「ほっ」と。キャンペーン

小笹屋竹鶴に“合う!”なんてもんじゃない!

まず業務連絡から
・本日19時ラストオーダーです。
・桜えびももうすぐ終了です。
・6月は生ゆばですかね?やっぱり…。


緊急なのでこんな時間に書いてます。

私は昨日一日中
思い出しヨダレ
を流しておりました。

もしこのブログをお読みの方で
・小笹屋竹鶴を持っている。
・長野県南佐久郡小海町の千曲屋にすぐ行ける。

そんな人は今すぐに出かけていって

「タレ漬け込みマトンください!」と叫びましょう。
その場でマトンのいいところを自家製のタレに漬け込んで真空パック。

うちに帰ってきたら竹鶴を65度にしてください。

肉を焼きましょう。

合わせます。旨い。異空間に引っ張り込まれる旨さです。
まさにグラスフェッドの極致!!
鼻の奥から喉にかけてフワ~ッと(フワではない)
草の香りがピラミッドを描きます。
眼を閉じるとそこはモンゴルの草原・・・
点在するモアイ像を爽やかな風が吹き抜ける・・・。
肉だけでは到達できない世界に
小笹屋竹鶴がいざなってくれました!

1月に京都「T」で経験したマリアージュに匹敵する出会い。
睡龍が深さなら
竹鶴は広さでした。

マトン最高です。お試しアレ。
(ネット通販はしてないけどお取り寄せも出来る。
でも、漬け込んですぐがオススメです)
f0060530_8574571.jpg

by soba-kiri | 2008-05-25 09:06 | たまにはこんな感じで | Comments(6)  

Commented by たく@酒遊倶楽部 at 2008-05-25 09:20 x
竹鶴もマトンもない。
竹鶴は古酒になったのならあるが・・・(w)
モツ煮込み、今日、どぶと合わせます。
広島(市内)で・・楽しみです。
ありがとうございました。
Commented by itacha at 2008-05-25 11:03
旅の思い出はヨダレになって蘇ることしばしば・・・

似たようなことは出来るとおもうのでやってみますね。。。
Commented by kazu at 2008-05-25 11:55 x
この前、マトンの竹鶴粕漬けと番外編の組み合わせに、もだえました。
Commented by soba-kiri at 2008-05-25 17:59
>たく@酒遊倶楽部さま

良質のマトンがあれば塩粕もいいでしょうね!
その際は、やはり「どぶ」かと♪

お送りした危険物質はどぶとよく合うように設計済み(笑)!
参加したいっす!
Commented by soba-kiri at 2008-05-25 18:04
>itachaさま

小笹屋って「羊肉専用」なのか?
そう思えるほどドンピシャでした。
マリアージュの基本意味がよくわかりました。
生きててよかった!
現代日本に生まれてよかった!

肉喰い師itachaさまの羊肉ワーク楽しみです(笑)
Commented by soba-kiri at 2008-05-25 18:05
>kazuさま

私は漏らしそうでした(汚い!)

kazuさまもホルモン教に入信されますか?

<< 5月文楽公演「鎌倉三代記」「心... 西方より今度はサザエ来たる! >>