キング オブ ソウル逝く

今日は(昨日か)定休日。夕方運転中、FMラジオから
「え、ジェイムス・ブラウンが・・・」と聴こえてきました。

子供たちを乗せての運転だったので動揺は抑えましたが
「あーついに・・・」と奥歯をかみました。

ちょうど「闘う純米酒―神亀ひこ孫物語」を読み始めたばかりで
自分のやっていることについて深く考えていたところへの訃報は
さらに自分自身について深く考えさせるものでした。

小さい頃に父を亡くし、身近に成人男性がいない環境で育ったせいか
私は「なんだかよく判んないけどスゲェ」おっさんに弱いところがあります。
「弱い」というのは、すぐに参っちゃって影響を受けちゃうんですね。

坂本竜馬
高杉晋作
吉田松陰
勝海舟
ジョアン・ジルベルト
植村直己
ジミー・ペイジ
吉田玉男
寅さん
志ん生
福岡政信
小川原良征
嘉手苅林昌
マイルス・デイビス
宮崎駿

そして JB ジェイムス・ブラウン

初めてCDを買ったのが高校生のときだから、平成十・・・(嘘です)
とにかく、意味のない曲(歌詞とか叫び声)が
ハイテンションに長時間続く演奏に圧倒されました。
来日したときはライブも行きました!!
それまで、さだまさしなんかを聴いていたのですが
JBを皮切りにソウル、JAZZ、ロック、ボサノバ、民謡、落語へと
音楽生活が変化していったようです。(と、今気がつきました)

いわゆる親の歳まであと二年なのですが
その先がなんかポッカリと抜けてるようなイメージです。
もっとも、ハナから親の無い人もいるわけで「何甘えてやがんでぇ」ですね。

きっと「すげぇおっさん」にヴィヴィットに反応してしまう体質は
ずぅ~っと、これからも変わらないと思うけど、
自分もいつか「すげぇおっさん」になれたらいいなぁと強く思う次第です。

JBさまありがとうございました。熱くホットにお休みください。合掌。ゲロッパ。

by soba-kiri | 2006-12-26 01:54 | 蕎麦屋点描  

<< 任務完了! 年越し蕎麦予約受付終了! >>