カテゴリ:蕎麦屋で憩い隊!( 6 )

 

麹也@銀座二丁目

国立劇場小劇場。終演直後のまだ熱気が残る床。
そんな文楽の熱気に酔ったまま寄る店が出来てしまった。
f0060530_238470.jpg

常温放置で調教中。
f0060530_2310305.jpg

長唄が静かに流れる店内。
f0060530_2311529.jpg

とりわさ
f0060530_23113856.jpg

しめ鯖
f0060530_2313253.jpg

かぶの浅漬け
f0060530_23133176.jpg

わかさぎの南蛮漬けが睡龍に合うのは必然。
f0060530_2314027.jpg

蕎麦は十割。作り手の気風のよさが伝わってくる。
f0060530_2315873.jpg

そうそう、どぶはこんな感じで供される。18BYなり。
f0060530_23173358.jpg

f0060530_2318124.jpg


石川さ~ん!呑み切り会に呼んであげてくださ~い!

加藤さ~ん!造りが終わったら是非どうぞ!

by soba-kiri | 2009-02-24 23:21 | 蕎麦屋で憩い隊!  

一如庵@宇陀

大宇陀の蔵を出て榛原駅まで行きそこからタクシーに乗る。
久保本家からちょうど山をひとつ挟んだロケーション。

「一如庵」
f0060530_1802386.jpg

窓際の席から小さな庭と入り口の暖簾を眺める。
考えてみたら今日は3時50分くらいから起きているなあ。
さっきまで櫂入れやっていたのが信じられない。
体に沁み込んだもろみの香りを吸い込むように深呼吸する。
f0060530_1805459.jpg

・一之膳 1600円を頼み。お酒を頼みたいと伝える。
・大根と生麩の炊き合わせ
お酒のリストを見せてもらう。あるじゃあ~りませんか!
・睡龍 純米吟醸 1200円
若いご主人が「こちらは地酒なんですが…」と勧めてくれた。
他のも勧められそうになるが「これでいいです!お願いします!」
もうちょっと熱くてもいいなと思いつつ呑むと
心がグワッと蔵に幽体離脱してしまう(笑)
f0060530_1813892.jpg

・カミナリ豆腐の寒天寄せ (右)
・椎茸のみぞれ和え (中)
・菊菜と菊花の白和え (左)

f0060530_1835966.jpg

・もりそば
隣の席のお客が産地を聞いていた。
福井と茨城のブレンドのようだ。
f0060530_182473.jpg

・玄米の小豆ご飯と漬物
加藤杜氏も「あのご飯は旨いけどな」と仰っていた。
「炊いてから4日間寝かせております」とのこと。

車で15分くらいで久保本家に行けるのにね。
「どぶ」や「睡龍」に目覚めたら料理もきっとパワフルに変わるだろうね。

でも憩えました!「体たら毒が抜けていく感じ」なんていうと月並みでしょうか?
毒は私の大事な主成分なので抜けたら困っちゃう(笑)

by soba-kiri | 2009-01-27 18:01 | 蕎麦屋で憩い隊!  

鴨なんばん@並木藪

f0060530_032390.jpg

f0060530_0323143.jpg
f0060530_034597.jpg

以前、ニュースステーションで
「最期の晩餐」というインタヴュウをやっていたのを憶えている。
志ん朝も出ていた。死ぬ前に食いたいものと問われて…

「父がろくでもない死に方をしまして
兄(馬生)も早死にをしました。
母から勧められて、何かを断つことにしました。
それが好物の鰻なのです。
だから死ぬ前には一度鰻が食べたい。」
(うろおぼえだから細部はテキトー)

そんなことを話されていた。
志ん朝師匠、鰻食ってあの世に行ったのかな。

私が死ぬ前に食っておきたいものは
並木の「鴨なんばん」です。そこに尽きます。

でもゼイタクを言えば…
キクマサではなく
熱々の「どぶ」と「小笹屋竹鶴」「ひこ孫」を目の前に並べ
汁、蕎麦、鴨、つくね、さらにワサビを載せた鴨などを交互に味わいながら
少し残った汁に薬味ねぎを入れたのを啜りつつ
あの小ぶりのドンブリに顔を突っ込みながら死にたい(笑)

翌日、自分で鴨南蛮を作って食ったのは言うまでもありません。
結果、かなり旨いけどこれでは死ねない!でした。
いつか「もう死んでもいい!」くらいの蕎麦を作りたいね。

by soba-kiri | 2008-11-29 00:55 | 蕎麦屋で憩い隊!  

桜えびfrom相模湾!!

な~んか当ブログへのアクセスがちょっと増えてるのは

何故??

ちょいと検索試してみました。
「酒とつまみ」で検索したら…おおっと!2ページ目じゃん!!
んで「雑誌 酒とつまみ」で検索したら

二番目じゃん!!!!

大丈夫か?「酒とつまみ」??注目されてるのかい?

んなこたどうでもよい!

桜えび入荷しました♪

この週末くらいは何とかなりそうなので是非ご賞味荒れ!

by soba-kiri | 2008-11-28 09:29 | 蕎麦屋で憩い隊!  

達磨@広島県豊平町

ある10月の小雨の降る昼前
浅草は並木の藪に駆け込む。
お銚子を熱くつけてもらい一息つく。
開け放たれた扉から外を見るともなしに眺める。
ざるをもらいさらに一息。
ああ!日本人に生まれてよかったなぁ~!!

f0060530_0502515.jpg

そんな浅草から遠く離れた広島県豊平町にある「達磨」
名人、高橋さんの店?道場?である。

この豊平で感じたのは
「おまえさんたち、これより美味い蕎麦打ってるのかい?」
そんな高橋さんの声が聞こえるような蕎麦だった。
作り手としては何かラインを引かれたかんじ。
私はこれより旨い蕎麦を打たなきゃいけないのはもちろん
当然だがこれより不味い蕎麦も作ってはいけないのね。

八分の力なのかな。

全体に気張ってない。
蕎麦の香りより小麦の香りがまさってる。
つゆも山梨時代より淡い。
名物のワインビネガーも使ってるのか判らない。
ずる玉で茹で時間は10秒くらいかな。

でも旨い。これはこれで楽しめる。
変に気張った蕎麦より格段によい。

だからこれでよい。これでいいのよ。

しかしここで修行する若い人に問いたい。
ここで修行してなんになるの?面白いの?
10年前の自分なら身もだえするように入門したがったろう。
でも、現在ならありえない。
だって面白くないもんね。

by soba-kiri | 2008-10-30 01:14 | 蕎麦屋で憩い隊!  

出撃!蕎麦屋で憩い隊!!

「蕎麦屋で憩い隊」
それは国籍も人種もばらばらだが
蕎麦屋で憩いたい。何か癒されたいと
切望するものたちで組織される特殊部隊である。

某月某日

特命を帯びたわたしは都内某所
オッサレセレブの集う街
私のようなイナカ者は脱出不可能といわれる
オッサレバミューダトライアングルに潜入した。

・先付け
 季節の野菜と生ゆばの酢の物さっぱり洋風

・すだちそば (熱いそばね)

・何かメインのような三種
 大和芋と焼き海苔のバター炒め
 パプリカを生ゆばで巻いてマスタードドレッシングをかけたもの
 ニシンの煮たの

・出汁巻き&鴨ロース

・季節の天ぷら
 サイマキ
 穴子(これは無理矢理)
 ブラウンマッシュルーム
 カリフラワー
 新バス
 ごぼう
 トウモロコシ

・蕎麦 
 くるみそば
 細挽き蕎麦

・桃とミントのゼリー

素晴らしい!
特に蕎麦は細くしなやかでエロスさえ感じる。
ぜひとも真似したいですよ!ホント!

では憩えたか?

否!!

ホールのお兄さん目障りです。
調理場のお兄さんの履物
(あの、エスカレーターに巻き込まれるやつね)
目に付いて仕方ないです。

え?酒のセレクション?
酒の紹介文の冒頭に
「雑誌でも大きく取り上げられた…」とか
書いている人間と何を分かち合えと???

でもね、いいの!いいのよ!
こんな回り道が人間を大きくしてくれるのよ!
正解だけを求めていては人間が狭くなるだけ!
回り道の距離を分かち合いたいね(笑)

by soba-kiri | 2008-09-09 02:06 | 蕎麦屋で憩い隊!