「おろしそば」を紹介します。

f0060530_2342326.jpg今年のおろしそばは一味違う!
なーんて偉そうに書き出しましたが・・、鰹節削りにすこーし慣れただけなんですねぇ。
(言い換えれば昨年は下手?)

「おろしそば」は越前の名物、ご当地の辛味大根と鰹節をのせただけのシンプルかつ、蕎麦の甘味を「これでもか!」と味わえるすばらしい一品です。


えー、当店の「おろしそば」の特徴は、削りたての鰹節、おろしたての大根おろしをベースとして蕎麦の実、蕎麦の芽、刻み海苔、きくらげ、シシトウなんかをのせ、揚げ玉と薬味ねぎを添えました。元祖越前と比較するとかなりケバい内容ですが、意外と調和を見せます。
また、当店では唯一の「ぶっかけ」メニューであり、その「おつゆ」はもり汁ともかけ汁とも異なる絶妙の旨さです(自画自賛)。

さて

こんな旨い可能性を秘めた「ぶっかけ」を放置しておいていいものか!
答えは「否!」でしょう。

やってますよー、新メニュー開発。
f0060530_034621.jpg虚飾を廃して蕎麦の上には牛蒡天のみ、そこに添えるのは大根おろし、ネギ(海苔もいいみたい)のみ。

うまい!です。
「ま」にアクセント)
つゆが冷たいから牛蒡天がいつまでもしゃきしゃきなのが手柄ですな。

やっぱり、牛蒡と蕎麦は合うんだよねー!

そして燗酒とも合うんですねー!やばいねー!

by soba-kiri | 2006-04-21 00:16 | 蕎麦屋点描  

<< 桜海老のかき揚げ 4/15(土)夜の部貸切です。 >>