「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:蕎麦屋点描( 83 )

 

矢でもテッポウでも!

「ウィークデー二晩連続休肝」も5週目。
本日は毎週お楽しみのラマダーン明けでゴザイマス。

朝から晩酌のツマミの用意に余念がありません。

ほやで塩辛を作り…

f0060530_14151455.jpg


テッポウ煮込んでます。

f0060530_14155685.jpg


あと4時間煮込んだら味を決めて一度冷まします。

豆腐を加えて温めたらイタダキマ-ス!

by soba-kiri | 2010-07-02 14:17 | 蕎麦屋点描 | Comments(4)  

爆雷の原料

f0060530_850893.jpg


うっひっひ!

こいつをばらして塩してどぶをぶっ掛けて
秘蔵の海鼠腸を混ぜ混ぜすればバクライの完成じゃ!

Uボートの1艘や2艘余裕で沈められます。

by soba-kiri | 2010-07-02 08:52 | 蕎麦屋点描 | Comments(2)  

てれんこ走り

私はスポーツが嫌いだ…

というと誤解されそうだけど
正直いってスポーツは観るのもやるのも関心は無い。

高校、大学と山登りや川下りに明け暮れたが
これは「旅」の一環であってスポーツ競技ではない。
中学のときは柔道をやっていたがとても嫌いであった。
ただ、受身が身についたことで、その後の人生で何度も命を拾った。

息子二人は体を動かしていないと死んでしまうらしい。
「三重飛びをやるんだ」といって
毎日腹筋200回を自らに課して実践している。
偉いな~と思う。
シックスパックな小学生ってどうなんだろう(笑)

さて「てれんこ走り」!

じつはワタクシ最近走ってます。

それも、てれんこてれんこ走ってます。
歩くよりも速く、ジョギングよりも遅く、てれんこてれんこです。

どーも30歳を超えたあたりから
冬場の体重増加が春夏に戻らない。これは対策が必要だ。
大晦日に激減した体重がみるみるリバウンドして戻らない(涙)

こりゃどーにかしないといけない。

そこで出会ったのが「てれんこ走り」なのです。
こりゃ~いいわい!何しろカラダがラクになりました。
日々、肉体労働はしているものの
明らかに有酸素「運動」はしてないもんね。

カラダに蓄積した脂肪を消費するには
「食事制限」または「燃やす」しかありません。

「制限」?はいできません(笑)
だったらてれんこてれんこ燃やすしかないのね。

カラダに負荷をかけずに脂肪燃焼の回路を作動させる「てれんこ走り」いいじゃんね。

興味を持たれたか人はこの本を読んでみて!

ツイッターでてれんこ走り報告してますのでよろしければフォローしてね。

by soba-kiri | 2010-01-21 22:58 | 蕎麦屋点描 | Comments(4)  

褒められると嬉しい。

今日の夜のお客さま。

「ご主人…このそばつゆ…」

(あーまた“出汁っけがなくってしょっぱいだけ”とか言うのかな)


と、思いきや。

「いや~美味しいですね~!!」

とのこと。よかったよ~♪

話してみると
・鰹節の香りがぷんぷんしてるのはどーもいただけない。
・東京の蕎麦屋の多くがそんなかんじ。
・これはいい。

私のそばつゆの設計を改めて言うと
・濃いけど鰹節の香りはしないように仕上げる。
・香りは無くても旨みはたっぷり残す。
・醤油の風味を残す。
・蕎麦湯で割ったときに出汁の風味が開くようにする。

なんか、似たような話しがあるよね。

そう、吟醸香のない吟醸酒を造る人たち。

その人たちの基本的な心情はこんなかんじ↓
・せっかく美味しいもの食べてるのにお酒の香りが邪魔したら申し訳ない。
・料理の美味しさをよりいっそう膨らませることが出来たらいいなぁ。
・やっぱ、吟醸香は邪魔でしょ。
・お燗で立体的に広がる味わいが好き。
・自分達が毎日たくさん飲める酒を造りたい!

おまけ画像は、もと寄せして荒櫂300本の最中の私。うーん辛そう(笑)
f0060530_112845.jpg

by soba-kiri | 2010-01-16 01:15 | 蕎麦屋点描 | Comments(7)  

かなりタイトになっている。

今年は予約がゆっくりめだったので
のんびり構えていたら結局記録更新している!

本当に蟻が十なら芋虫ゃはたち、ムカデ三十で嫁に行くです。

地方発送的なことも実験的にやってみました。
明日、打ちたてを発送します。

皆様、よい大晦日&新年をお迎え下さい。私は修羅場&気絶です(笑)

あー年賀状今年も書けなかったな~。

f0060530_23494822.jpg


そういや私も甘いもの作る人なのであった。

by soba-kiri | 2009-12-29 23:51 | 蕎麦屋点描 | Comments(5)  

「牡蠣南蛮」は当店のメニュウです。

先ほど友人から

「並木の牡蠣南蛮旨そう」と言われて
記事の書き方が悪かったと反省。

ウチのメニューです。

ちなみに1180円です。

並木の鴨南蛮は1800円。
キクマサ2合呑むと3200円。

いやはや、キクマサ500円にして欲しい(笑)

by soba-kiri | 2009-12-09 23:38 | 蕎麦屋点描 | Comments(0)  

おやっさんのサイン!

昨晩は与野本町で鷹勇の坂本総杜氏を囲む会に参加。
(営業終了後に駆けつけた)
見たこともない鷹勇の古酒が「これでもか!」と。
思わずグイグイといただいてしまった。旨かった~!!

おやっさん(杜氏のこと)とお話させてもらいました。
いろいろ、おもしろかったな~!
「おやっさん、若い頃はモテモテだったんじゃないの~!」
そんな話までしてしまったけど
キチンと受け答えする様子は80歳を感じさせない。
第一線で活躍し続ける人間の脳は衰えないんだね。きっと。

で、本日。

なんと、おやっさんご来店!

立て込んでしまってお話は出来なかったけど。

隙を見てサインをお願いした。
f0060530_22102565.jpg

隠しておいたのに…家宝にします。
って、これじゃもう呑めないじゃん。

おやっさんの百歳の誕生日に一緒に飲みたいな。

by soba-kiri | 2009-11-08 22:12 | 蕎麦屋点描 | Comments(2)  

仕込み水で蕎麦を打つ。

辨天娘の太田酒造場さんから仕込み水が送られてきた。

味見をしてみる。超軟水だ!
すぅ~っとすべり込んできて
まるで喉に到達する前に細胞に染みこんでしまうような印象。

「これで蕎麦打ちたいな…」

(減っちゃうけどゴメン!)と心で謝りつつ躊躇なく作業を進める。

思ったとおり、なめらかな作業感。
茹で上がった麺のつながりも良かった。

やっぱ、水かな…。気のせいかな…。

でも、久保本家さんでゆでる蕎麦は
気圧が低くて温度も上がらないし鍋も大きくないのに
明らかにうちの店でゆでたときとは違った旨さになる。
(それに前日の蕎麦じゃんね)

掘るか…井戸。
f0060530_065881.jpg


と、まあそんなことやってるのが午後4時ころでしょ。
会宴まで時間がないよ~!でもなるべく打ち立て出したい!
調理のうち「製麺作業」にだいぶ時間をとられるなぁ。
そのぶん蕎麦で喜んでもらいたいね。

by soba-kiri | 2009-10-21 00:07 | 蕎麦屋点描 | Comments(2)  

ポン酢の作りかた

備忘録的にまとまておこう。

朝、市場に行く。いつもの八百屋さんで格安のカボスを発見!
「1ネット150円じゃ~ん」と即買う。2つ買う。

中休みに上尾のポランの店に行って富士酢を買う。

夜、カボス絞りまくり♪
ついでにユズとスダチも絞り込む!

果汁が380CC取れました。
薄口醤油を180CC
濃い口醤油を180CC入れて味見。

おひょ~!!すっぺぇ~!!

みりんを100CCくらいかな?入れてみる。
富士酢をピーっと入れてみる。(量を計る気が無い♪)

昆布を10cm。
鰹節をシャカシャカ両手に一杯。

広口瓶につめて後は熟成。
明日の夜にでも漉してさらに熟成。

18日には何に使おうかのう~♪

きっと、ポン酢だけで酒が飲めます(笑)

by soba-kiri | 2009-10-15 22:09 | 蕎麦屋点描 | Comments(6)  

どうして“そばつゆ”は別添えなの?

ねぇ!おせーて!おせーて!(古いな)

本題に入る前に業務連絡「男の隠れ家ONLINE」に載りました。見てね。

f0060530_23275630.jpg

「な~んで、わざわざ小さい徳利につゆを入れてるわけ?かっこつけてるの?」
そう!そんなメンドクサイことしなくても、蕎麦猪口につゆを入れておけばラクチンですな~こりゃ。
おまけにわりと高価なんす、あの小さい徳利。別添えを止めちゃえば手間もお金も節約できて
高級外車が買えちゃうかも(嘘)。なんか、ムダなことして格好つけてないか?

しかーし!!わたしはつゆ徳利をやめないぞ!
遺言状には「つゆは徳利にいれて出せ」と書いておくぞ!
わたしゃただの蕎麦屋だけど、じつはある使命を帯びた「ミッション蕎麦屋」なのだ。
その使命とは「お客さまに喜んでもらうこと!」だから!絶対にぃ!つゆはぁ!別にぃ!!…ハァハァ。。

だって蕎麦湯を飲むときに猪口にたっぷりつゆが入ってると蕎麦湯が美味しく飲めないでしょ。
(はじめからそう言えって?)
蕎麦湯を注ぐ、最初は薄めにして出汁の味わいを楽しむ。次に残ったつゆを少しずつ足していく。
味見を繰り返して「おお!こりゃ旨い」という最高の濃度を発見したときの喜びときたら…
思わずもう一杯酒を注文してしまいそうになります!
「わしゃ~シアワセじゃのう~!」という喜びを蕎麦湯で全力で感じてもらいたい。
そのためにつゆ徳利はあるのです。だから、そばつゆはドバーっと全部いれないでね(笑)

では、猪口にどっぷりつゆが入った店ではどうすりゃいいの?

答)もうひとつ蕎麦猪口をもらいましょう。


え?お前もそうすりゃいいじゃんって?できないんです!
だって私のようなグリグリ頭の職人丸出しの人間がやったら怪しいでしょーが!
そんなときは悶え苦しむのよ~(涙)

by soba-kiri | 2009-08-04 23:33 | 蕎麦屋点描 | Comments(13)