加速装置付き蕎麦屋?

~今日のひめゆり情報~
昨日、お客さまがチケットを一枚買ってくれました。
沖縄出身の方みたいでした。うれしい!

当日16時30分より元ひめゆり学徒隊の
与那覇百子さんのお話があるのですが
これは一部、二部どちらのチケットでも
聴いていただけることになってます。

さて本題!

店が混んでくると店主もテンションが上がってくる。

お客さまの食べるスピードを予測して蕎麦湯を出すタイミングを計る。
そして「そろそろだな」と判断して

「○番さんに蕎麦湯ねっ!」とお出しするが、たまに
「あの~、○番さんまだ食べ始まってませんけど…」ということがある。

(い、いかんまた加速装置が作動してしまった!)

と、戸惑うのだが明らかに一定時間は経過しているようだ。
どうやら加速装置が作動したわけではないらしい。
衝撃波で周囲の人が倒れてるとかもないし(笑)
・なかなか食べ始めない人
・食べるのが遅い人。(または驚異的に遅い人)
・天ぷらを熱いうちに食べない人。

これらの蕎麦屋で飲食するのに不向きなお客さまに対しても
美味しく楽しく召し上がっていただくように
何らかのアプローチが必要だな~と最近考えている。

IKEAのカフェみたいに
「どうしてIKEAは…」といったQ&Aのリーフレットを置くのもいいかも。
判る人だけ判ればいいという立ち位置は私にとってちょっと違う。
もうすぐ5周年なんだからね。がんばらないと!!

ちなみに「サイボーグ戦士009」では004が好きです。

by soba-kiri | 2009-06-04 08:50 | 蕎麦屋点描  

<< 「たまりや料理店」on大人の名古屋 「ひめゆり」上映会 >>