カテゴリ:文楽( 5 )

 

「闘う三味線 人間国宝に挑む ~鶴澤清治~」を観て

「自分の理想の百分の一も出来てない」

鶴澤清治さんの言葉が刺さりました。

“自分の理想”すら判らん私です。
そのくせ好き嫌いばかり撒き散らす。

もっと“高さ”なり“深さ”とかをを見つめないといけない時期だ。

by soba-kiri | 2009-03-12 00:58 | 文楽 | Comments(0)  

鶴澤清治さんに会いに行きます。

先週の月曜は文楽2月公演を3部通しで鑑賞。
11時から21時まで!尻っぺたの痛いこと!

でもよかった。

鶴澤清治さんの演奏を良い場所で堪能できた。
小劇場の9列24は通路側。右手に床だ。

2007年以来足掛け3年の文楽通い。
最初は文楽の圧倒的なライブ感に打ちのめされた。
(ま、それは今でも同じなのだが)
次第に、物語にのめり込むようになり
時たま幻のように現れる「あまりにリアルな瞬間」に震えた。
(もちろん、現在も同様だが)

で、現在(今回)はというと
よく判らないのだけど「余裕が出来た」かな。
“間”とか“受け渡し”がようやく感じられるようになった。
太棹三味線の音色も基本的に“もっさり”したものなんだな、と実感。

え?飽きたのかって?
とんでもない!

人形にしても、太夫にしても、三味線にしても
ひとつだけ見たらたいしたことのない芸なのかもしれない。
それが三業一体になったときの無限パワー。
ホントに凄いです。

「文楽、一回行ってみたいんだよね」
そんな人は来ないでね。

「あの蕎麦屋、一回行きたいんだよね」
うん!一回でもいいから来てチョ(笑)

で、何が言いたいのか?

鶴澤清治さんが凄いのです。
説明する言葉を持たない自分が情けない(涙)
あのね、大きい音ってよく聞こえるよね。
でも小さい音をはっきり聞かせることって絶対難しい!
地合の何のへんてつもない部分の演奏で・・・聴かせる。

たまりません。

明日(つか今日)鶴澤清治さんに会いに行きます。

by soba-kiri | 2009-02-16 00:53 | 文楽 | Comments(2)  

文楽観てきました!

ものすごく素晴らしいものを観させていただいた。
それも、ものすごくたくさん!!
とてもじゃないが消化できませぬ。

ひとつ感じるのは

前回鑑賞したときとは明らかに違う感じ方をしている自分がいる。

席が後ろの方だったから?

いや…無理に感じようとしなくても
ドカドカ熱いものが入り込んでくる。

横に他人がいなければ号泣していた。

ドシドシ熱いラブソングは清志郎だけじゃないぜ!

by soba-kiri | 2008-09-16 23:49 | 文楽 | Comments(2)  

5月文楽公演「鎌倉三代記」「心中宵庚申」

5月文楽公演行って来ましたので初心者文楽報告です。

初めての一部二部連続鑑賞はきつかったけど
そのぶん作品に入り込めたかんじです。
(エコノミークラス症候群になりそうでしたが…)

しかし「はぁ~~~~」としかいいようがありません。
住太夫さん風に言うなら「ほんまええもんでんなぁ」とでも。

“現在の私”はどうやら三味線が好きのようです。
三味線さんに心を任せていると異空間に引き込まれていくようです。
(まるでマトンと竹鶴を合わせたときのようにね)

竹澤団吾さん
竹澤団七さん
鶴沢燕三さん

(おお!“竹”“鶴”だわぇ!) 

なかでも竹澤団吾さんが好きです。
間の取り方、音色、音の伸び、エロスを感じます。
そして抑えようもない恍惚の表情。

自分も蕎麦屋稼業をあんな恍惚の中でやらねば(え?危ない?)と。

第一部 「鎌倉三代記」は床の近く(8-29)だったので
時代物の語りと三味線を間近で体感できました。
これまで世話物ばかり鑑賞してきたのでかなりビックリ体験。
(三味線さん、あんな絶叫するのか…!!)
とくに「高綱物語の段」での鶴沢燕三さんの絶叫!

第二部 「心中宵庚申」の席は下手側(6-3)で、
床が遠くて「なんだか寂しいなぁ」と思っていたのが
人形の“決め”は下手なのです。よく見える!
つか、語り&三味線が遠くなった分自然と人形に入っていけるなぁ。
でも遠くても竹沢団吾さんの音色は伝わってきます。
眼を閉じて聞いていても判るほどに個性的な音だ。
それにしても桐竹勘十郎さんはかっこいい!

結局、長丁場ながら一部二部とも手拭のお世話になりました。
周りの方も手を眼にやって(そうでしょ、そうでしょ…)と思うと双眼鏡(笑)
6列目で双眼鏡はないでしょ!
ここはハンカチを眼に当てるところでっせ!

それにしても、また一歩やばい領域に入り込んだような…。
次は九月公演か、内子座も行ってみたいな。
f0060530_13142058.jpg

by soba-kiri | 2008-05-26 13:14 | 文楽 | Comments(6)  

平成20年2月文楽公演で“文楽マジック”

f0060530_23562699.jpg
記念すべき体験をさせていただきました。

・5月文楽公演のチケット確保しました。
昼の部、夜の部同じ日です。生還できるかな(笑)
・8月の内子座に行きたいな!

さて本題

とか言いながら実は書きたくない。

何故?

大事にしたいのです。
わからない人はどうかそのままに!

幻覚作用がある薬物は排除されるのが世の習い。
じゃ、文楽もやばいものがあります。
現に私は幻覚を見たからね。

そこにあるのは人形しかないはずです。

でも立体ホログラムが使われていたとしか思えない。
あまりにもリアルな情景が脳に直接くるのです。

劇の感想書いてないって?

秘密だもん!

by soba-kiri | 2008-04-12 00:17 | 文楽 | Comments(4)