「いなほ保育園の十二ヶ月」岩波書店より

f0060530_2135384.jpg

塩野米松さんってスゴイなあと思っていた。
彼の対象への迫り方って単なる「取材」を超えている。

なんだろう、まるで恐山のイタコ。

うまく言えないけど…

純米酒ってアルコール添加をしない酒のことだろうか?
有機農業って農薬を使わない農業のことだろうか?
手打そばって機械を使わない蕎麦打ちのことだろうか?

もっと大事な“何か”がきっとそこにはあるのだけど
当事者って「その何か」を言葉や文章で表現できない。

(私だけかな?)

米松さんはそんな当事者も気がつかないような
サムシンエルスを水出しコーヒーのようにじっくりと抽出していく。

この本はサムシンエルスが一杯です。読んでみてください。

米松さん、奈良や広島の蔵にも行ってくれないかな?

by soba-kiri | 2009-04-24 21:46 | お知らせします! | Comments(2)  

Commented by taka-sare at 2009-04-25 01:32
塩野さんは良いよね。いい人に書いてもらったと思います。
Commented by soba-kiri at 2009-05-05 00:14
でしょ。

あの人の「気づき」は凄い!
私らもオッサンになって日常を流してはいないか?
そんな自省もこめて推薦の本ですね。

<< 今日の桜えび情報 今日の桜えび情報 >>