蕎麦屋に何を望みますか?

本日、埼玉は熊谷で39.8度という気温
6月の気温として観測史上最高温度を記録しました。
たぶん体感温度としては熱めの風呂に浸かっている感覚と思われます。

いやはやなんともですなー。

そんな暑い、いやむしろ「熱い!」日でもお客さまの中には
「鴨南蛮」とかを注文される方もいて
「暑いときには熱いものがいいんだよ」というお考えなのでしょうが・・・

食べるのも熱いだろうけど作るのはもっと熱いのよ!!

だから「そばがき」禁止したい今日この頃です。

そこで提案。

「ひやかけ」

かけ汁をキンキン(愛川欣也じゃないよ)に冷やして食べるかけそばです。

見たかんじはこんなかな↓
f0060530_2353594.jpg

冷たーい!かけそばに添える薬味は
「ミョウガ、大葉、自家製梅干」
・まずはミョウガをひとつまみして蕎麦にからめて食べれば・・・コレ最高!
・次に大葉をちょっと取ってすすれば・・・ああサッパリ!
・梅干をほぐして、つゆを呑めば・・・ああクエン酸!
そうそう、揚げ玉も少量添えましょうね。
・で、揚げ玉をいれれば・・・何これ?サッパリなのにコクがあるー!!
f0060530_034220.jpg

上の作業を繰り返すうちに蕎麦は無くなり
つゆは一滴も残っていないと思われます。

そしてあなたは言うでしょう。

「やっぱり暑いときは冷たいものが一番だなー!」

じっさい私を含めスタッフ全員で試食しました。

その感想

「うちのかけ汁ってなんでこんなにマイルドなの?!」

とにかく汁がなめらかで最後の一滴まで飲み干してしまう!

そして納得の満足感。

作り手が自ら「旨い旨い」って語るのは信用できないことは承知なのですが

だって旨いんだもん!

鯖節がどーの
昆布がどーの
干し椎茸がどーの
醤油がどーの

理屈はいいんです!

あなたの身体が求めてる蕎麦はコレだと思う!!

食べた後の身体の充足感が全てを物語るでしょう。

(これで880円は安過ぎでしょうか?)

あ、そうそう大事なこと書くのをを忘れていました。
汁をキンキンに冷やすため提供できる数が限られます。

1日6食限定とさせていただきます。

「あ、これ食べたい!」と思った方は
「ひやかけ○人分とっておいてください」と電話してください。

ひやかけの美味しさを熟知したスタッフが快く対応させていただきます。

(でもって熱燗に合うんだこれが・・・)

by soba-kiri | 2011-06-25 00:23 | お知らせします!  

<< 7月1日(金)臨時休業します。 さいとうさんちでどぶ会議「どぶ... >>