成田山川越別院 蚤の市

骨董市、蚤の市。
たくさん行きたいけど
どこも週末開催ばかりで行けない。

でも川越の「成田山川越別院 蚤の市」は
毎月28日開催の日にち縛りなので月曜の定休日に当たることもある。

というわけで行ってきました。
いやいや蒸し暑いのなんのって!
f0060530_2055740.jpg

もちろん狙いは店で使えそうな器なんだけど
キレイで使い勝手がよさそうなのは割と高め。
ヤフオクのほうが安く買えるな~。
f0060530_20573282.jpg

徳利と盃のセット。
スタンプと手書きの組み合わせがおもしろい。
おおっと!一本違う柄が入ってるじゃん。
未使用品ですね。
今度の酒の会で出そうかな?
f0060530_2101660.jpg

もうひとつの狙いは割れたり「にゅう」が入っていて格安に売られている品物。
金継ぎすればいい味に復活するからね。
というわけで買ったのがこの皿二枚。どちらも500円!
左は9寸。右の芭蕉の古伊万里風は尺2寸。
「幕末のころの品物ですよ~」って嘘に決まってるけど
ざっくりとした図柄がいいかんじなので良し。

さてさて、何を盛り付けましょうね。

by soba-kiri | 2010-06-28 21:05 | たまにはこんな感じで | Comments(2)  

Commented by 狼亭 at 2010-06-28 22:10 x
普段使いに時代は入りませんや。
割ってもよい値段で己の気に入った柄の奴を使いましょうよ!

おっと、右の芭蕉柄はイカスじゃないですか♪
Commented by soba-kiri at 2010-07-02 08:49
もちろん普段使いですよ~!

大皿は直しを入れても
使用頻度が低いから金がはげません。

芭蕉皿にバナナでもよそってみましょうか?(笑)

<< 爆雷の原料 「蕎麦手帳」太野祺郎/著 東京書籍 >>