ21世紀の蕎麦屋のスタンダードに育てたい。

お蕎麦屋さん読んでたら真似してね。

これにデンジャラスな相性を見せる酒があります。
f0060530_303239.jpg

汝、三位一体の名において命ず「煮込みを喰え!!」
とイエスさまが言ったかどうか知りませんが。
八丁味噌の渋味、竹鶴の酸味と渋味
マリア~ジュですがな!

若者風に言うと

「ヤバイっすよ!これ!」(合ってる?)

つーわけで、酒のラインナップも変えました。

秋鹿 純米無濾過原酒
ひこ孫  純米3年熟成
生もとの『どぶ』
小笹屋 竹鶴 純米原酒


こうなりゃ直球勝負!!これらの酒に引きずりまわされていきますよ(笑)。

そのほかにも隠し酒を・・・。

by soba-kiri | 2007-01-10 03:13 | お知らせします! | Comments(4)  

年頭にあたり抱負など

改めて、新年を迎えられた慶びを感じる今日この頃
抱負というか今年度大切に思っていきたい事柄を確認したい。
もちろん「お客さまに喜んでもらう」という前提は普遍で不変。

①「はかなさ」を大事に

暮れにJBが亡くなりました。
JBは死なないと心のどこかで思っていた節があります。
でもやっぱり生き物だったんですね。永遠な物質じゃないんだ。
ジャッキー・チェンだってもはやいい歳です。

・・・・何が言いてぇんだぇ?

うーん何だろう、いつの間にか「永遠に続く蕎麦屋」になろうとしていたのかも。
そんなものは何処にも無いのにね。並木の藪だって永遠ではない。
そんなものを意識したっていいことは何もない。可能性が閉じられるだけ。

一転、じゃ、無限の可能性に目覚め挑戦を続ける・・・というのでもないなぁ。

ま、たかが蕎麦じゃないですか。

志ん生得意のフレーズですよ。
「てめぇなんざぁシャツの3番目のボタンみてぇなもんで
あってもなくってもどぉでもいいんだ」
この心意気です。

人形遣いの故吉田玉男さんは
生涯、大名跡を継ぐことを嫌って通しました。その理由が
「そういうのは、なんとのぉ居らんようになっとるのがええ」です。

はかないがゆえに美しい。

「40秒でしたくしな!!」といわれて家を飛び出せるだろうか?

注)もちろん経営的な話ではありません(笑)

②農業にかかわる

もともと農業をやりたかった。
その想いを別に封印することはないなと気楽に思いました。
まだ具体案は無いけど
近場で畑をひとつと、どこかで蕎麦の栽培もやります。
じゃあ、収穫した蕎麦はどうすんだい?
そんな先のこと考えていたら先に進みません。

③小冊子をつくる

「こうすりゃもっと蕎麦屋を楽しめる」といった内容の小冊子を書きます。
出来るかな~?
協力者募集で~す。

ありゃ?3項目だけか?
文字化するとたいしたこと無いね。
ま、もともと大したことじゃないということもあるけど。

まずは自分が面白くなきゃね。
今年もよろしくお願いします!!

by soba-kiri | 2007-01-05 01:37 | 蕎麦屋点描 | Comments(6)  

任務完了!

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

f0060530_1511728.jpgと、ありきたりなのですが突き詰めればこれ以上の気持ちはないわけで、平静のうちに新年を過ごせることを心から喜びたい。

特に2006年は、ブログ、ネットのおかげで酒や蕎麦好きの方々と交流することができました。今年もまた新たな世界を広げて行きたいところです。
(画像は母が京都で買ってきたお手玉)


さてJBの訃報から始まった当店の怒涛の年末も無事終了。
たくさんのお客さまにご来店、またはお買い求め頂きました!ありがとうございます!
一方クリスマス明けには予約受付終了という申し訳ない状況に・・・。

「商売なんだから、もっとがんばれよ!」

そりゃそうなんですけど・・・。

29日 120食
30日 50食
31日 300食   合計470食

お持ち帰りの蕎麦の量でした。

一回の蕎麦打ちで約13人前とするとだいたい36回打つことになります。
一月に一回趣味で蕎麦を打つ人の3年分です(笑)。
その他に市場に行ったり、穴子をさばいたり、店も通常に営業するし(アタリマエダ!)。
そばつゆもた~くさん製造しました!

いったい、いつ眠るのか?

いや~大晦日が毎月あったら間違いなく死んじゃいますね(笑)
やっぱり30日の夜は朝まで夜っぴて蕎麦打ちでした。

しかしお正月現在、疲労感はあるが筋肉および関節に異常はないです。
少し余裕が出てきたのかな?この余裕をもっと面白さの部分に回したいね。

というわけで任務完了。ご注文、ご来店ありがとうございました。

任務完了のご褒美・・・「ひこ孫 純米吟醸槽口 草 9BY」
f0060530_244397.jpg















友人が小川原商店の冷蔵庫で発掘しました。ものすごい熟成です。旨い!旨すぎる!
会計しようとしたら「売っていいか聞いて来ます」と蔵へ走っていかれたそうな。

売ってもらえてよっかった~!

温度を変えていろいろと・・37℃40℃45℃それぞれ旨し!
うーんご褒美その2の「かぶら寿し」にピッタンコだぜ!
こういう酒と肴に出会うと「発酵食品って凄ぇ!!」と思う。
自分で発酵に携わらない蕎麦屋のちょっとしたコンプレックスです。
だから、せめて“かえし”や“つゆ”の熟成には気を配りたいんです。
(だからたくさん造れないの・・え?言い訳っぽい?)

・ふぐの卵巣の糠漬け
・ふぐの身の糠漬け
・天然ワサビの漬物
・千枚漬け
・京壬生菜
・豆のおひたし
・鯖の棒寿司
・生麩(粟・胡麻)
・椎茸の煮たやつ
・鶏皮の八丁煮込み

などなど何だか京都っぽいのは気のせい?
誰が買ってきたんだい?

とまあ、徹夜明けの宴は続くのでした。

by soba-kiri | 2007-01-02 03:15 | 蕎麦屋点描 | Comments(2)