おのおのがた!『宇ち入り』でござる。そして『万作』のゆうべ

「芸」っつーのは習って上達するとかそんなものじゃなくって
その身に染み込ませるように、「内」にこそに宿すべきものなんだな~と
しみじみと感じ入った次第の5月1日でした。

何が言いてぇんだぇ?

いやねモツを食いに行ったんですよ。立石にね。
で、夜は能・狂言を観にいきました。
なんて書くとあたかも粋な通人のようですが、
な~に朝から晩まで酔っ払っていただけの
素晴らしい(笑)休日でした。
f0060530_2357598.jpg

ものすご~~~~~~く幸せな時間でした。
サッとゆでただけのテッポウ(直腸)とコブクロ(子宮)をシンキ(合い盛り)で
酢をかけてもらう。ほとんど生なのだが臭みがまったくない!
テッポウのクニュっとした食感とゼラチン質の旨味。
コブクロは意外にサクッとした食感、淡い甘味が口の中に広がる。
素晴らしい…!!(今、書いていて涎が止まりません)
思わず隣の席の人に「すごく旨いです」と感動を伝えてしまった。

程なくして煮込みが来る。
ホネ(豚のあごの肉?骨がついてる)がガツーン!と入っている。
鍋の中を覗くとハツモト(大動脈)が白く浮かんでいる。
フワ(肺)もあの中には潜んでいるのだろう。

我慢だ!ここは我慢だ!宿題にしよう!

本当にモツを味噌で煮込んだだけのシンプルな味わい。
それでいて深いところに何かが潜んでいる。サムシンエルスです。
追い足しの技法が創り出す「モツ煮の魂」とでも言うべきか?

ツル(オチンチン)を塩で焼いてもらう。
カシラ(ほほ肉)のような感じか、それでいて肉臭くない。
赤身肉とゼラチン質の旨味が凝縮された一品。

が、股間が痛いのは気のせい?

レバナマは驚くほどのボリューム!そして新鮮!
まるで角の立った蕎麦のようにレバーの角が鋭く尖る。
甘い!毎日食いたい!生肉とはかくあるべき!
ハァ、馬刺しとかもういいや、このレバーだけこの世にあればいい。

アブラ、ガツ、タンナマ、カシラ、シロは宿題だ。

さて、酒は何を合わせたかというと
「宝焼酎 25度」ウメシロップ入り
「宝焼酎 25度」葡萄シロップ入り だけ(笑)
一杯170円。梅2杯、葡萄1杯、計三杯呑みました。
燗酒と違って後から効きますね~(笑)。

ここはもう想像するしかない。イマージンオーザッピーポォー♪
コブクロ、テッポウのナマ(茹でた状態)に小笹屋竹鶴を…
煮込みには、どぶを65℃にして蕎麦猪口で…
ツルにはひこ孫を…ああ旨味が何倍にも膨らむ…
レバナマの甘味を引き立てるには、いったい何がいいかな…旭菊か…

でもね、焼酎を注いでくれるあんちゃんの所作が素晴らしいのです。
「一升瓶の似合う男」コンテストなんてのがあったら優勝確実です。
焼酎をグッと突き出し注ぐと「ウメ?」と尋ね、シロップを注ぐ瞬間芸。
まるで一升瓶は太刀、シロップは脇差といったところでしょうか!

ここにもサムライがいました。

ささっと切り上げ表で待つ立石育ちの友人と合流。
この人仕事をサボって来たのです。バカだねぇ。

再入店はあきらめて、昼酒スポットを探し出し(ちなみにこの時点で14時半くらい)
ギネスで乾杯!友人はつまみを注文していたが
私は口の中の感動を消したくないので何も食べずギネスを呑む!

立石の友人に「日本はまだ大丈夫だ!立石がある。あの店がある。
ぼくは今日のこの体験を思い出すだけでいつでも元気になれる!」


演説してました…。完全に酔っ払いです(笑)。

まだまだ語りつくせないのですが、いずれ再訪の報告をさせていただきます。

え?店名を教えろ?

f0060530_0135660.jpgえへ?そんなの教えるわけにはいきません。
この行列がこれ以上増えたら困りますもの。
おほほほほほほほほほ!
じゃ、ごめんあっそあせ!

(ここから急激にマダム化して
狂言を観にいくのです)


といったところで後編に続く
(つか文章長すぎ)

by soba-kiri | 2007-05-03 00:31 | たまにはこんな感じで  

<< 立石で「返り“宇ち”」のあとは... 連休仲入りです。 >>