カテゴリ:蕎麦屋点描( 83 )

 

鴨鍋試作しました!

先日ヤオコーの精肉コーナーをうろうろしていたところ。

「国産鴨肉」

などというものを発見。

「おお!鴨じゃん!いくら?」

「800とウン十円!!それもたったの5切れ!!」

当店で使っている鴨肉はフランスのバルバリー鴨の胸肉。
なかなかシコシコして血の味がたまらない!のです。

でもそんなに高くないよ。

いくら国産でもこれは高いなーと思い
うちのスタッフさんに聞いてみた。

すると

「高いんですよー!でもたまーに買います」

(お金持ちだなー)

聞くと鴨鍋をやったりするとのこと。

ふーん…てなもんで試作してみました。
f0060530_1352507.jpg

汁は当店のかけ汁そのまんま。
具は、長ネギ、ごぼう、水菜、セリ、しいたけ。
そして鴨肉です。ホントはつくねと砂肝もほしい。
f0060530_13532194.jpg

バルバリーの胸肉、さっと煮ても、じっくり煮込んでも味わい深い。
f0060530_13534167.jpg

身体が温まります。
ああいいにおいだ。
f0060530_1353525.jpg

締めのうどんは
あさひや農場さんの小麦粉を玉子麺にしてみました。

うまいうまい!

あ試作だったっけ。旨いことだけ実証してしまった。

by soba-kiri | 2011-02-28 14:07 | 蕎麦屋点描  

「花まき@三番瀬」の食べ方!

東京湾に残された最期の浅瀬「三番瀬」
まさしく気合と根性の江戸前の海苔が入手できました。

海苔でしょ。

と来りゃあ!あなた!

「花まき」でしょ!

f0060530_23585157.jpg


おやおや?かけそばですか?

f0060530_23591821.jpg


三番瀬の海苔をもんでもんで!バラバラかけます!

f0060530_23594655.jpg


山葵をね。ちょいと載せちゃいましょうか?

f0060530_00958.jpg


海苔と山葵をからめて手繰れば…
旨いの旨くないのって!

旨いに決まってます!!

f0060530_003292.jpg


蕎麦湯を注げばさらにハッピー!

蕎麦って凄い!
ドンブリ一杯の幸せだよね!

え?商品化するのかって?

どーしよーかなー(笑)

by soba-kiri | 2011-02-27 23:56 | 蕎麦屋点描  

ドクタースランプ…

まずは業務連絡。

2月20日(日)は夕方18時から貸切とさせていただきます。

f0060530_22542364.jpg


今朝市場で子柱(こばしら:青柳の貝柱)の良いのがあったので試作しました。

「あられ蕎麦」でございます。

べつにペンギン村名物ではなく江戸前の伝統蕎麦です。

あぶった板海苔の上に生の子柱をたっぷり乗せると
はじめは生の子柱の旨みが味わえて
火が通るほどにシコシコとした食感に変化。
最終的には貝の旨みがかけ汁と渾然となり

酒が止まらん!!!

という。思わず「んちゃ砲」が炸裂するほど危険なそばです。

桃の節句のころに雛あられにかけてお出ししようかな。

by soba-kiri | 2011-02-16 23:00 | 蕎麦屋点描  

かきたま蕎麦

このところの記事を見返して思った。

「蔵人日記じゃん」

これはいかん!
蕎麦屋チックな記事も書かないと!



ちょっと試作しました。

「かきたま蕎麦」

かけ汁に葛でとろみをつけて
溶き卵を流し入れる。
ちょっと葛が少なかったかな。

一部の蕎麦屋では冬の定番メニューとして人気商品。

調理のポイントとしてはタイミングですね。

f0060530_21185.jpg


でもなー。

このメニュウを1500円で出す蕎麦屋って凄いよね。

by soba-kiri | 2011-02-11 21:03 | 蕎麦屋点描  

やっぱりウチがいちばんねぇ~!

奈良&京都弾丸ツアーから帰ってまいりました。

奈良では酒造り、京都では蕎麦屋さん巡り。
よその店の蕎麦を食べるのも新鮮で勉強になるけど
f0060530_001675.jpg


やっぱり自分の蕎麦が旨いねー。

今日はたまりやさんから「暮坪かぶ」をいただいたのでそれで食べる。
サッパリとしてピリッと辛味があって最高!!

f0060530_003275.jpg


これは蔵でいただいてまいりました。

昨年「もと摺り」をした記念に
こっそり落書きした紙をラベルにしていただきました!

アップはこちら↓

f0060530_005457.jpg


本当にこっそりと小さく書いてるところが笑える。

昨年の記事はこちら

久保本家第5回目潜入報告は追々アップします。
いっぱい作業して、いっぱい呑んで食って、いろんな話を伺ってきました!

お楽しみに!!

by soba-kiri | 2011-01-15 00:11 | 蕎麦屋点描  

なかなか酔えない年末年始。

あけましておめでとうございます。
今年もどうかよろしくお願いします!

埼玉はいい天気の静かなお正月でした。
(日本海側の大雪は本当に大変だと思います!)

おかげさまで無事大晦日を乗り切ることが出来ました。
大晦日に蕎麦を食べに来ていただいたり
蕎麦を買っていただいたりして
皆様にとって年末の風情の一部分に、
もしもなれたとしたら本当に自分は幸せモノだな~と思います。

そして年頭のお約束ですが…


今年も渾身の蕎麦を打ちます!

さて、タイトル。

何のこっちゃ??


年末の準備に向けてあまり呑めないのは言うまでもないことです。

しかし、なにもかも終わって
「いくらでも呑んでいいよー」と言われても
(いや実際誰も言ってくれなかったけどねー)

まーホントに結構な酒量を呑んだのだが

なんか酔えないの。


ホロホロと気持ちがほぐれるような境地にならない。


心の戦闘モードが解除されないかんじ。


また、

元日&二日にスケートに行ってしまい
極度の疲労に襲われたのもよくない。
(21世紀に入って最高の筋肉痛)


せっかくの正月だというのにこれではもったいない。


ということで呑みました。

自宅ではなく友人宅にわざわざ火鉢を持ち込んで燗をつけましたよ。

f0060530_178331.jpg


f0060530_1782267.jpg


炭の力、音楽の力、旨いものの力、まっとうな酒の力を借りてようやく和みました。

富士酢のカレーマリネも旨かったなー。

睡龍生もと純米吟醸15BY完璧でした。

小笹屋竹鶴大和雄町スバラシイ竹鶴フレーバー。

自作ではないレバーパテ旨い!

やはり旨いモンは自分以外に作ってもらいたいねー。


それはともかく

今年もたくさんの「旨い!」に出会いたいものです。
改めて今年もよろしくお願いします!!

by soba-kiri | 2011-01-04 17:16 | 蕎麦屋点描  

いいタイミングで声をかけられる

年末年始の営業のお知らせです。

12月30日(木)は昼の部のみの営業とさせていただきます。
12月31日(金)通しで営業しますが18時ころには営業終了します。
年明けの営業は1月5日(水)からです。

よろしくお願いします。


本日の昼の部のお客さまに
「ほんとうにいつも美味しいわねー」
「牡蠣そばはいつまでですか?また食べに来ますね」

なんて声をかけられました。

年末のこの時期ってナーバスになってるというか
大晦日に備える緊張感と一年を過ごしてきた脱力感?安心感?
そんな、なーんか心がフワフワしているときに
嬉しい言葉をかけていただくと
ふっと地に足が着くようなそんな気分になります。
気張っても逃げ出しても仕方ない。
自分のできることを一つ一つこなせば
お客さまの心に届くものが出来上がるかもしれません。

なんてね。

f0060530_1733401.jpg

by soba-kiri | 2010-12-28 17:34 | 蕎麦屋点描  

12月10日は十日市(とおかまち)

七輪に焼ける炭の香りを嗅ぐだけで
少年のころの戻れてしまいます。

いいんだよねー、この空気感が。
ヤンキーな子供さんたちもほほえましい。

f0060530_23441835.jpg

f0060530_23444450.jpg

f0060530_23452280.jpg

f0060530_23454763.jpg

f0060530_2346933.jpg

f0060530_23464447.jpg

by soba-kiri | 2010-12-13 23:46 | 蕎麦屋点描  

牡蠣そば?牡蠣南蛮?うまけりゃどっちでも!

先ほど試作&試食してみました。

昨年は「何粒?」ってかんじで数で決めてましたが
今年はメンドウなので

ドーン!と100グラム!

かなりたくさん入ります。
来週から冬メニューに仲間入りかな。
値段は1300円くらいになる予定。

試食したスタッフの感想

「なんだか食べても食べても減らない!!」

f0060530_1649507.jpg


縦アングルでは?
f0060530_164987.jpg

by soba-kiri | 2010-10-29 16:50 | 蕎麦屋点描  

スピーカーの心臓移植!

すっかりブログを書くのをサボっておりました。
ツイッターで満足していてはいかんなー。

さて、心臓移植しました。

きっかけはこのスピーカーの設計者である黒森庵さんが来店されたこと。
ご自分で設計されたスピーカーを発見されてビックリされて
そんで、とても喜んでくれました。

「さいとうさん、このスピーカーにつけると
すごく音が良くなる部品があるんですよ!
こんど持ってきますから付けてみて」

てっきり、ウエイトとかスペーサーとか吸音材の類かなーと思っていました。

そしたらなんと!

f0060530_1610195.jpg


スピーカーそのものじゃないか!
ちなみに私は特にオーディオマニアではありません。
特に文楽と出会ってからは「ライブミュージック命!」です。
こんな私がスピーカーの心臓をえぐり出して交換なんてしていいんでしょーか?

f0060530_16131962.jpg


でもやってみました。
端子の結合がうまくできなくって
「うひー!」と泣きながらがんばりました。

で、結果。

こりゃーいい音だわー!

部品の型番を読むとまったく同じで見た目もまったく同一人物なんだけど。
きっと製造ロットの違いとかで大きく変化するんだろうか?
オーディオって面白いね。

当店のシステムは安いCDチェンジャーと
ハードオフで買ったアンプはヤマハの中古品。
でもものすごくアコースティックな音が鳴る。
日本酒に例えると「すべりのいい」感じですね。
ゴンチチが気持ちいい。ボサノヴァもいい。これから色々試してみよう。

そうそう

さっき「きっかけ」って書いたけど
黒森庵さんが来店されたきっかけは、
まき子さんがしつこく勧めてくれたこと。
このスピーカーが当店に存在するきっかけだって
自分で買ったわけではなく古い友人が「これやる」とくれたから。

さらにさらに

私が蕎麦屋という手作業の世界に深入りすることになったのも
この黒森庵さんが若い頃(いや今もお若いが…)書いた本を
経堂の古本屋で偶然見つけたこともきっかけの大きな部分だ。

「自分はなんて運がいい人間だろー」とつくづく感心してしまう。

そろそろ自分が受けてきた恩恵をお返しする年齢かな。
かといって、それほどの余裕は無いんだけどね。

いい音聴きながらそんな風に想うアラホー蕎麦屋です。

by soba-kiri | 2010-09-08 16:26 | 蕎麦屋点描