ちりめん山椒が高価な理由

その理由とは?


手間がかかるから!

それもメチャクチャかかるから!!
f0060530_18274110.jpg

f0060530_1828961.jpg

奈良支店(笑)から先日実山椒が送られてきたので
「ちりめん山椒でもつくろうかのう~♪」と軽い気持ちで下ごしらえスタート。
ところが、これが大変な仕事だということに気がつくのに時間はかからなかった…。

画像の実山椒は枝から切り離した状態で180グラムです。
「枝付きはどんなかんじなの?」という方は、こちらのブログをご山椒…いや参照(笑)

蕎麦屋仕事をやりながらなんで半日以上かかったわ。
これはやはり、婆ちゃんが縁側でプチプチやる作業なのかな?

婆ちゃん作業といえば那覇の農連市場の裏の方を覗くと
おばあがモヤシの根っこをプチプチちぎってるのを見かけますな。
芭蕉布の繊維を結ぶのもおばあの仕事さあ。

まずは佃煮にしてみました。これをベースにちりめん山椒を作ります。

しっかし…辛い!!

「山椒は小粒でもピリリと辛い」とはよく言ったもんです。
この辛さを中和するにはよほど大量のちりめんが必要ですね。

いっそ売るか?(笑)

by soba-kiri | 2009-06-08 18:49 | たまにはこんな感じで | Comments(8)  

Commented by itacha at 2009-06-08 19:23
コレは今のところ、我々2人で分かち合うしかない現実・・・
ていうか、プロの飲食店さんに送る時点でダマされて・・・

~私的、送り方~

とある鮨店に 「穴子と一緒に炊いて酒肴にどうぞ♪」
とある鰻店に 「鰻は勿論、肝と炊いても良いですね♪」
とある割烹に 「牛のしぐれにピリリと一工夫なんて♪」

と、いった強制的な送り方 (犯行) に及ぶくらい メンドクセ~!
蕎麦屋さんにはさしずめ 「練りこんで刺激的な変わり蕎麦でも♪」
Commented by マック次郎 at 2009-06-08 20:59 x
うちにも、去年茹でて冷凍にしたものが100g弱あります。
もちろん、ちゃんと枝取りからしました(かなり大雑把ですが)。3時間以上かかった記憶が・・・。
実山椒だけ先に佃煮にして甘辛くしてから、ちりめんとともに調理しないと・・・辛いですよね~。
去年は、山椒昆布を煮たりしましたが、使う量は大匙1杯程度・・・なかなか減りませんね。
Commented by 狼亭 at 2009-06-08 21:40 x
滋賀の某有名料亭の「鰻山椒煮」が好物ですが、中々食することが叶いません・・・。
Commented by まき子 at 2009-06-09 00:41 x
もやしの根っこをぷちぷち取る作業・・・
田舎でもなんでもない家庭だったのに、
幼いころから、そんな地道な作業をやらされておりましたんで、
今も、もやしを買えばやってるんですが・・・そ、そんなイメージなんすか(汗)?!
そっかー、ばあちゃん作業だったんだーーー。。。。


Commented by soba-kiri at 2009-06-11 16:19
>itachaさま

作業には泣いたけど
無化調ちりめん山椒の旨いこと!
完全に報われました。
大宇陀支店さんには来年も頼みます~(笑)
Commented by soba-kiri at 2009-06-11 16:22
>マック次郎さま

市場でちりめんを1キロ買ってきました。
2500円です!
京都のいずみやさんで買うと
ちりめん山椒100gで1000円。
しかし、あの手間を考えると妥当な価格と思えますね。
Commented by soba-kiri at 2009-06-11 16:22
>狼亭さま

その料理名を読んだだけでヨダレが…。
滋賀は遠いなぁ(笑)
Commented by soba-kiri at 2009-06-11 16:24
>まき子さま

そうです!ばあちゃん作業なのです!(笑)
ま、量が違いますからね。
那覇に行くことがあれば覗いてみるといいですよ。
市場の裏、バケツでモヤシを栽培してる現場に出会います。

<< 酒に合う肴とはこういうものなのね♪ 「たまりや料理店」on大人の名古屋 >>