ミイラの作り方

・11月13日(火)はお昼の部の営業のみです。
・11月13日(火)より「牡蠣天そば」開始します。終了未定。


うーん、他にもあったような・・・そだ!

・今週の十割蕎麦は山形の蕎麦、品種でいうと最上早生を打ちます。
この蕎麦、まだ熟成が足りないところはあるのですが
何か懐かしい古い記憶を呼び起こすような不思議な香りがします。

ミイラを製造するときに脳はどうやって処理するかご存知ですか?
鼻の穴からかぎ状の棒で掻き出すのです。。

ちょうどそんな感じの香り♪  (どんなやねん!!)

私が小学校1年生の頃だから1998年くらいかな…(嘘)
季節はちょうど今頃、友人と二人で外で遊んでいました。
どうして、そんな流れになったのかは失念しましたが
住宅地の造成工事の現場を手伝うことになりました(笑)。
オイチャンたちの指示に従い、ブロックやら石ころやら運びました。
ヨイショヨイショとかなり真剣に働いたつもりです。
現在の自分なら職人さんの手元仕事をこなせるけど
きっと邪魔くさかったろうね。(第一アブネーじゃねーか!)

日も暮れかかってきた頃、現場は終了。
んで、尊い労働の対価として支払われたのは
 「焼き芋」 
現場で焼いていたんですね。
なんというか、も~、今思い出してもヨダレが出るくらい…
ムチャクチャ旨かった!!
山岡士郎だってきっと再現できない美味しさです。
何故なら心の中で美化してるから(笑)。

で何が言いたいのか?

・児童労働は子供の成長のために必要です。
(パズーだってシータだってフィヨもキキも働いてるじゃん)

ではなく

・なーんか、そんな懐かしさをを呼び起こす蕎麦なんです。

じっさい蕎麦湯にしてみると
なんと焼芋の味がするんです!! 

で思い出したのが幼少の頃食した焼き芋だった・・・というサゲ。
f0060530_2111351.jpg

闘犬の会場のモツ煮(犬肉ではない)。
早明浦ダム下流のゲートボール場でキャンプした際
公民館で酒盛りしてる爺様からゴチになったアジの押し寿司。
蘇州の北寺塔の近くで食べた豆腐と海老の炒め物。
西表島のイカスミ汁。
モンゴルで食べた羊の臓物の塩茹で。
立石のモツ煮。
ベトナムの犬肉鍋。忘れちゃいけないホビロン!
角萬のヒヤニク大。

思い出と深く結びついてる味覚は宝物です。
自分の子供たちにも体験させてやりたいね。
でもね、あてがいぶちじゃダメなのよねぇ…。
f0060530_2113864.jpg

うーむ記憶に残る味覚とそれを呼び起こす味わい。
ミイラは脳髄を引き出されるときに何を思い出すのやら…。

by soba-kiri | 2007-11-12 02:11 | お知らせします! | Comments(8)  

Commented by itacha at 2007-11-12 11:05
山形の蕎麦の味わいからはじまり、ミイラの作り方
児童労働の大事さ・・・。 なんか、吉村作治もびっくり!
な壮大なテーマの記事を読んだような気分。。。
そして、よくなつかしの音楽を聞くと心のページが開くと
言いますが、匂いとか味に同じことが言えるなぁ~と、
後半戦で思いつつ・・・ ミイラは何を思い出すのやら・・・、
のフェードアウトに思いをめぐらせるのである。。。
で、私が思うにミイラは・・・
 「花びらが散りばめられた黄金風呂・・・」 かな?(爆)
Commented by 三平 at 2007-11-12 12:28 x
mixiの方だけ読むとゴルゴ呼んだろかゴルァ!
と思っちゃったけど、こっちを読むと、う〜む、と感慨にふけってしまいました。
Commented by まき子 at 2007-11-12 13:32 x
小さい頃に、おばあちゃんがストーブの上で、素手で「あちあち」って言いながら焼いてくれた焼き芋が大好きでした。
鼻水垂らしながら食べてたなぁ・・・懐かしいっす。
そんな懐かしさを感じる味わいなのでしょうか。。。

って、それより、試作牡蠣そばがとうとう?!

Commented by soba-kiri at 2007-11-13 23:23
>itachaさま

> 黄金風呂

いいねぇ!
エディ・マーフィーの「星の王子ニューヨークに行く」のイメージ♪

でも、願わくば神聖なるナイルに舟を浮かべ遊んだときに
風に乗って聴こえてきた「最上川舟唄」であってほしいなぁ。。
エジプトだけどね(笑)。ヨーイサノマカーショー!
Commented by soba-kiri at 2007-11-13 23:26
>三平さま

「与えたい」と思う気持ちと
「与えられたものは意味が無い」という気持ち。
子供たちに「よき出会いあれ」と祈ります。

なんかマジになっちゃった(笑)。
Commented by soba-kiri at 2007-11-13 23:33
>まき子さま

私の手も熱さに鈍感になってきてます(笑)。
おばあちゃんにの手にシンパシィを感じる次第です。

別に尊敬されたいとは思わないけど
子供の目から見て「スゲェ!!!」って大切。
それもひとつの夢だから。

鼻水な思い出素敵です。

牡蠣天蕎麦初日好評。。
Commented by kanzakerakuen at 2007-11-18 09:55
現場は猫鍋の思い出。
食ってません。
Commented by soba-kiri at 2007-11-19 18:59
>kanzakerakuenさま

> 猫鍋

ネコ(一輪車)に湯を沸かして
皮を剥いた新鮮な活けの猫を
煮込むというあれですね♪
現場でよく食べましたよ!(嘘)

犬は旨いけど猫はどうななのかしら?

<< レバーペースト! 牡蠣蕎麦試作なんです。 >>