「やまもと」で石垣牛を喰う!

久々の「思い出しヨダレ」がでる食体験でした。

ヒツジ人間の私にとって牛肉はすでに御馳走としての価値を失っていたのだが

ここは違う…ううっ!またヨダレがぁ~!

定石とおり上カルビから攻めてみる。いいサシだ。(←生意気だ)
旨い!だが、ヒツジや短角牛ほどの衝撃ではない。
まあね、値段も高いから心のハードルが高いのですよ。
f0060530_22385340.jpg


とぉ~ころがっ!!「並カルビ」で私の肉食脳に電流が走った!
肉がとろけるようにやわらかいことに意味はあるのか?
肉喰い人が欲するのは「肉を喰った~!!」という実感ではないのか?
肉食脳が激しくお代わりを要求するのをぐっとこらえて突き進む!
f0060530_22421485.jpg


「ニコタン」
タンを煮込んだから「ニコタン」(笑)
お馬鹿ネーミングのようだが絶品だ!2皿お代わりした!
煮込み人として断言するがこの食感を出すのは相当なテクニックが必要だ。
さっくりとした噛み応えを残し、かつ味わい深い。香辛料と肉の香りの融合が深いよ~!!
f0060530_22542092.jpg


「内臓」
石垣牛が何故うまいのか?それは内臓が良いからなのです!
仔牛のころに青草を十分に食い込ませて内臓を鍛える。
ハードな肥育でもへこたれない内臓を持つ牛が優秀な肉牛たり得る。
酒母を鍛えて長いもろみ日数でもへこたれない酵母を育てるのと一緒やね。
・レバー この世から全てのスウィーツが消失してもこれさえあれば平気♪
・ミノ この世から全てのしこしこ系刺身がなくなってもこれがあれば平気♪
そのほかのホルモンも「つか禁止薬物か?」です。
脳内麻薬がズンズンドッコズンズンドッコと放出されていくぜ!
f0060530_22591336.jpg

わはははははははははははは!燃えろ!燃えろおおおおおお!!
f0060530_23104479.jpg


タン三種「タン塩」「味噌タン」「ねぎ塩タン」
このあたりは数回のお代わりのあとのデザート的「タン」だ。
私はミノをお代わりしてひそかに焼き続けたのは言うまでもない。
f0060530_23114485.jpg


f0060530_23144082.jpg


こんな素晴らしい肉体験をさせてくれる店「やまもと」おすすめです。
1ヶ月前の予約でもぎりぎりでした。入り口では次々と観光客が残念そうに引き返していた。

「やまもと」
沖縄県石垣市美崎町11-5
tel.0980-83-5641

(17時開店だけど、すぐにいろいろなくなる。
 わたしゃハラミにありつけなかったさ!リベンジ必至なり)

by soba-kiri | 2009-08-22 23:19 | たまにはこんな感じで | Comments(10)  

Commented by Ajinci at 2009-08-24 09:31 x
 仏説摩訶般若波羅蜜多心経
ぶっせつ ま か はんにゃハラミ(タレ)しんぎょう。
脂肪さしの肉は、欧米で「病気」といわれてきましたが、マドロスさんじゃなくても、神戸(肉)を体験した輩が、日本の牛肉=神戸ビーフ、スンバラシイ。とあいなる昨今。「ハラミ」は脂質の質量からいって、好ましいバランスですね。泡盛、山盛り、やまもと。ハラミの新鮮は塩でも好好。 良い旅、なによりでした。 波羅蜜多.
Commented by soba-kiri at 2009-08-25 00:58
>Ajinciさま

なぜ?なぜ私が般若心経のTシャツを着て
石垣島をウロウロしていたのを知っているのですか?

「脂」も味のうちかも知れませんね。
赤身肉を尊ぶ人たちも脂肪肝は大好きだし。

それにしてもハラミに辿りつけぬうちは成仏できないです!
Commented by Ajinci at 2009-08-26 17:44 x
それはね、私が般若党、じゃなくって。持つ意味が、識の領域。また音写とも記します。音を映し、知る。
つまり第六感、の働き。焼き肉で第一は、はらみ。
ハラミの連想から、心経に至りは、ありでせう。
浅草の朝鮮コミュニティと、呑む喰う事が一度ありました。ハラミを彼等は、最も好み、良いところを見極め、タレではなく塩でいただいておりました。学びは、路傍の石のごとくにありますね。 多謝 Ajinci
Commented by soba-kiri at 2009-08-27 01:00
>Ajinciさま

中学生のころ般若心経に出会い。
その数年後、般若湯に出会い、現在に至ります。

アルゼンチンでは内臓のグリル料理に出会いました。
“学び”はアタマでなくイブクロと痛感した二十歳のころ(笑)
Commented by たく@酒遊倶楽部 at 2009-08-27 07:43 x
あぐー豚は?
Commented by Ajinci at 2009-08-27 08:22 x
内蔵を、グリルとえぐる。
人の智。断末魔においても、旨し求める処方箋?。
火を、調味とした原始的な料理。いまだにこの料理法を超える、「脂質焙り、旨み引き出し法」はないんじゃないかな。火は調味を兼ねている。お天道様崇拝もうなづけます。 多謝 Ajinci
Commented by soba-kiri at 2009-08-27 23:53
> たく@酒遊倶楽部さま

石垣はそれほど豚豚してなかったんです。
でも、ソーキとか三枚肉とか普通に旨かったけどね。
Commented by soba-kiri at 2009-08-27 23:56
>Ajinciさま

人間に遠赤外線が与えられた。

~プロメテウスより~

違うって?
炭火+脂+醤油のこげるにおい→脳内麻薬放出!!

ノリピーもバーベキューやればよかったのにね。
Commented by Ajinci at 2009-08-28 11:13 x
賛成。 バーべピー。
失笑覚悟。
赤外線炬燵って、あったけど、骨と筋肉に火が通っていたのかなー。炭火は、完全に調味料ですね。

韓国、ソウルの米軍基地近く、三角地と呼ばれるところに、肉を焼き、喰らうに相応しい店があります。
和風なんてものはいっさい、通用しない、焼く肉、焼く臓腑の店です。24時間やっています。
マッコウリの本数重ねるのは面倒になり、ソジュ(焼酎)の瓶が、床で寝ています。食ってのは、風景でも絶景がありんすね。
Commented by soba-kiri at 2009-08-28 23:13
>Ajinciさま

24時間ホルモン!

やばい!人生の目標になりそうです(笑)

韓国では焼酎一気飲み&屋台で辛いもの食いまくりで
黄門さまが外れそうになりました。(汚い!)

彼の国も「食」の国土ですね。
つか、食をイージーに位置づけてるのって日本だけ?

<< 石垣のスーパー点描! すごいぞ!八重商郷土芸能部! >>