プチプチ蕎麦の作り方

f0060530_14384858.jpg

画像は中古のコーヒーミル。「ナショナル カリオカ‐ミル」
これでジョアンジルベルトの名作「彼女の名はカリオカ」
連想したあなたはボサノバ好き。
♪ダ ダ ダリオダ~リオダ~リオ
ダ ダ ダリオダ~リオダ~ドドド~♪


これで蕎麦の実を粗挽きにして微粉の蕎麦粉に混ぜてみましょう。

①基本動機
流行のいわゆる「粗挽き蕎麦」は何か“あざとい”感じがして好きではない。
しかし、粗挽きの味わいについては「いいなぁ」と思う部分もある。
ある人に「こんなことしてる店もあるぜ」といわれ、真似することにした。

②実際の作業

・かなり大きな粒子が残る程度に挽いた。つか麺の幅よりでかいじゃん…。
・延してみると、とんでもない異物混入的状況。はたしてつながるのか?
 考えてみたら「ある人」の話はそばがきのことだったことを思い出した(笑)。
・緊張の「切り」。気迫がこもる。いつもは希薄なのに…。
・おっ!!蕎麦になってるじゃ~ん!よかった、よかった!
f0060530_1526261.jpg

③食べてみます
・穀物の甘味がよく引き出されていて濃厚な感じさえする。
・かみ締めると「プチプチ」と昆虫を噛むような心地よさ(えぇ!?)。
・啜りこむ食感については、それほどざらついた感じはない。
④感想
・やっぱり、あざとい旨さだと思う。
 でも打つ人間があざといから仕方ない鴨。
・こういう試作は営業中にやっていいものか?
 といいつつ4日間試したし、しばらくやってみる。
・何故だろう試作初日がいちばんよかった!
・結局試作試行と言っても、予定調和の範囲内なのかと自嘲。
 こういうときは失敗しないと得るものが無いような。
・新しいデジカメよく写るなぁと感心。

ま、しばらく続けますのでよければ試してやってくださいな。

今週は福井の05年産を打ちます。あざとくね(笑)!

by soba-kiri | 2007-10-15 15:39 | 蕎麦屋のレシピ | Comments(13)  

Commented by 燗酒おやぢ at 2007-10-15 18:26 x
あのあざとさ、結構好きだったですよ。(笑)
生蕎麦掻きにも向きますし、たまに食べるならいいかもしれません。

が、久しく食しておりませんから、今はどうでしょうねぇ。
例えれば…
彼方、無濾過生原酒系の味わい、此方、ひこ孫純米吟醸? (笑)
Commented by soba-kiri at 2007-10-15 18:40
>燗酒おやぢさま

主語が遠くに隠れたコメントありがとうございます(笑)。

じつはあちらの“あざとさ”はまだ食べたこと無いのです。

> 彼方、無濾過生原酒系の味わい、此方、ひこ孫純米吟醸? (笑)

いえいえ、とても至りませぬ(汗)!
でも、純米燗酒の奥行き感のようなものを
蕎麦でも味わってもらえたらいいなぁと思います。

(うーん蕎麦屋みたいだなぁ)
Commented by 三平 at 2007-10-16 08:18 x
表現としは、非常に分かりやすいけど「昆虫を噛むような心地よさ」っつ〜のはいかがなものかと。
ちなみに、「あざとさ」は、別にいいんじゃないでしょうか。
もっと、あざとくなってみてよ。
Commented by itacha at 2007-10-16 10:31
”あざとく”てもご主人の基準値以上に満足するものであれば
良いのでは?それが詐欺的、偽装的なければ・・・ (笑)
Commented by まき子 at 2007-10-17 12:35 x
歯ごたえあるもの(コリコリ、とか、カリカリ、とか)が好きなので、
これ、ツボにハマってしまうかも、です。
コーヒーミル、これも手で挽くやつでやったら、さらにどうなるのかな?と想像してみちゃいました。
Commented by soba-kiri at 2007-10-18 00:50
>三平さま
あざとさが進むにつれ
プチプチ感が消えてきました。
いかんですね。
今日あたりはかなり振り出しに戻れた感じです。
うーん不安定!でも、ちょっと楽しいなぁ。
Commented by soba-kiri at 2007-10-18 00:55
>itachaさま
ミートホープの社長逮捕のニュース。
「え?まだシャバに居たの?」ですね。

なお、現在、最大の心配事は
「ほんまもんのコーヒーミル買っちゃおうかな」という
心の中の悪魔の誘惑に負けてしまいそうな自分です。

どうすんべ?
Commented by soba-kiri at 2007-10-18 01:00
>まき子さま

手では挽くものか!といいつつ。
(お!それもいい鴨)
うーん!どうなんでしょう?

「異物かみ締め感」は初日がベストでした。
その後、そんなに逃げていないのですが
不思議と再現できません。なんでやろ~?
Commented by taka-sare at 2007-10-19 12:47
>結局試作試行と言っても、予定調和の範囲内なのかと自嘲。

首里麺試作の時に、たまりやさんも言ってましたが
性分ですね、
適当に作ってるように見えて、きっちり作ってしまうのは。

それはさておき、マジでコーヒーミル買っちゃうの?(笑)
その際は、的確なアドバイスしまっせ。
Commented by soba-kiri at 2007-10-20 01:52
>taka-sareさま

コーヒーミル欲しいですねぇ。
均質な粗挽き粉が挽きたいのです。
安くて小さいのあったら教えてね。

ところで22日ヒマですか?
Commented by 笑門来福 at 2007-10-20 08:40 x
漂流していて、本日初めてこちらのブログに辿り着きました。
無ろ過原酒大好きですし、そういう冒険的なもの好きなので、あざとい?という噂のお蕎麦是非食べてみたいです。でも、お店が我が家からはとてもとても遠そうで・・・。でもでも、食べたい。うぅ~美味しそうです。
Commented by soba-kiri at 2007-10-22 09:31
>笑門来福さま

いらっしゃいませ!
しばらく試してみましたが
それほど冒険的でも“あざとく”もないかも、という感想です。
福井は完全に微粉のほうが「らしさ」が出たし
牡丹のほうは粗挽きを混ぜた方が旨いなど
その蕎麦のもつ個性に合わせた挽き方があるようです。

鉄道博物館にお出かけの際には当店まで
足を伸ばしてみてはいかがですか?
楽しいですよ!ニューシャトル♪
Commented by hairoikb at 2013-05-09 07:17 x

<a href="http://lovemyhair.ru/piling-s-solyu/#kq7h">Домашние средства</a>

<< おとなの週末 2007年 11月号 雑誌「食楽」11月号 >>