「ほっ」と。キャンペーン

繕い物・耳なし芳一・外国人対応

f0060530_23562056.jpgこれは当店の照明。
イサム・ノグチ。
紙が劣化したので
思い切ってコテコテに補修してやりました。するとどうでしょう、わが仕事ながら味が出たかな?

「いぐねぇ!いぐねぇ!」
スウィングガールズ 
上野樹理)てなもんです。

店に手を入れる、こんな小さな補修作業だけど、何か想いが深まったような気がします。


ところが家人らは

「まるで耳なし芳一ね・・・」

へっ!上等上等!小泉八雲カモーン!!

もしお経を書き忘れたのが耳でなく○○だったら・・・。

痛ってぇ~~~!!!

「○○って?」もちろん「鼻」ですよ!鼻なし芳一。。

そういや「クロード」でも小泉八雲が語られていたなぁ。
怪談と外国人。
純米酒と米国人。(米国人=米の国だもんね)
そばとネイティブグアテマラ人・・・ハテ?

f0060530_0261759.jpgここからが本題。


右はいわずと知れた

並木藪

ここでの出来事





そこで思ったこと。


ある日私はいつもの蕎麦屋酒を並木の藪でやっておりました(もち午前)。

調理場の真正面。キクマサの樽を右に見る私の指定席(勝手だが・・)。
わさび芋をつまみにグイグイ。店も混んできた。
この日のオーダーは「玉子とじ」だぜ!そろそろお願いします!

ここで合い席になった。若い女性二人連れ。中国語を話している。
ガイドブックと品書きの短冊を見比べ何かもめてる。

"May I help you ?"(ヒュー!かっこいい!)

へぇ鴨南蛮(並木は鴨そば)が食べたいの?
あのね、鴨はウィンターメニューなの。まだメニュウに載らないの。
(どうやらガイドブックで推薦されてるようだ)
「鴨肉麺」とかなんとか書いてある。うーん!それって微妙な表現だな。
「牛肉麺(ニュウロウメン)」を連想するのでは?

ちょっと違うんだよね~!コリアンダー入ってないしね!

もうひとつ問題が発生。

「花巻」

蕎麦の世界ではかけそばにもみのりを散らしたものだが
中華では饅頭の一種で、具の入っていない蒸しパン。

なんで「花巻」があるんだとたずねられても、そんな微妙な説明できるかっ!

ワイワイやってると花番さんが英語メニュウを持ってきてくれた。
(・・・そんなのあるならもっと早く出してくれ・・・)

しかし、そんな直訳メニュウは何の役にも立たないようだ。
(だって「鴨肉麺」が食べたかったんだもの私たち・・)
結局「お前は何をオーダーしたんだ?」とたずねられる。

「え?TAMAGO TOJI だけど・・英語でなんて書いてあんの?」

エッグ・ヌードル!!!???

(違うだろー!それはかなり違う!!)

「グッテイスト?」

「シュア!」

(ホントかな~?)

そうこうしているいるうちに私の玉子とじが運ばれてきた。
いや、旨そうで事実旨いんだけど・・・
大陸の人の感性からすると
「なんじゃこりゃ~!!」じゃないのかな?高いしね。

どうやら彼女たちも玉子とじにしたらしい。
蕎麦をすする私に熱い視線が注がれる。
「旨い?旨いの?それ?」光線だ。

責任重大だ。なんとか彼女たちが食べ始める前に脱出しなくては!
下手をすると国際問題に発展しかねない!
しかし旨いなぁ。ゆっくり食いたいよ~!蕎麦湯をちょっと飲んで席を立つ。

にっこり笑顔で"Good trip!"

ハァ~~~。日本代表で玉子とじを食ったよ(汗)

まあね、並木の藪ならまだいいけど
神田の藪に行ってしまう外国人旅行者はかわいそうだ。
あんな給食のソフト麺みたいな蕎麦食わされて
「いらっしゃい~~!」って言われても意味不明だろ。

「オウ!コレガ池波サンが愛シタ蕎麦デスカ・・・・・」

蕎麦も日本酒も本当に旨いやつを食べてもらいたいね。

たとえば坂本美雨あたりが

「彼女のお父さんは、あの坂本龍一で、お母さんは矢野顕子。
美雨は日本のポップミュージックを代表するアーティストです。」

そんな風に海外に紹介されてたら嫌でしょう!

なーにか良い方法ないかなー!
まあ私が心配することでもないのだけれど・・。

そういえばエキサイトの社長も並木の藪に行ってたみたいね。

by soba-kiri | 2006-11-10 01:34 | 蕎麦屋点描 | Comments(6)  

Commented by ふく at 2006-11-10 19:48 x
突然、お邪魔します。いろいろ飛んで、飛んで、参りました。
お蕎麦に最近に目覚めたのです。

ところで、エッグ・ヌードルとは!?なんてことでしょう。
天下の並木の藪が・・とは。
外国の方には、きちんとした、本物のかつお出汁(臭くないもの)。
チャンとした、寿司飯の味。
お蕎麦の味、などなど、食べていただきたいものです。
それには、ちゃんとしたメニューを用意し、解説をつけていただきたいものです。文化を伝えるのは食からと、深く思います。
くれぐれも、インスタントの出汁と牛丼の味と回転寿司が日本の味だけでないことを知ってほしいですね。
こんなに、中華もイタリアンもフレンチも本物が食べられる日本なのにと思うこのごろです。いつか、そちらのお店にうかがいたいと思っています。
横浜からはかなりありそうですね。そのときはどうぞよろしく。
Commented by soba-kiri at 2006-11-10 22:22
>ふくさま

いらっしゃいませ!燗酒の魔窟への入り口へようこそ・・(笑)

老舗蕎麦屋を語るとき多くの人が
「味がどうとかではなく存在することに価値がある」的な物言いをする。
それは一部のコアな江戸蕎麦好きには伝わるけど
外国人はおろか一般の日本人にすら、もはや意味がわからない。
マニアックに走らず、高価でない、奇異な感じのしない
きちんとした店が必要です(あることはあるんですよ)。

ちゃんとした蕎麦とまともな燗酒が飲める蕎麦屋が
普通にある、ある種オーソドックスなものとして
もっともっと求められていいんじゃないかなと思います。

(なんか真面目)

また遊びに来てください。(出来れば店にもね)
Commented by ふく at 2006-11-10 23:21 x
ありがとうございます。是非、うかがいますね。
実は、わたし、お酒もほとんど飲めないのに、
縁あって竹鶴さんとは親しくさせていただいています。
何回か、竹原にも伺いました。
お祝い事の贈り物には、小笹屋竹鶴を使わせていただいています。
また、結婚のお祝いに、男酒、女酒として神亀と竹鶴を2本ずつ送ったことがあります。読ませていただいたら、どちらもおいていらっしゃる様子。
うれしくなりました。余分ごとで、ごめんなさい。
Commented by soba-kiri at 2006-11-11 15:26
つるつるカメカメ

なかなか洒落た贈り物ですね。
いつか私も真似させていただきます。

自分の好きな酒を外で発見する。
これにまさる喜びはありません!(大げさ)
本当にうれしくなります。

残念ながらそういう機会がなかなかありませんが・・
Commented by yamamura2004 at 2006-11-14 06:59
エキサイトの山村です。いつも御利用ありがとうございます。
いやーーー、東京の蕎麦屋は奥が深いですねえ。でも外人さんに並木の藪はちょっとむずかしいですよね。

山村幸広
Commented by soba-kiri at 2006-11-14 19:11
>山村さま
コメントありがとうございます!

外国の方が素直に感動できる蕎麦屋を用意しておくのは国策です(笑)
藪、まつやなど観光地化した蕎麦屋では難しい・・・。
個人的には大井の布恒更科は店のつくり、雰囲気、料理、値段、量
外国の方にも納得してもらえると思うのですが
いかんせん酒のラインナップがいただけません。

これから、この視点で蕎麦屋を見てみると面白いかも!

小樽の藪半さまは酒、店、蕎麦、どれをとっても文句なしですよ!
山村さまもぜひ行ってみてください。

え?当店?

えへ!どうぞニューシャトルに揺られて
スローな休日を過ごされてはいかが?

また遊びに来てください。

<< 年越し蕎麦&イルミネーションI... <続>本日誕生日、蕎麦の香りと... >>