カテゴリ:蕎麦屋点描( 83 )

 

年越し蕎麦&年末年始の営業予定

今年もありがたいことに早々と年越し蕎麦の予約をいただいております。
まだまだ余裕はありますが大口の予約もちらほら入っておりますので
なるべくならクリスマスくらいまでにはお願いします。
製粉とそばつゆの予定、そして心の準備があるもので。
f0060530_23332547.jpg

・生そば 2人前 (つゆ付き) 1380円
・生そば 4人前 (つゆ付き) 2760円

予約のみのご提供です。

また先着70名限定ですが生わさびを一本お付けします。
詳しい茹で方レシピも添えますので安心です。
あと、揚げ玉もおまけします。

・天ぷら (エビ2本、野菜3種類) 750円

こちらも合わせてどうぞ。

お正月用鴨ロースもこっそり売ります。
こちらに興味がある方はお問い合わせください。

<<年末年始の営業予定>>

24日 昼の部のみ営業
28日 定休日
30日 昼の部のみの営業
31日 たぶん15時くらいに終了。蕎麦の引き取りは18時まで。

よろしくお願いします!どうか良い年末年始を!

by soba-kiri | 2015-12-09 23:50 | 蕎麦屋点描 | Comments(3)  

明けましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます!
晴れ晴れとした良いお正月ですね。

大晦日が遠い昔のようです(笑)

2015年も“気”のこもった蕎麦を打っていきたいと思います。
本年も益々のご贔屓を賜わりますよう心よりお願い申し上げます!

年始営業は7日(水)からです。
f0060530_17165983.jpg

by soba-kiri | 2015-01-01 17:19 | 蕎麦屋点描 | Comments(0)  

懐かしい人から

このところフェイスブックばかりになってしまい
「臨時休業」のお知らせくらいしか更新してません。

(でもお店のフェイスブックページはFBやってない人でも
閲覧できますからそちらも“お気に入り”に入れてくださいね)

さっき懐かしい人から電話があって
「たまにブログ見てるよ」と言われ
たまには更新せねば!と筆をとります。

その懐かしい人は私が若造で(今もだけど)
生意気だったころ(今はさらにひどいけど)
サラリーマンをしていた時にすご~く世話になった方。

「こんど東京でイベントがあるから、みんなで行くよ」

会社辞めて10年以上経つのに
憶えていてくれて気にかけてもらって
ほんと感謝です!!

みんな元気かな~。

震災と原発事故で大変な思いをされているだろうに
電話ひとつかけてくることも無かった薄情な奴に
昔通りの口調で電話してきてくれた。ありがとうございます。

お会いするの楽しみです。

f0060530_16315230.jpg


画像はNHK朝の連続テレビ小説「マッサン」第3話に登場した竹鶴酒造の石川達也杜氏。

昨日、今宮酒店の社長に会ったら
「観た?石川?えっらそーにしてたなー!」
って、石川さんつかまえて「偉そー」とか言うの
あなたと神亀のチェンムだけだからねー。

それにしても明治時代にあんなにデカい日本人いたのかな?

by soba-kiri | 2014-10-14 16:38 | 蕎麦屋点描 | Comments(1)  

梅雨穴子!

当店の看板メニュー

「穴子天せいろ」

消費税増税に伴い税込価格を1540円に値上げしました。
「さすがに注文が減るだろうなー」という予想に反して
供給が間に合わない状況が続いております!感謝です!

そしてそろそろ梅雨入りですが穴子は旬を迎えます。

夏のスタミナ源と言えば誰もが鰻を連想しますが
あちらは夏に不味くなる天然ウナギを売るために考えたウソ。
穴子は正真正銘の夏のスタミナ源です。
豊富なビタミンA、鰻の半分の低カロリー。

そして当たり前ですが

すべて天然物!!
f0060530_2153123.jpg


先日、母の義理のお姉さん今年80歳が来店されて
初めて穴子天せいろを食べました。
感想「穴子があんなにうまいとは知らなかった。これからは穴子でいこう」
生きてるうちに穴子に出会えてもらえてよかったです。

おススメだけどおススメしない理由。
・仕入れにもさばくのにも数に限りがあります。
・仕入れ値がこの10年でほぼ2倍!(涙)
価値のわかる人にだけ食べてもらいたい一品です。

by soba-kiri | 2014-06-04 22:00 | 蕎麦屋点描 | Comments(0)  

蕎麦打ちマシン猛レース!

寒いですねー。

弾頭、いや暖冬がなつかしい!
手の甲がひび割れてケアに難儀しています。

おかげさまで年越し蕎麦の予約も
予定数を大きく上回りました。

ものすごく嬉しいことです。

ちなみに30日から大晦日にかけて
おそらく40回以上蕎麦を打つことになります。

でも身体は平気なんです。

かつて素人時代に蕎麦会のまねごとをしたときは
7回打っただけで右肩がひと月上がりませんでした。
人間って進歩するもんですね。

さて、年末年始の営業ですが

12月30日 昼の部のみの営業
12月31日 18時まで通しで営業
新年は5日から営業します。

2012年はありがとうございました。
また来る2013年も色々やりますので
楽しみにしていてくださいね!

by soba-kiri | 2012-12-29 02:03 | 蕎麦屋点描 | Comments(0)  

おろしごぼう天そば

f0060530_2356585.jpg


なんでしょ?今年のごぼうは旨いですね。

ごぼうはシャキシャキ。

噛むほどに甘味。

それを支えるだし汁。

ごぼうと蕎麦が出会う、えもいわれぬ滋味。

いいな~。

by soba-kiri | 2012-11-07 00:08 | 蕎麦屋点描 | Comments(0)  

「竹鶴がこんな値段のはずない!」

18時20分。ほぼ同時に3組。
f0060530_1261075.jpg

(画像は今年の呑み切会の蔵見学。柿渋を塗りこんだ床が見事な酒母室(もと場))

「さっき電話したYですが」と11名。あわわ。

その後、2名様が「玉子焼き」ふええ。
私:「あのさ、玉子焼きすっごく時間かかるって言ってもらえる?」
バイト:「お待ちになるそうです。」あうう。

そしてもう一組2名様。いらっしゃいませっ!

(この時点でちょっと過呼吸気味)

心静かに手と身体をフル稼働し始めたときに
高二女子バイトさんが青い顔をして

「あのォ~、お客さまが『竹鶴がこんなに高いはずがない』っておっしゃるんですが~」

わなわなわなわな(怒)

当店の小笹屋竹鶴純米原酒は一合750円。高価ではない。
大嫌いな言葉だが「リーズナブル」ですらある。

でも、以前にもあったことだが

「なんでまた、わざわざ竹鶴を?どうして埼玉で扱うんですか??」

と、かなり不思議そうに(信じられないという感じで)尋ねられたことがある。
そのお客さまは何十年か前に竹原に住んでいたことがあったらしい。
失礼を承知で、その質問の真意を解釈すれば

「なんでわざわざ広島くんだりからボロ酒を取り寄せるの?」

と、いうことだろう。

そんな経験もあったものだから
すかさず一升瓶を持って客席に乱入(オーバー)
過呼吸で、はやる動悸も高らかに!

「あのですね!」と説明しようとするが話がかみ合わない。

本当のところはというと

「竹鶴がこんなに安いはずはない!なんでなの?」

♪な~んでかフラ~メ~ンコ~オレ~♪

「それはね・・」と説明する暇もなく
「あ、あわわ、そうでしたか。すみません。ゆ、ゆっくりしていってください」

スタコラスタコラ冷汗タラタラ。

一段落して説明にうかがった。

じつは当店では・・・

・ふつう、飲食店では2倍から3倍の値付けをしていますが
 当店では一合あたりの原価に約400円を乗せて提供しています。
・なぜかというと一升2100円の酒も5400円の酒も
 器に注いでグラグラ煮て提供するという手間は同じだからです。
(厳密には適切な温度を見極めたり微妙に割り水したりという手間はある)
・それに当店では酒を冷蔵庫に入れていませんから電気代もかかりません。
・開栓放置すればするほど味が乗るから在庫リスクもありません。
・だから高価な「小笹屋竹鶴生もと純米原酒」も950円で提供できるのです。


(注:ストーリーはわかりやすいように脚色しております)

「なーるほど!」いうことでお客さまとの酒談議に花が咲いたわけです。

飲食店の酒の値付けはいろいろだが
いつまでも掛け算では、お客さまに理解されないのでは?

いずれにしても今日は雨の中たくさんのご来店ありがとうございました!

by soba-kiri | 2012-10-19 01:30 | 蕎麦屋点描 | Comments(2)  

梅干しレシピ完全公開(笑)<その1>

昨年仕込んだ10キロの梅干しが払底の危機に瀕しています。

そのため

当店の「夏の最終兵器」

である「ひやかけ」がスタートできないでいます。

こればっかりはがんばりようがないですからね。

だから

今年は20キロ仕込みます!

さて我が家の梅干しの仕込みを完全公開します。

まず、用意するのは熟した南高梅を20キロ。

サイズは3Lが最適。市場で調達します。

ヘタはつまようじで優しく取り除きましょう。
f0060530_035612.jpg

こういった手間のかかる仕事は児童労働の出番です。
f0060530_045385.jpg

ちなみに我が家のルールでは宿題よりも家の手伝いが優先されます。

「パズーだってシータだって働いていたろう?カンタやさつきもそうだろう?」

つべこべ言わせません。

お次は水に浸します。
f0060530_0105311.jpg

明日の朝にはざるに上げて水を切ります。

でもって塩漬け開始!なわけですが・・

せっかく一年に一回仕込む梅干しです。

テキトーな塩でいいんでしょうか??

私はいやだなー。

というわけで用意したのが「カンホアの塩」。
f0060530_0143629.jpg

蓮田の神亀さんの直営ショップ「小川原商事」で売ってます。
500gで500円くらいだけどいい塩です。

塩分は10パーセントくらいで仕込むつもりです。

<<続く>>

by soba-kiri | 2012-06-22 00:19 | 蕎麦屋点描 | Comments(0)  

本日昼の部に来店されたお客さまにお詫びします。

本日当店は、11時開店と同時に団体のお客さまが入店されたため
ほとんど貸し切り状態になってしまいました。

せっかくのゴールデンウィークに
「さいとうで蕎麦でも食うか!」と出かけてくださったお客さまに

「混んでて入店できなかった」
「入れたけど団体客が大騒ぎしていてうるさかった」
「なかなか蕎麦が出てこなかった」
「さいとうは休日の昼に団体の予約をとるのか」

等々の不快な想いをさせてしまい申し訳ありませんでした。

お客さまに不快な思いをさせてしまったのは完全に店主のミスによるものです。

本当に申し訳ありませんでした。

ブログ上でというのも礼に欠けますが改めてお詫びさせていただきます。

「こんどの休日にあの蕎麦屋に行こう!」と予定するって
本当にわくわくした気持ちになります。
そして実際店に出かけ楽しみにしていた酒やおつまみを注文して
のんびりと過ごすのは至福の時間と言えるでしょう。
そして蕎麦を食べて蕎麦湯を飲んでほっと一息。
明日からのやる気もわいてくるというものです。


私はそういう時間を過ごしていただくために蕎麦屋を経営しています。

その時間を台無しにしてしまった責任は私にあります。

本日開店と同時に「16名なんだけど」と

by soba-kiri | 2012-04-30 23:27 | 蕎麦屋点描 | Comments(4)  

穴子の腹の中から!!

今日は4月1日年度の始めです。

そう4月1日なんですよねー!!

今年の7月で開店から8年がたちますが

これまで毎日毎日飽きもせず穴子をさばいてきました。

長年穴子をさばいていると
たまに「釣り針」なんかが出てくることもあります。
f0060530_738415.jpg

手に刺さったりするのでびっくりするのですが
彼が海の底で生きていた姿が思い浮かぶようです。

しかし

まさかこんなものが・・・!

こんなことがあるなんて・・・!

こういう場合もらっちゃっていいのかな?
交番に届けてもしかたないようだしなー。

宝石鑑定ってどこでしてもらえるのかしら?


え?なにが出たの?って?


これです!





f0060530_7405627.jpg


いやはやビックリビックリ。

by soba-kiri | 2012-04-01 07:43 | 蕎麦屋点描 | Comments(2)