埼玉全36酒蔵大試飲会!!

f0060530_2332227.jpg
行ってきましたよー!
「埼玉全36酒蔵大試飲会」
なんというファンキーな響きでしょう。

・未成年お断り
・車での来場禁止
・おつまみ持込不可

なんでそんなに煽るのさ。

そんなわけで浮かれた店主が撮影したのはこの看板のみ・・・。

われながら大バカです。



さてさて、お目当てはいつもお世話になっている
神亀さんであることは言うまでもありません。

会場は予想通りの、大変な人混み!何とか入り込めたものの
しばらくは呆然と群れの外でポツネンとしてしまいました。
すると突然、今宮酒店さんが
「お!もう全部回ったか?」と声をかけてくれました。





「そうか!全部回るのか!」とようやく火がつきました。

埼玉県内36銘柄、品切れ2、不参加1
33銘柄試飲してきました。
今宮さんはほぼ全種類試飲してメモっていたけど
私にはそんな時間も能力もない(営業時間内ですから)。

主として「純米」「原酒」など、燗酒のあるところは「お燗」を味見して回りました。
申し訳ないけど、口に含んだ瞬間「あちゃー」の酒も多かったです。
うすっぺらな感じ、つくられた味・・「自分で飲んだことあるの?」
しかし、そんな酒に限って周囲では「おいしー!」「日本酒じゃないみたいー」と好評。
「へっ、それでいーのかねー」です。

しかし、中には、すっと口に転がり込んでくる
思わず「おや、もう一杯くんねぇ」となるのもありました。
自分の利き酒能力は棚上げすることにして
蔵の人がしっかりしている(かんじがする)
酒はそれなりにしっかりした味わいです。

神亀さんはもはやゆるぎないものがあるけど、
埼玉県内の他の蔵でもいい酒を造ってるんだな
(または造ろうとがんばっているんだな)と感じました。
これからは、きちんと味わっていかないと
「こいつは足元をすくわれるぜ」です。

以下、思わず名刺交換をしてしまった蔵元です。

権田酒造さま
清酒力士さま
麻原酒造さま
南陽醸造さま

仕上げは神亀で決まりです。
大吟醸、古酒、活性にごり・・・専務自らのお酌です。
「ああ、落ち着くなー!」
完全にしびれてバカになってしまった舌でも
神亀は神亀なんですよねー。これはうれしい。
昭和57年の古酒をお燗でいただきました。
あー試飲じゃだめだ!じっくり呑みたいねぇ。

まったく中休みとはいえ営業中に何をしてんのやら・・。

酒蔵の皆さまごちそう様でした。

追記 会場は時間がたつにつれ次第にロクデナシが増殖していきました。
「おい!もっと注げっつーの!」と叫ぶおじさん。
本物の千鳥足のステップを披露してくださるおじさん。
中でも「埼玉ではジンガメがユーメーだよなー」と
よその蔵のブースで蔵の方に説明しているおじさん。
「そうですね。や、ありがとうございます」と
受け答えしていた「あなたは偉い」。。

by soba-kiri | 2006-02-22 00:09 | 蕎麦屋酒をやりましょう  

<< part1. まずはビールに焼... そばの食べ方③ ~そば湯をどう... >>