あなたは被災地のことを必ず忘れます。

あなたは年が明けると被災地のこと、そこに生活する人のこと
またそこで生活しようとしても生活できなくなっってしまった人たちのことを
程度の差こそあれ確実に着実に忘れていきます。


あなたが悪いわけじゃないのです。

つらいことがあっても人間は忘れることができます。
もしも脳にこの機能が搭載されていなかったら
長い人生を生きていくことはとても難しいことでしょう。

でも

被災地でがんばってる人や
故郷へ帰ることができなくなってしまった人たちが
スーッといなくなるなんてことはありえません。

3.11の震災・津波で何もかもを失ってしまった酒蔵のことを知りました。
福島県浪江町で「磐城壽(いわきことぶき)」という酒を醸していた鈴木酒造店は
福島第一原発から10キロ圏内にあり、もとの場所へ帰ることもできません。
蔵の再建どころかこの酒を呑み愛していた地元の人たちも
みーんな散り散りになってしまったのです。
そして故郷を再建することすら許されない。

これほどの喪失って想像できますか?

たとえば私の住む伊奈町が津波に襲われてさら地になっちゃって
「ありゃまー!」とびっくりしていたらお隣の蓮田市にあった原発が爆発!
「あんたね。蕎麦屋どころじゃないよ。早く逃げなよ!」

私は絶対に蕎麦屋を再建しない自信があります。

でもね。

人間の強さってすごいと思う。

この鈴木酒造店の蔵元専務である鈴木大介さんは蔵の再建をあきらめなかった。
山形県にあった醸造場を買い取りそこで酒造りを開始したのです。

彼の想いは一つ。

故郷に帰ることができなくなっってしまった人たちにとってよりどころになる酒を造りたい。
子の世代か、孫の世代かわからないけど、いつか故郷に帰れる日が来る。
それまで福島の浪江の方を向いて酒を造っていきたい。


私はこの想いに全面的に賛同します。
皆さんもどうか賛同してください。

やっと本題だ(笑)

磐城壽 鈴木酒造店 支援事業
(読み方は「いわきのことぶき」です)
オリジナル作製徳利(150c)一本+蔵のロゴ入オリジナル平盃のセット販売
価格は1600円です。
1600円のうち製造原価を差し引いた金額が蔵に寄付されます。
当店「蕎麦きりさいとう」は一円もマージンはいただきません。
このチャリティーキャンペーンは全国規模で展開されています。
<<<詳しくはこちら>>>
チャリティ抜きにしても酒飲みなら欲しくなるデザインですね。
f0060530_23312948.jpg

f0060530_23315189.jpg

こんなキレのよさそうな平杯で燗酒を・・・最高です!!

たしかに蔵の再建にかかる費用全体を見渡せば
1600円が1000口集まったってタカが知れてます。
わたしもそれはよーく判ります!

でも、あなたが、この徳利と杯を手にして「さて一杯飲もうかな」とした

その瞬間!

山形でがんばってる蔵元さん、蔵人さん
全国に避難することを余儀なくされた浪江町の人たち。
子供たち、漁師さん、農家さん、ママさん、婆ちゃん。
「どーしてるかなー?」と想いを馳せることでしょう。

「つながる」ってそういうカタチもあっていいよね。

「チャリティ徳利&平杯セット」は当店で買えます。
入荷は12月に入ってからです。
埼玉県では当店でしか買えません。

どうかよろしくお願いします。

by soba-kiri | 2011-11-25 23:45 | 蕎麦屋酒をやりましょう | Comments(1)  

Commented by 竜泉無宿 at 2011-12-26 15:05 x
感動いたしました。そして、尊敬しました。
遠くて買いに行けないのが残念ですが、
近所の台東区の酒店に行こうと思います。

<< 年越し蕎麦予約受付ます。 本日臨時休業です。 >>