どうして“そばつゆ”は別添えなの?

ねぇ!おせーて!おせーて!(古いな)

本題に入る前に業務連絡「男の隠れ家ONLINE」に載りました。見てね。

f0060530_23275630.jpg

「な~んで、わざわざ小さい徳利につゆを入れてるわけ?かっこつけてるの?」
そう!そんなメンドクサイことしなくても、蕎麦猪口につゆを入れておけばラクチンですな~こりゃ。
おまけにわりと高価なんす、あの小さい徳利。別添えを止めちゃえば手間もお金も節約できて
高級外車が買えちゃうかも(嘘)。なんか、ムダなことして格好つけてないか?

しかーし!!わたしはつゆ徳利をやめないぞ!
遺言状には「つゆは徳利にいれて出せ」と書いておくぞ!
わたしゃただの蕎麦屋だけど、じつはある使命を帯びた「ミッション蕎麦屋」なのだ。
その使命とは「お客さまに喜んでもらうこと!」だから!絶対にぃ!つゆはぁ!別にぃ!!…ハァハァ。。

だって蕎麦湯を飲むときに猪口にたっぷりつゆが入ってると蕎麦湯が美味しく飲めないでしょ。
(はじめからそう言えって?)
蕎麦湯を注ぐ、最初は薄めにして出汁の味わいを楽しむ。次に残ったつゆを少しずつ足していく。
味見を繰り返して「おお!こりゃ旨い」という最高の濃度を発見したときの喜びときたら…
思わずもう一杯酒を注文してしまいそうになります!
「わしゃ~シアワセじゃのう~!」という喜びを蕎麦湯で全力で感じてもらいたい。
そのためにつゆ徳利はあるのです。だから、そばつゆはドバーっと全部いれないでね(笑)

では、猪口にどっぷりつゆが入った店ではどうすりゃいいの?

答)もうひとつ蕎麦猪口をもらいましょう。


え?お前もそうすりゃいいじゃんって?できないんです!
だって私のようなグリグリ頭の職人丸出しの人間がやったら怪しいでしょーが!
そんなときは悶え苦しむのよ~(涙)

by soba-kiri | 2009-08-04 23:33 | 蕎麦屋点描  

<< 夏休み!何処へ行く! 夏休みのお知らせ >>