年越し蕎麦ってぇやつは…。。【四】

新年明けましておめでとうゴザイマス。

大晦日を何とか切り抜けました。
おととし、昨年のような極度の疲労もなく。
いい感じに全身の力が抜けた元日でした。
「まるで耐久レースのような蕎麦打ち」
やり遂げた感慨に包まれる。

私の尊敬する蕎麦屋さんがかつて漏らした言葉
「年々体も楽になるしよ」
その意味が少しだけ判ってきたかな。

一年間にさばいた穴子の量

約150キロ

一年間に蕎麦を打った回数

約1600回(たぶんね)

経験を積み重ねることでしかたどり着けない境地がある。
かつてはそんなこと思いもしなかったけどね。
だから私にとっての年越し蕎麦の意味は
自分の到達ポイントを自分で感じる機会なのかも。
いずれにせよ今年もいい経験を積み重ねていきたいものです。

年男(24歳)ですから♪
f0060530_093558.jpg

f0060530_0101828.jpg

by soba-kiri | 2008-01-02 00:18 | たまにはこんな感じで  

<< カラスミを喰らう 品質保持実験? >>