本日昼の部に来店されたお客さまにお詫びします。

本日当店は、11時開店と同時に団体のお客さまが入店されたため
ほとんど貸し切り状態になってしまいました。

せっかくのゴールデンウィークに
「さいとうで蕎麦でも食うか!」と出かけてくださったお客さまに

「混んでて入店できなかった」
「入れたけど団体客が大騒ぎしていてうるさかった」
「なかなか蕎麦が出てこなかった」
「さいとうは休日の昼に団体の予約をとるのか」

等々の不快な想いをさせてしまい申し訳ありませんでした。

お客さまに不快な思いをさせてしまったのは完全に店主のミスによるものです。

本当に申し訳ありませんでした。

ブログ上でというのも礼に欠けますが改めてお詫びさせていただきます。

「こんどの休日にあの蕎麦屋に行こう!」と予定するって
本当にわくわくした気持ちになります。
そして実際店に出かけ楽しみにしていた酒やおつまみを注文して
のんびりと過ごすのは至福の時間と言えるでしょう。
そして蕎麦を食べて蕎麦湯を飲んでほっと一息。
明日からのやる気もわいてくるというものです。


私はそういう時間を過ごしていただくために蕎麦屋を経営しています。

その時間を台無しにしてしまった責任は私にあります。




本日開店と同時に「16名なんだけど」と大勢のお客さまがお見えになりました。
実際には17名さまの団体でした。

これまでも大人数のお客さまの対応はしたことはあります。
でもそういった場合でも複数のテーブルに分かれていただき
テーブルごとのオーダーを受け、順番に料理を提供すること
食べ終わったテーブルから順次席を立ってもらうことで対応してきました。

そのように説明したのにもかかわらず、今日のお客さまは突然大宴会を始めてしまったのです。
結果的に11時30分の開店から15時近くまでほとんど貸し切り状態で大騒ぎを許してしまいました。

わたしのミスは
・最初に16名という人数を聞いて断らなかったこと
・お酒の注文を受けても「はい、ここまでね」と宇ち多゛さんみたいに断らなかったこと
・大声をあげて騒ぐのを制止できなかったこと
・順番にスピーチを始めたのを止めなかったこと
・スピーチのたびに拍手と「イエイ!」とか言うのを止められなかったこと

また、この17名様は年齢でいえば私の親の年齢いわゆる団塊の世代と見受けました。
たとえば、バカな大学生が17名で大騒ぎをすることは予想できますが

まさか親の年代の大人たちが傍若無人な振る舞いをするかもしれない

という想像力が私に欠けていました。

ここが大きな判断ミスでした。

じつは前日の夕方に
「明日の12時ころ10名で予約したい」という問い合わせを受けていました
これに対して私は予約は受け付けませんでした。
理由は
・基本的に昼時の予約は受け付けないこと
・当店は席数が26席しかないこと
・まとまった席は用意できない
・連休なので昼時は混雑すること
・なんなら11時半に来ていただければ
・10名様の席をご用意できると思いますので
・早めに出かけてみてはいかがですか

この対応にミスはありません。

しかし「10名」で問い合わせてきた方が
まさか17名で押し寄せてくるとは・・・
さらに大宴会を繰り広げるとは・・・大不覚です。

こんな事態になってしまったのは8年近く営業してきて初めてのことです
今後二度とこういうことのないように店主としてきちんと対応していきます。

本日「せっかく出かけたのにひどかったよ」と思われたお客さまが
もしまた来店していただけた時には気持のいい時間を過ごしていただけるように
これから一層努めますのでできることでしたら、また出かけてやってください。

本日は本当に申し訳ありませんでした。

f0060530_2323264.jpg

当店のお酒は乱暴に呑まれるために造られた酒ではありません。

by soba-kiri | 2012-04-30 23:27 | 蕎麦屋点描  

<< 「うどん事業本部」発足! パン教室「粉工房ピクニッカ」さ... >>