品質保持実験?

ちょいとお知らせです。
・12月24日(月・祝)は昼の部のみの営業です。
・12月25日(火)は振替休業します。
・新年は5日(土)から営業します。


まずは画像。
f0060530_16193690.jpg

例の「レバーペースト」製品化に向けての取り組みです。
可愛らしいココットにすき間なく詰め込んで
溶かしバターで蓋をすることで酸化を防止。

<中間報告>
12月15日に仕込んだレバペです。
先日19日に人体実験を行いました。
その結果
私はフレンチも好きでこれまであちこちで
レバーペーストを食べてきましたが…

これがいちばん旨いです!!


蕎麦粉の薄焼きも「中近東風」と評されました。
こりゃ製品化に向けてがんばるしかないな。
しかし…また茶色じゃないか(トホホ)。

自分で作った感想は「まぁまぁ美味しい」です。
マデラ酒を潜ませるとか、ビネガーを効かせるとかはしない。
ほどほどに旨いことが大事かと思います。

旨すぎない料理。
旨すぎない酒。
程よく抜けた空間。

たとえば波。おのおのは小さな波動でも
絶妙の角度で干渉し合うことで
ふと大きな波を生じることがある。

ビッグウェイブは目に見えないところに生じて欲しい。

う~ん意味不明だ。

by soba-kiri | 2007-12-21 16:41 | たまにはこんな感じで | Comments(10)  

Commented by 燗酒おやぢ at 2007-12-21 16:48 x
こりゃ、交換交渉が必要かも。(笑)
Commented by soba-kiri at 2007-12-21 16:57
まるで人質ですな(笑)。
とりあえず仲間を刑務所から出してもらって…♪

酸味一体をあわせると
危険な波動を生じますぜ!
Commented by kazu at 2007-12-21 17:07 x
こんど行くときまでに製品化されていることを祈っております。
Commented by まき子 at 2007-12-21 17:47 x
なるほど・・・バターで蓋をするのは酸化防止効果があるんですね。
「~過ぎないこと」って大事ですが、
それでもレバペは旨過ぎです。
それがさらにパワーアップするとなると。。。
Commented by タカサレ at 2007-12-21 20:43 x
また新たなメニューを試作したのと思ったよ(携帯で見たらブリュレに見えた)。
酸化防止案、採用してくれたのね。どう?良さそう?

蕎麦屋レバペはオーストリア菓子の方向性で極めてね(個人的希望)。
Commented by soba-kiri at 2007-12-28 16:21
>皆さま コメント放置ゴメンナサイ!

>Kazuさま
その祈りはきっと届きますよ♪

モツの神様、レバーの神様に…。

シャーマンさいとうです。
(戦車ではありません)


Commented by soba-kiri at 2007-12-28 16:23
>まき子さま

ただいま品質保持実験継続中ですが。
塩辛のような熟成が期待できるかもしれませんね。
さらなるパワーアップなるか!?

レバーの神様の気分次第ですね。きっと(笑)
Commented by soba-kiri at 2007-12-28 16:24
>タカサレさま

うちのスタッフも新しいデザートかと思って
ドキドキしていたそうです。

ちなみにレバペとコーヒーは死ぬほど合わない!
Commented by taka-sare at 2007-12-29 01:56
>ちなみにレバペとコーヒーは死ぬほど合わない!
某カフェでパテのサンドと合わせた時は、違和感無かったような気がするけどなぁ。珈琲に問題は無いかい?品質とか豆の種類とか。
それともレバペの作り方で変わるのかな?
Commented by soba-kiri at 2007-12-29 22:58
>タカサレさま

しぇば試してみれ♪
私のレバーペーストは一皮剥けば生臭いのさ!

そう!人間が生臭いから(笑)

<< 年越し蕎麦ってぇやつは…。。【四】 二毛作(立石)で酸味一体!! >>