年頭にあたり抱負など

改めて、新年を迎えられた慶びを感じる今日この頃
抱負というか今年度大切に思っていきたい事柄を確認したい。
もちろん「お客さまに喜んでもらう」という前提は普遍で不変。

①「はかなさ」を大事に

暮れにJBが亡くなりました。
JBは死なないと心のどこかで思っていた節があります。
でもやっぱり生き物だったんですね。永遠な物質じゃないんだ。
ジャッキー・チェンだってもはやいい歳です。

・・・・何が言いてぇんだぇ?

うーん何だろう、いつの間にか「永遠に続く蕎麦屋」になろうとしていたのかも。
そんなものは何処にも無いのにね。並木の藪だって永遠ではない。
そんなものを意識したっていいことは何もない。可能性が閉じられるだけ。

一転、じゃ、無限の可能性に目覚め挑戦を続ける・・・というのでもないなぁ。

ま、たかが蕎麦じゃないですか。

志ん生得意のフレーズですよ。
「てめぇなんざぁシャツの3番目のボタンみてぇなもんで
あってもなくってもどぉでもいいんだ」
この心意気です。

人形遣いの故吉田玉男さんは
生涯、大名跡を継ぐことを嫌って通しました。その理由が
「そういうのは、なんとのぉ居らんようになっとるのがええ」です。

はかないがゆえに美しい。

「40秒でしたくしな!!」といわれて家を飛び出せるだろうか?

注)もちろん経営的な話ではありません(笑)

②農業にかかわる

もともと農業をやりたかった。
その想いを別に封印することはないなと気楽に思いました。
まだ具体案は無いけど
近場で畑をひとつと、どこかで蕎麦の栽培もやります。
じゃあ、収穫した蕎麦はどうすんだい?
そんな先のこと考えていたら先に進みません。

③小冊子をつくる

「こうすりゃもっと蕎麦屋を楽しめる」といった内容の小冊子を書きます。
出来るかな~?
協力者募集で~す。

ありゃ?3項目だけか?
文字化するとたいしたこと無いね。
ま、もともと大したことじゃないということもあるけど。

まずは自分が面白くなきゃね。
今年もよろしくお願いします!!

by soba-kiri | 2007-01-05 01:37 | 蕎麦屋点描  

<< 煮込みデビュウ!! 任務完了! >>