蕎麦屋酒の難しさ…

どの商売でもあてはまることであろうが
外食産業には二つの立ち位置がある。

1)「今は売れなくても、いいものを作っていれさえすれば大丈夫!」

 残念ながらそんな事例を私は身近に知らない。
 いいものを作って現在もがんばっている人たちは
 その価値を伝えようとものすごい努力をしてきた。

2)「売るものより、マーケティングとブランディングが重要!」

 さらに残念なことに、こちらが主流派である。
 作り手も食べ手も、誰も幸せにならない虚無がはびこっている。
 
そんな理不尽さを噛み締めながら休日のランチを過ごす。
f0060530_0491984.jpg

「文楽 四季の酒 《夏》 初呑切酒 純米酒」

「え???…。」

f0060530_0514760.jpg

「自家製すくい豆腐」

「…。」

f0060530_053208.jpg

「牛スジの味噌煮込み」

「…。」

f0060530_0584044.jpg

「芳醇純米酒 (燗)」

「ん!!!…。」

f0060530_113746.jpg

「桜えびの天ぷらそば (せいろ)」
(漁期終わってるけど不思議だわ)

「ボリッ!ボリボリ!…。」

f0060530_144166.jpg


私も下手な上に包丁が新しくなって
「切り」がおぼつかないのですが
その上でヘタクソな包丁。珍しい(笑)

どこにも救いが有馬温泉…(涙)

by soba-kiri | 2009-06-16 01:10 | たまにはこんな感じで  

<< ひめゆり公式HPの監督ブログ とろろ納豆そば! >>