<   2006年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

part1. まずはビールに焼きみそということで…

f0060530_011555.jpg休日の午後4時ちょっと前
蕎麦屋酒をにはうってつけの時間帯、いきつけの蕎麦屋の暖簾をくぐりました。
(・・ってうちじゃん)
雨でほかの客も少ない様子。

ここは、まずはビールから。




キリンクラシックラガー中瓶 550円

突き出しの塩豆がうれしい。
こちらの店ではグラスではなくよく冷やした焼き物のビアマグである。
内側が素焼きになっていてクリーミーな泡が最後の最後まで消えない。
店主のこだわりが感じられます。


f0060530_0112094.jpg

焼きみそ 280円

がやってきました。店主にうかがったところ、
「西京味噌に蕎麦の実、ユズ、大葉、ネギ、鰹節、胡麻、胡桃なんかを混ぜています。」とのこと。
これは日本酒が欲しくなりますね。
さて今日のおすすめは何でしょう?
おや「今月のお酒」とあります・・・。






       続く・・・

(なんて感じでヴァーチャ蕎麦屋酒、当店の酒肴などを紹介していきます。)

以下独白

ちなみ、このビアマグは栃木の「みかも焼」という窯元の品で
店主が直接買いに行きます。東北自動車道佐野インターから10分。
当店からは高速を飛ばして(時速90キロで)1時間ほど。
素朴で実用的な器がそろっています。
一見すると「?」な器も、実際に使ってみると「!」に変わる。
器の面白さですね。

by soba-kiri | 2006-02-27 15:03 | 蕎麦屋酒をやりましょう  

埼玉全36酒蔵大試飲会!!

f0060530_2332227.jpg
行ってきましたよー!
「埼玉全36酒蔵大試飲会」
なんというファンキーな響きでしょう。

・未成年お断り
・車での来場禁止
・おつまみ持込不可

なんでそんなに煽るのさ。

そんなわけで浮かれた店主が撮影したのはこの看板のみ・・・。

われながら大バカです。



さてさて、お目当てはいつもお世話になっている
神亀さんであることは言うまでもありません。

会場は予想通りの、大変な人混み!何とか入り込めたものの
しばらくは呆然と群れの外でポツネンとしてしまいました。
すると突然、今宮酒店さんが
「お!もう全部回ったか?」と声をかけてくれました。

More

by soba-kiri | 2006-02-22 00:09 | 蕎麦屋酒をやりましょう  

そばの食べ方③ ~そば湯をどうするか?~

f0060530_0161415.jpg














・・ちょいとドアップですね。
当店の日本酒のおつまみ「わさび漬け」です。
うめーですよー。今回は「わさびのしょうゆ漬け」にも
使ってしまったから少なくなっちまいましたが
前回紹介したわさびの葉の部分でこしらえるものです。

え?「これさえあれば何もいらない」?
そいつは、ちと困りますなぁ。

前回、高倉健の蕎麦の食い様をあれこれ書きました。
私は、よく晴れた日などは空を見上げて
「うーむ、山田洋次映画のような空だな」とつぶやくほどの山田ファンですが
ふと「あれ?山田洋次映画で蕎麦を食うシーン・・・ない・・か?」なのです。
ありましたっけ?だれか教えてください。
でも、寅さんが粋に蕎麦を手繰るなんて・・変です。
寅さんはのびきったかけそば、固まったざる蕎麦がいいんですよ。

ね。

さてさてタイトルの話題。

~そば湯をどうするか?~

いきなり結論

「そば湯を飲むことはその店のだし取りを見極めること」なーり。

お客さまとのこんなやりとり。

More

by soba-kiri | 2006-02-18 00:49 | 蕎麦屋酒をやりましょう  

蕎麦の召し上がり方② ~格好悪い健さんもカッコイー!~

f0060530_2254530.jpg

画像は先日到着したわさびです。
葉の部分は刻んでわさび漬けと醤油漬けにします。
鮫皮のおろし器で丁寧にするとねっとりとして
蕎麦の香りを引き立てる甘味さえある良いわさびです。

前回、小澤征爾さんのそばの食い方を批評しましたが
映画の世界では「ブラック・レイン」のなかで高倉健が演じる刑事が
登場シーンで出前のざる蕎麦をデスクで食っているのだがご存知でしょうか?
「不可解なものを食う日本人」という米国人の視点と
日本人の眼から見ても「ちょいとイケテナイおじさん」の雰囲気が
ごちゃ混ぜになって非常に良いシーンです。
なんともかっこ悪さがかっこいいのですね。

まあ今となっちゃ、「蕎麦 soba」は世界語だし
西欧のエリートは箸が使えないと笑われるらしい・・・。

さて本題!
蕎麦の召し上がり方②

私が考えるところのスタンダードを提案します。

(準備)
箸を割り、つゆ徳利からつゆを少量猪口に注ぐ。
この段階で薬味は入れない。

さあ!それからどーした!

by soba-kiri | 2006-02-16 22:37 | 蕎麦屋酒をやりましょう  

蕎麦の召し上がり方①  ~小澤征爾さん、ちょいとそいつは・・・~

f0060530_236244.jpg

画像は・・意味ありません。
「ちょく ばさし ???」
なんじゃそりゃ!屋号?
ちなみに馬刺しは大好きです。



~ 閑 話 休 題 ~

さて本筋っ!

いつだっけか、TVで小澤征爾と星野仙一が蕎麦屋で対談する番組を観ました。
内容は完全に忘れましたが唯一記憶に残っているのが
小澤征爾がそばを食べるときに蕎麦猪口を左手に持たず置いたまま
いわゆる犬食いをしていたことです。
詳細は覚えていませんが星野仙一もろくな食い方をしてませんでした。
確か、一度につまむ蕎麦の量が多すぎる
「ああスポーツ選手も指揮者もこんなもんかねぇハァ」てなもんです。

「だからなんだ」といわれればそれまでですがね。。

学生時代川下りをしていたころは電車で川を渡るときでも
川面を見つめライン取りをしていました。
そいつとおんなじでしょう。

はい、ちっとも本筋じゃないですね。

何故つゆにどっぷりつけるのか?
これを今回は考察します。

More

by soba-kiri | 2006-02-13 03:11 | 蕎麦屋酒をやりましょう  

心に響いた鴨南蛮

f0060530_1712518.jpg












おとといの金曜の昼にお一人でお見えになって
鴨南蛮を召し上がった男性のお客さまが
勘定を済ませお帰りになるときに

「とてもおいしかった!感動した!」
眼を潤ませているではありませんか

よくよく話を伺うと
「じつはある病気の治療の副作用のせいで
味覚障害をおこしているので何を食べてもおいしくない。
ところが、今食べた鴨南蛮は、まろやかな味わいが
すごくよく感じられておいしかった。感動しました。」
というわけでした。

More

by soba-kiri | 2006-02-13 01:51 | 蕎麦屋点描