新蕎麦まつり終了!

本題に入る前にお知らせです。

本日10月29日(日)は臨時休業させていただきます。
大変心苦しいのですがよろしくお願いします。(しつこい?)

おかげさまで新蕎麦のキャンペーンも無事終了しました。
連日、オペレーションの限界まで蕎麦を打ちましたが
いかんせん、打つのも茹でるのも独りですので自ずと限りがあります。
やむを得ず品切れにさせていただくこともありました。
お断りしたお客さまにはこの場を借りてお詫び申し上げます。
ともあれ、新蕎麦の旨さを味わっていただけたなら
それはこの未熟な店主にとってこの上ない喜びです。

本当にありがとうございました。

ところで

「新蕎麦の味と香りを文字で表現してブログに書こう」
この3週間、ず~っと蕎麦の香りを嗅いでいました。

結果

わから~ん。

なんて表現していいかわからんごとあるとです。(どこの人よ?)
それこそ死ぬ気で嗅ぎました。もお鼻毛ボーボーですよ!

・農業実習のときの、牧草刈りのあのむせるような匂い
・穀物のよく熟した香ばしいかんじ
・ん!これってピーナッツバターの密度感
・なにか、小動物の体臭のような・・・
・豆乳?
・練り餌?

今年の新蕎麦は出来がかなりよかったと思います。
だからかな?香りの成分が多くてうまく言えない。

「よくわかんない」ということに対して
酒モアイ杜氏がこんなことを言ってくれた
「呈味成分、つまり舌で感じて脳で知覚できる味の成分と
そうでない、舌ではキャッチしてるけど脳ではよく判らない成分があるんです。
生もとの酒は、そっちのよくわかんない成分が多い。つまり
そっちがマッチなんです」

いいでしょうか?わたくしも実は
「そっちがマッチなんです~!」(金剛地武志か!)

特に驚いたのは、水回しから、くくり、のしと
作業を進めるごとに、まったく違う香りが立ち上ってくること。
もちろん茹でれば、また違う香り。

蕎麦を食べる人はその香りだけ
打つ人はその香りの移り変わりから楽しめる。
これは役得なのか?

蕎麦の香りを深く理解するには
自分で打ってみるのがお勧めで~す!

え?めんどくさい?そおかなあ・・・。
面白いんだけどなぁ。

by soba-kiri | 2006-10-29 01:13 | お知らせします!  

<< 本日誕生日、蕎麦の香りと精子数!? 東京からわざわざ・・・何故? >>