文楽公演 「夏祭浪花鑑」

行無蓮羅苦(業務連絡…ウザいか?)
・9月17日(月・祝)18日(火)は研修のため休業です。
 ちょいと西の方へ行ってまいります。(ウコン飲んでます)
・9月29日(土)も休業します。ゴメンナサイ。
・今週の十割蕎麦は新蕎麦(北海道・牡丹)です。旨いかな~?

f0060530_22531343.jpg

さて本題!!

漫画「もやしもん 5巻で」で
酵母が主人公(人間)に向かって
「俺らは酒造ってんじゃねェ生活してんだ」
と啖呵を切るシーンがあるのです。

これを自分に当てはめることが出来たら素敵だな、と思います。

・・・・のっけから脱線か?

さて本題!!

あなたが「文楽」というものをまだ(生で)観たことがないとしたら
それは人生の大いなる損失なので以下の手続きを急ぐことをお勧めします。

①国立劇場のファンクラブ「あぜくら会」に入会する。
手続きに1ヶ月ほどかかるのでなるべく早く!
②毎月、会報「あぜくら」が送られてくるので入念にチェック!
③文楽公演の予約の電話をかける
はっきり言ってなかなか電話がつながりません。(ネット予約はない)
④席は6列の31番を指定!

①から④までの手続きが出来たら極楽へのチケットを入手できたも同然。

あのね、本当に凄いんだわ文楽。説明しようがないので「凄さ箇条書き」ね。
・「舞台は全体視するのがよい」と常々思っていたけど
今日はダメだった~!ウワー!ウワー!と眼が、気持ちが持っていかれちゃう。
・太夫と三味線は1組が通して担当するのかと思いきや
これがバンバン入れ替わる。かなり贅沢です。ウレシスギ。
あんな小さな舞台にどれほどの人数を投入してるのさ?
・人間国宝はスゲェ!
三味線の人間国宝の人、変なバイブレーションが出てます。
太夫の人間国宝の人、今でも頭の中でも語っていますよ。
人形遣いの人間国宝の人、人形が生きている感じでした。
・人形劇で泣くなんてないでしょ!と思っていました。
すみません…涙こらえるのが大変でした。
・今回入手できた席が「6列の31番」これが大正解!
文楽廻しの真ん前で三味線の人と「こんにちは」状態。
太棹のバイブレーショーンを全身で楽しめます。
文楽の三味線は「ヨォ」とか一切言わない。
でも唸る。キースジャレットのように唸るのです。
そんなかすかな唸りすら聴ける席でした。
・幕間に売店を覗いたら「柿の葉鮨」がぁ!!!
こんなことならどぶをポットで持参したのにぃ!!

今回は演目の魅力や演者の巧拙まではとても言及できないけど
とっても大事なものを吸収させていただいた感じです。

追記 画像の隅っこに写っているのは私の三線。
    あの太棹を体験して今さら何かなすことがあるのか?と自嘲。
    でも癒されるんだもんね。

さらに追記 こんな人も文楽にはまってるのね

by soba-kiri | 2007-09-10 23:19 | たまにはこんな感じで  

<< 平日限定 「牡丹蕎麦の新蕎麦」 感じないものこそ >>