第12回小笹屋竹鶴呑み切会 ~3~

さてまずは業務連絡から
・TV騒動(と言っていいのかな)は一応終息したかな。
 よくがんばってくれたとスタッフと家族に感謝です!
 私自身も「汝もよく戦ったのう~」と
 ヴァルハラに召される資格を得たかな(笑)
 (それにしてもあんなに忙しかったのに手元に残る現金の少なさ…)
・桜海老はまだ入荷がないです。
 台風の影響とかもあるのでしょうが
 来週には「開始!」のお知らせを出したいね!
・新蕎麦です。
 十割は北海道の牡丹蕎麦。
 外二は北早生ですが、結構いい感じ!

さて本題

石川杜氏の談話(講演)です。

f0060530_122929.jpg


私は筆力が無いので杜氏の結論から書きますね…以下石川杜氏


よく耳にすることですが、日本酒好きの方が
「こんなに美味しいのになんで皆わからないのかな~?」
と言われますが、これは完全に違います!これは断言させて頂きます!!

このまま日本酒をもっと良いものにしようとがんばっても
決して受け入れられないのです。

(おお!モノスゴイ断言だ!)

日本酒が必需品じゃなくなってる。
人々が切実に求めるものじゃなくなってる。

昔は「酒が無ければ始まらない」という風潮があった。
(たしかに落語の「酢豆腐」などはその風情をつたえてるなぁ)

先日、妹の結婚式に招かれたが酒が出ない!
乾杯のシャンパンに始まりビール、ワインで終わり。
日本国において日本人が結婚するにあたり
日本の酒が出ないとは!

これは「自分は杜氏なのに」とぼやいてるわけではない。

もし日本酒が「良いもの」なら低迷しているわけがない。
低迷しているのは「現代の日本酒はよくない」と思われているからである。

阿波晩茶のように生活必需品になる必要がある。

日本酒の品質を良くしていけば「売れる!」ということでは
決して無いということ断言させていただきます。


では何故、石川杜氏の想いがここに至ったのかは次回!

by soba-kiri | 2008-10-04 01:14 | たまにはこんな感じで  

<< 失敗から学ぶ!! 完璧な炎!! >>