神亀あまくちとは?

f0060530_1295919.jpg画像は近所の菜の花畑。
「いちめんのなのはなー」ですね。
店主のベスト菜の花は中国で見た菜の花、西安から蘇州に至る列車からの風景、「一面のなのはなにもほどが過ぎるぞ!」でした。


さて、今回の記事も当店の営業とは関係がありません。かねてより気になっていたお酒の報告です。






それは

f0060530_1362045.jpg
神亀(あまくち)
「日本酒度-1度~-3度の酒」です。
この酒は二日間に渡り試してみました。
一日目、冷蔵庫から出して抜栓してすぐは味がよくわからない。
遠くのほうで神亀の味がするのですが・・。
ぬるの上くらいに燗してみました。
淡い酸が舌をくすぐります。ほんわかといい感じ。
肴に用意したイカ飯(画像)と自然に合います。

二日目、思い切って65℃の燗にしてみました。
「これだ!」当たり前ですが「あったかい」のです。
対照実験に秋鹿の8割搗きも高温燗しましたがこちらはやはり良さが消えてしまう。
いやー、じつに旨い。とてつもなくくつろぎます。

なにか癒されたいときは神亀あまくちを熱燗で・・。
いいんじゃないでしょうか?

しかし・・どこで売ってるんだろう?

by soba-kiri | 2006-04-07 01:54 | たまにはこんな感じで | Comments(0)  

<< 「おろしそば」再開です! 「So!」さまにご紹介いただき... >>