NikonF フォトミック ブラックボディ

本日定休日ですが

「マーガレット サッチャー 鉄の女の涙」を観てきました。

感動しました。

私は映画評論家ではありません。蕎麦屋です。

蕎麦屋として感動してしまいました。

サッチャーは在任中、毎日毎日シリアスな決断を迫られました。
しかし、臆することなく愛する国のために考え続けていたんですね。

こんなセリフがありました。
弱腰な男性議員に対する言葉です。

「何をすべきか、ではなくどう見られるかを気にしている」

ガツンときました。
私自身、蕎麦屋として「何をすべきか」真剣に考えているだろうか?
いや、もちろん考えていますよ!
それに、蕎麦オタク的な蕎麦屋になろうというのではありません。

そうではなく身を削ぐように「考えて」いるだろうか?

いっぱいいっぱい考えた上での決断をしているだろうか?
私はお気楽で弱い人間ですからラクなほうにいつも流れます。
やらなくてはいけないことがあってもイージーな思考に支配されがちです。

そんなことでホントーにお客さまに喜んでもらえる店が作れるだろうか?
自分の周囲の人間を「自分の真剣」に巻き込んでいけるだろうか?


映画の中で、認知症になってしまったサッチャーが言います。
「言葉が思考を作り、思考が行動を作り、行動が習慣を作り、習慣が人格を作り、人格が運命を作る」

まさにそのとおりです。

ネガティブな言葉を発すれば思考も行動もそれに従い、行動も習慣も人格も運命も変えてしまう。

私は蕎麦屋としてもっとピュアに身軽に思考していきたい。
とらわれず行動して失敗もたくさんして結果お客さまの喜ぶ店を作りたい。

そういう言葉を話すこと、考えることから始めたいと思いました。

さて前置き終了。



f0060530_16324719.jpg

画像のカメラは私の大事な一眼レフカメラ

「ニコンF」です。

ボディは18年前ベトナムのホーチミンで購入しました。
ブラックボディはピカピカ光らないので戦場カメラマンが好んで使ったそうです。
映画「キリング・フィールド」にも登場します。
ストラップはベトナム戦争当時のモノです。
帰国後「関東カメラサービス」で完全に修理しましたので動作は完璧。
この修理に65000円かかりました(笑)
周囲からは「FM2が買えるじゃん」と笑われました。

10年前くらいまでは家族を撮影したり友人の結婚式でも活躍しましたが
さすがに現在はデジカメしか使いません。

思い出のたくさん詰まったカメラではありますがどなたか欲しい方がいれば
適価でお譲りしたいと考えております。

なんで?と思いますよね?

自分の思考を単純にしたいのです。ダンシャリっていうんですかね?
「今はデジカメしか使わないけど銀塩のマニュアルも使えるんだぜ」
「このボディはさベトナムで買ってさー戦場カメラマンが使っていたのかもよ」


そういうメンドクサイ自分を排除したい。

レンズも3本付けます。
・ニコン 50mm f値1.4
・コシナ 20mm f値3.8
・ニコン 28-80mmズーム f値3.5

専門店だと値段いくらくらいなのかなー?

よろしくお願いします。

by soba-kiri | 2012-03-26 16:49 | たまにはこんな感じで  

<< 旬のあさりをた~っぷり使って「... 目指せ!NAHAマラソン2012! >>