ヤイカテカル シノッチャ

ごめんなさいね。いきなり脱線します。
私が高校生のころ(4年前)地理の先生で
飯島先生というとてもダンディな先生がいました。
とてもユーモアのある先生で「逆さ言葉」を考えたり
「ニクノオオイオオノクニ(肉の多い大乃国)」(逆さに読んでみて)
期末テストに「逆さ言葉」を出題されたときは燃えました(笑)

その飯島先生が定年退官なさるときに
記念授業が催され私も出席しました。

テーマは「アイヌ問題と朝鮮民族問題」

いつもの授業内容はすぐに忘れてしまう私ですが
この授業は今でもキッチリ記憶しております。中でも
「和人(シャモ)がアイヌを騙す勘定を
『アイヌ勘定』というのはおかしい!
『シャモ勘定』というべきである!」

「この授業の題もおかしい!
アイヌが問題を起こしてるわけじゃない!
和人が悪いことしてるんだから『シャモ問題』!!」

17歳の私には鮮烈&強烈でした。

授業の終わりにはアイヌ刺繍の鉢巻をして
朝鮮民族の唄「アリラン」をハングル語で歌われた。

これが私の将来、つまり「マイノリティに関心を持っていく人生」を決めた授業でした。
…えーとライブの案内をしなくてはいけないんだっけ。

もう一回脱線。

ひょっとしたら、このライブはあなたにとって
何かが大きく変わるきっかけになるかもしれません。
何故そんなことをいうのかといえば、
「小川基」に出会った多くの人たちが人生を大きく変化させているから。

「自分のルーツに向き合う」

そんな厄介なことしてる人間はあんまりいない。
いや、ほとんどいないんじゃないかな。

そんなこと意識しなくてもだいたい普通に生きていける。

でも、「自分とは何か」ということを
ほとんど強制的に考えなくてはいけない人たちもいるんだよね。

ものすごいパワーを必要とする作業だと思う。
怖いけど、そんなパワーに触れてみたくないですか?

あなたの心の中のグルグルしたものがあらぬ方向に飛び出すかもしれませんよ!

標題のことばはアイヌ語で

~自分自身の(想いの)形を作った唄~

という意味になります。ライブ情報は…

10月4日 19:30~ 埼玉伊奈町県民活動センター(前売¥1,800/kids800)
※AKIさんのライブペインティングも予定。

このAKIさんという人がこれまたすごいんだ!

え?いついつ?

ドヒャー!明日じゃ~ん!

by soba-kiri | 2009-10-03 00:41 | お知らせします! | Comments(0)  

<< 第二回「蕎麦と純米酒を楽しむ会」 本日、臨時休業です。 >>