「ほっ」と。キャンペーン

スピーカーの心臓移植!

すっかりブログを書くのをサボっておりました。
ツイッターで満足していてはいかんなー。

さて、心臓移植しました。

きっかけはこのスピーカーの設計者である黒森庵さんが来店されたこと。
ご自分で設計されたスピーカーを発見されてビックリされて
そんで、とても喜んでくれました。

「さいとうさん、このスピーカーにつけると
すごく音が良くなる部品があるんですよ!
こんど持ってきますから付けてみて」

てっきり、ウエイトとかスペーサーとか吸音材の類かなーと思っていました。

そしたらなんと!

f0060530_1610195.jpg


スピーカーそのものじゃないか!
ちなみに私は特にオーディオマニアではありません。
特に文楽と出会ってからは「ライブミュージック命!」です。
こんな私がスピーカーの心臓をえぐり出して交換なんてしていいんでしょーか?

f0060530_16131962.jpg


でもやってみました。
端子の結合がうまくできなくって
「うひー!」と泣きながらがんばりました。

で、結果。

こりゃーいい音だわー!

部品の型番を読むとまったく同じで見た目もまったく同一人物なんだけど。
きっと製造ロットの違いとかで大きく変化するんだろうか?
オーディオって面白いね。

当店のシステムは安いCDチェンジャーと
ハードオフで買ったアンプはヤマハの中古品。
でもものすごくアコースティックな音が鳴る。
日本酒に例えると「すべりのいい」感じですね。
ゴンチチが気持ちいい。ボサノヴァもいい。これから色々試してみよう。

そうそう

さっき「きっかけ」って書いたけど
黒森庵さんが来店されたきっかけは、
まき子さんがしつこく勧めてくれたこと。
このスピーカーが当店に存在するきっかけだって
自分で買ったわけではなく古い友人が「これやる」とくれたから。

さらにさらに

私が蕎麦屋という手作業の世界に深入りすることになったのも
この黒森庵さんが若い頃(いや今もお若いが…)書いた本を
経堂の古本屋で偶然見つけたこともきっかけの大きな部分だ。

「自分はなんて運がいい人間だろー」とつくづく感心してしまう。

そろそろ自分が受けてきた恩恵をお返しする年齢かな。
かといって、それほどの余裕は無いんだけどね。

いい音聴きながらそんな風に想うアラホー蕎麦屋です。

by soba-kiri | 2010-09-08 16:26 | 蕎麦屋点描 | Comments(3)  

Commented by taka-sare at 2010-09-08 21:31
互いのスピーカーは納まるべき場所に納まったという感があるね。
嫁入り(婿入り?)させて良かったと改めて。
今度じっくり聴かせてね。
Commented by まき子 at 2010-09-09 22:13 x
わおおおー!
黒森庵のご主人とさいとうさんが繋がったぁ!

なんだかうれし~~いです!
それだけではない、いろんな繋がりがあるんですね。
不思議です、ほんとに。

なにはともあれ、、、スピーカーの件、いいなぁ~
うちのへっぽこスピーカーも復活させたいっす。
Commented by soba-kiri at 2010-09-30 16:30
コメントスルーしてごめんなさいねー!

呑切会の記事連続であげていくんで
質問ドシドシお願いします!

<< 本日は夜の部お休み。 「ヒュッテみさやま」で過ごす! >>