お勧めです。「ときがわ」

・煽るつもりではありませんが年越し蕎麦のご予約が少しずつ入ってきています。
(本当にありがとうございます!!)
本日確定分で46食のご予約です。傾向としては「去年、足りなかったんで・・・」と
一件あたりの数量が増えてます。
300食限定なんですけどね。ちょっとヤバイかもしれません。
・不義理とやりかけの仕事を山積みにしたまま年の瀬が押し迫ってきます。
ラフティングで言うと5級プラスくらいの「瀬」ですね。(判る?)
当ブログでも
「蕎麦屋酒の楽しみ方」シリーズ
「乾かない蕎麦を求めて」シリーズ
「事前電話取材」シリーズ
「ヴァーチャル蕎麦屋酒」シリーズ
他にも、そばがきのレシピ、店の周辺、なども宿題が。

さて本題。

f0060530_0492565.jpg先日、息子と二人でちょいと山歩きに
行って来ました。
あまりにコンパクトで癒される半日だったので紹介させていただきます。

画像は凍てつく落ち葉です。

0600 自宅発
0730 白石峠着 歩き始め
0820 天文台のピーク着(小休止)
0900 白石峠着 山歩き終了

考えてみたらここ数年
“生”の自然に自ら赴いたことなかったなぁと反省しました。
とてもミニマムなハイキングだったけど
低山歩き楽しいですね。

一応、コンパスの使い方などを
息子に教えつつ歩きました。

息子「何で地球は磁石なの?」
父「・・・・」(知るかいな!)

さあ下山(というほどでもない)したら温泉に旨いものと決まってます。

まずは当店のテーブルや椅子、ドアを制作してもらった
「羽工房」さまへお邪魔しました。いきなり・・
「熊に会いませんでしたか?」
そんなん、よお知らしまへ~ん!!はよ言うてぇな!!
熊出没が相次いでいるらしい。うーん里山が弱くなってるなぁ。
羽工房ではなにやら雑誌の取材中。覗かせてもらいました。
団塊リタイヤ組に向けた雑誌とかで木工を紹介するそうな。
ちなみに団塊世代の憧れの趣味が、木工と蕎麦打ちだと。
やりますか?蕎麦打ち教室?でもね若造なんですワタシ。

さて木工の世界を堪能したら温泉です。
「都幾川四季彩館」お肌もすべすべです。
渡り廊下にある足湯が気持ちいいのですね。
川のせせらぎを聴きながら、ひたすら「ボ~」っとする。ホカホカです。

さすがにお腹が空いてきました。行く先はひとつ!
「ボン・レギューム」フレンチです。
詳しくはHPを参照のこと。
ここでは何を食べるか?
野菜です。
メインの魚はホウボウ、肉は黒豚のバルサミコとあり、旨かったのですが
添えられた温野菜がめちゃくちゃ滋味あふれるのです。
想いの詰まった料理、素材、空間。
「これだよなぁ・・・」と胸打たれる蕎麦屋ひとり。
ちなみに息子は終始無言で喰いまくりでした(笑)。

まあ酒はそんなに無くて、日本酒では「おがわの自然酒」
「お燗してください」と言える猛者の登場を待ちましょう。

by soba-kiri | 2006-12-08 01:27 | たまにはこんな感じで  

<< 熊手を求めて・・・in大宮氷川神社 仏像・蕎麦屋酒 >>