神亀さんが読売新聞埼玉版に!

f0060530_22243585.jpg

まっとうな純米酒は熟成させないと旨くない。
しかし、酒といえども商品であるかぎり
売らなければ換金できないわけで
熟成期間中は当然ながら金にならない。

それでも、蔵人の給料だって
貯蔵庫の電気料だってかかるし
米も買わなきゃ酒自体造れない。

熟成中の酒を担保に資金調達できれば
少しは息継ぎが楽になるのかも知れないね。

本当の問題は酒の価格が低すぎるところにある気もするけどね。

ワインの四号瓶が3000円でも買う人でも
酒の一升瓶が3000円だと二の足を踏むのでは?

まっとうな食や酒に対する値段は安すぎです。

by soba-kiri | 2010-05-18 22:35 | お知らせします!  

<< NIKON D40xの使い勝手 「伊奈町バラ園」ようやく咲き始... >>