蕎麦屋酒の難しさ…

どの商売でもあてはまることであろうが
外食産業には二つの立ち位置がある。

1)「今は売れなくても、いいものを作っていれさえすれば大丈夫!」

 残念ながらそんな事例を私は身近に知らない。
 いいものを作って現在もがんばっている人たちは
 その価値を伝えようとものすごい努力をしてきた。

2)「売るものより、マーケティングとブランディングが重要!」

 さらに残念なことに、こちらが主流派である。
 作り手も食べ手も、誰も幸せにならない虚無がはびこっている。
 
そんな理不尽さを噛み締めながら休日のランチを過ごす。
f0060530_0491984.jpg

「文楽 四季の酒 《夏》 初呑切酒 純米酒」

「え???…。」

f0060530_0514760.jpg

「自家製すくい豆腐」

「…。」

f0060530_053208.jpg

「牛スジの味噌煮込み」

「…。」

f0060530_0584044.jpg

「芳醇純米酒 (燗)」

「ん!!!…。」

f0060530_113746.jpg

「桜えびの天ぷらそば (せいろ)」
(漁期終わってるけど不思議だわ)

「ボリッ!ボリボリ!…。」

f0060530_144166.jpg


私も下手な上に包丁が新しくなって
「切り」がおぼつかないのですが
その上でヘタクソな包丁。珍しい(笑)

どこにも救いが有馬温泉…(涙)

by soba-kiri | 2009-06-16 01:10 | たまにはこんな感じで | Comments(8)  

Commented by Mwave at 2009-06-16 07:55 x
いつもブログを拝見しています。
> ヘタクソな包丁
蕎麦がヘタクソな包丁ってどんな状態を指すのでしょう。
やっぱり太さがバラバラとかそういう事なのでしょうか。
ご教示いただけますか?
Commented by soba-kiri at 2009-06-16 09:10
>Mwaveさま

コメントありがとうございます。

> やっぱり太さがバラバラとかそういう事なのでしょうか。

そうです。加えて…
・太いのが混在…硬い麺が混じる。
・かすったような細いのが混在…茹で過ぎてニチャニチャしちゃう。

不揃いなのが手打っぽくて良いというならそれでもいいのでしょうけどね。
Commented by まき子 at 2009-06-16 17:49 x
ものがあってこそ、なのに、
その前にブランド力、マーケティング力ってなんだーー!!

って、全く同じことを、本日の会議で営業にぶちまけたばかりなので、
コチラに来て見て、びっくりしちゃいました。

Commented by 竜泉無宿 at 2009-06-16 21:15 x
売れてほしいものより、売れるモノ・・・

悲しいですが、
背に腹はかえられず・・・

旬を問わず、美味をお求めのお客様も神様ですから(^^;
Commented by たく@酒遊倶楽部 at 2009-06-22 16:53 x
わははは・・・。
ひっついてたやつだ・・奈良県の某蕎麦屋・・。
細い蕎麦、太い蕎麦、引っ付いてた蕎麦・・勘弁して~
Commented by soba-kiri at 2009-06-29 01:38
>まき子さん

「洗脳商法」ってあるじゃないですか。
じいさま、ばあさまを狭い店に押し込んで
やたらとモノをプレゼントして洗脳して高価なものを買わせる。
いんちきな商売の人たちはそれこそ
マーケティングとブランディングに全てを賭けて頑張ってる(笑)

一方で確かなモノを造ってる人たちは
その部分の努力が足りないのは確かです。
いいものだからこそ売らないといけませんな!
Commented by soba-kiri at 2009-06-29 01:40
>竜泉無宿さま

悪いものでもイイモノでも
並べるだけじゃ~売れないのですな~。

バッタ物をを売りさばく寅さんの姿が浮かびます。
Commented by soba-kiri at 2009-06-29 01:42
>たく@酒遊倶楽部さま

「機械で切ってるんでしょ?」と聞かれることがあります。
少しムッとくるけど、それはそれである意味「勝ち」かな?

新しい包丁に少し慣れてきたので蕎麦がピカピカです♪

<< ひめゆり公式HPの監督ブログ とろろ納豆そば! >>