「世界一認定」をいただきました。

f0060530_22472565.jpg


「ぼくはお父さんときてそばつゆをつけないで
たべるそばはとてもおいしいです。
さいとうのそばが世界一おいしいです。
またきます。」


・・・。


・・・。


だめだ涙が出る。

「この仕事をやっていて良かったなー」と思うのは子供の味覚に届いたときです。

先入観も予備知識もない子供の味覚ほど怖いものはない。

だからなおさら嬉しい。


ああ蕎麦屋でよかった。


新しいホームページももうすぐできます。
この震災で受けたダメージははかりしれないけど
これまで以上120%いや150%がんばっていかないと
日本は日本の食文化は沈没してしまいます。

とにかく子供達に味覚を引き継がないといけない。

当店は悪目立ちでもなんでもいいから目立とうと思う。

そしてがんばって稼いで一円でも多く寄付したい。

いっぱい考えると途方に暮れるけど
下手な考え休むに似たり

こういうときはバカがいいんです!

バカが引っ張っていきます!

by soba-kiri | 2011-03-22 23:06 | 蕎麦屋点描 | Comments(5)  

Commented by kazu at 2011-03-22 23:39 x
漢字が少ないのに世界一だけは、ちゃんと書いている。思うに、世界一という漢字をお父さんに訊いたのではないか。訊いてまで書きたかったほど、旨かったのではないか!
Commented by まき子 at 2011-03-24 15:00 x
子供が言うことって、
たまに「はっ」とさせられますね。

美味しいものを食べて、やる気を出して、お金稼いで、また美味しいのを食べて・・・
世の中回していくのは、そんな一人ひとりですもんね、
私も「自分にできることは・・・」なんて言ってないで、
普通に生活することがまずやらなきゃいけないことかな、
と思ってマス。
Commented by soba-kiri at 2011-03-24 18:16
>kazuさま

まるでヤラセみたいなんで
記事にするの躊躇した部分もあるのですが
あんまり嬉しかったんで公表しちゃいました!

Commented by soba-kiri at 2011-03-24 18:21
>まき子さま

一円でも多く稼いで一円でも多く寄付しなきゃ!って思ってます!
お互いたくさん食べてたくさん呑みましょー!!
Commented by たく@酒遊倶楽部 at 2011-04-01 15:23 x
あの日広島の某所で食べた蕎麦・・
もう忘れました。
いつかのはじめて行った日の蕎麦、絶対に忘れられない・・。
もっと美味くなっていくんだろうな~。
次はいつだろう?

<< ホームページが完成しました! 私にできること >>