新蕎麦まつり終了!

本題に入る前にお知らせです。

本日10月29日(日)は臨時休業させていただきます。
大変心苦しいのですがよろしくお願いします。(しつこい?)

おかげさまで新蕎麦のキャンペーンも無事終了しました。
連日、オペレーションの限界まで蕎麦を打ちましたが
いかんせん、打つのも茹でるのも独りですので自ずと限りがあります。
やむを得ず品切れにさせていただくこともありました。
お断りしたお客さまにはこの場を借りてお詫び申し上げます。
ともあれ、新蕎麦の旨さを味わっていただけたなら
それはこの未熟な店主にとってこの上ない喜びです。

本当にありがとうございました。

ところで

「新蕎麦の味と香りを文字で表現してブログに書こう」
この3週間、ず~っと蕎麦の香りを嗅いでいました。

結果

わから~ん。

なんて表現していいかわからんごとあるとです。(どこの人よ?)
それこそ死ぬ気で嗅ぎました。もお鼻毛ボーボーですよ!

・農業実習のときの、牧草刈りのあのむせるような匂い
・穀物のよく熟した香ばしいかんじ
・ん!これってピーナッツバターの密度感
・なにか、小動物の体臭のような・・・
・豆乳?
・練り餌?

今年の新蕎麦は出来がかなりよかったと思います。
だからかな?香りの成分が多くてうまく言えない。

「よくわかんない」ということに対して
酒モアイ杜氏がこんなことを言ってくれた
「呈味成分、つまり舌で感じて脳で知覚できる味の成分と
そうでない、舌ではキャッチしてるけど脳ではよく判らない成分があるんです。
生もとの酒は、そっちのよくわかんない成分が多い。つまり
そっちがマッチなんです」

いいでしょうか?わたくしも実は
「そっちがマッチなんです~!」(金剛地武志か!)

特に驚いたのは、水回しから、くくり、のしと
作業を進めるごとに、まったく違う香りが立ち上ってくること。
もちろん茹でれば、また違う香り。

蕎麦を食べる人はその香りだけ
打つ人はその香りの移り変わりから楽しめる。
これは役得なのか?

蕎麦の香りを深く理解するには
自分で打ってみるのがお勧めで~す!

え?めんどくさい?そおかなあ・・・。
面白いんだけどなぁ。

by soba-kiri | 2006-10-29 01:13 | お知らせします! | Comments(4)  

Commented by とんび at 2006-10-30 10:36 x
昨日は有り難う御座いました。早いこと出来上がってしまってすみません!もっとお話したかったす。

会話で「あれ?間違ってるかな?」っておっしゃっていた呈味成分の説明はブログに書いてある通りだと思います。僕の表現が間違ってました。
Commented by soba-kiri at 2006-10-30 11:26
いや~私は自宅&翌日休みの勢いも手伝って久々に深酒しました。
しかし、いい酒は二日酔いしませんね。
でもちょっとキク○サと八○山で遊びすぎたのが残ってるかも

そっちがマッチな人間になりたいです。
Commented by あっき at 2006-10-31 20:46 x
>それこそ死ぬ気で嗅ぎました。もお鼻毛ボーボーですよ!

うきゃきゃっ!と思わず笑ってしまいました~。
さいとうさんの顔思い浮かべて必死に嗅いでる図を想像して(笑
私も必死に嗅げばよかったなぁ~
美味しくて香りと味と一緒に一気にもぐもぐしちゃったから・・
私の日舞の仲間がお蕎麦やさんをひとりでやっているんですが(女性です)
二の腕が異常に鍛えられて困る、と
立派な腕を見せてくれました。
彼女、細~いんですけど、確かに腕は凄く筋肉ついていました。
蕎麦打ちも力仕事でしょうが、鍋持ったりするのが力要るんでしょうね~
私はそばがきを美味しく作ってみたいです。
前作ったら上手に出来なかったので。。。。
蕎麦は夫にやらせてみたい!(興味あるらしいです)
Commented by soba-kiri at 2006-11-01 02:00
>あっきさま
茹で上がった蕎麦を嗅ぎまくってもボーボーにはなりません(きっと)
こちらは粉の段階からの鼻バキュームですから(笑)

それとやはり腕は太くなるかも!
先日、とんびさまにも誉められました(意味不明?)
木鉢の作業が腕立て伏せみたいなもんですから。

いつか蕎麦打ち教室が開催できたらお声をかけます。
そばがきのレシピは近いうちに当ブログにて公開しましょう。

<< 本日誕生日、蕎麦の香りと精子数!? 東京からわざわざ・・・何故? >>